イースターと46回目の誕生日 

今日は朝から青空が広がって気持ちのいい天気です。予報によると、今週から気温がどんどん上がって、すっかり春の陽気になるようです。

猛威を振るう新型コロナウイルスの世界の感染者数は180万を超えて、死者も11万人を超えました。アルメニアの現在までの感染者は1039人、死者は14人となっています。ここ1週間は増加ペースが落ちていて、今日から銀行など営業可能な業種が増やされました。

しかし、専門家からは「まだピークを迎えていない」という意見もあり、保健大臣も「まだ規制を続けないと感染が再拡大しかねない」という懸念を示しているため、非常事態宣言が一ヶ月延長され、来月14日までとなりました…その間の規制などについては、議会で検討されてから決定します。

相変わらず新型コロナウイルスの話題から始まりましたが、今日は少し気分を変えて、日々の生活の出来事をメインに書きたいと思います。というか、当ブログは本来そういう内容なんですけどね。

さて、昨日はイースター、つまりキリストの復活祭でした。キリスト教ではクリスマスより重要とされている祝日です。アルメニアでも教会でミサが行われましたが、今年は一般の信者の参加は禁止されていたため、テレビやネットで見るだけでした。イースターに限らず、新型コロナの感染防止のため、先月から普段のミサも神父らだけで行われています。

イースター前日の夜は肉食はしないので、魚料理とドライフルーツのピラフを食べます。また、キリストの血を象徴する赤ワインとイースターエッグと呼ばれるゆで卵も食卓に置かれます。イースターエッグは玉ねぎの皮の煮汁で赤く色付けされていて、アルメニアには、その卵同士をぶつけ合う遊びをする習慣があります。先に割れた方が負けという遊びで、アレンとレオが今年も兄弟で楽しそうにやっていました。

93111683_651210542369351_5663333070367883264_narmenia20-4-13.jpg
イースターのイブの食卓。内陸国なので、魚はマスを使います。

93418485_228490231589480_6282358683741454336_narmenia20-4-13.jpg
イースターエッグをぶつけ合って遊ぶアレンとレオ

そして、今年のイースターである昨日4月12日は、たまたま私の46歳の誕生日でもありました。外出規制が出されている状況ですから、家族で小ぢんまりとお祝いしました。といっても、パーティーを開いて賑やかに祝うような歳でもないので、例年とほとんど変わりありませんけどね。

ちなみに、今年は妻と子供たちが一緒にケーキを作ってくれました。子供たちはクリームを混ぜたり塗ったり、クルミの粉をまぶしたりといった作業を手伝っていました。生地を作るときは、アレンもレオもエプロンをつけて可愛らしかったです。妻は夕飯に和食まで作ってくれました。とても美味しかったです。

食事後にケーキにろうそくを灯して、子供たちに吹き消してもらいました。家族手作りのケーキもとても美味しかったです。何より私のために家族が頑張って作ってくれたことが嬉しかったですね。最高の誕生日プレゼントになりました。アルメニアも不自由な生活が続いていますが、お陰さまで、今年のイースターと誕生日は幸せな一日となりました。家族に感謝です。どうもありがとう!

93158082_223073242127792_9147415475800506368_narmenia20-4-13.jpg
エプロンをつけてケーキ作りを手伝うアレンとレオ

92699367_10157335279736819_1080855436598444032_narmenia20-4-13.jpg
二人で仲良く手伝う姿は可愛らしかったです。

92587111_10157335279751819_1449681655743643648_narmenia20-4-13.jpg
焼きあがった生地にクリームを塗るアレン

93169865_10157335279776819_2007767185040080896_narmenia20-4-13.jpg
仕上げにクルミの粉をまぶすアレン。最高の誕生日ケーキができあがり!

92873428_2615297845356278_1230929307681947648_narmenia20-4-13.jpg
ケーキにろうそくを灯して、アレンと一緒に「ハッピーバースデー」を歌いました。

93025126_10157335279731819_4830574242074460160_narmenia20-4-13.jpg
私の誕生日ケーキですが、子供たちに吹き消してもらいました。

93183198_10157335279756819_2096350662181781504_narmenia20-4-13.jpg
アレンの次はレオ。子供って火を吹き消すのが好きなんですよね。

93494721_239515074121188_5648278058944167936_narmenia20-4-13.jpg
妻からジグゾーパズルをもらいました。元々ジグゾーパズルが好きなんですが、自宅に留まることが多い今は打ってつけ!ありがとう!

アルメニアの政治家たちの献身 

一ヶ月の期間で出されたアルメニアの非常事態宣言は、今月14日までとなっていますが、現状だと外出規制や休講措置などは延長される気がします。少なくとも今月末まで、もしかしたら来月中旬あたりまで継続されそう…まあ仕方ないとはいえ、ちょっと気が重くなります。

今日も新型コロナウイルスの話題ですが、アルメニアの感染者数は現在まで937人、死者は12人となっています。昨日から新たな感染者は16人しか増えておらず、ピークアウトの兆しが出てきています。しかし、世界の感染者数は160万を超えて、死者も10万人に迫る勢い。アメリカなど欧米諸国の感染拡大が続いていますからね。

ちなみに、ドイツも感染者数は12万近くと多いんですが、死者はイタリアやスペインに比べて圧倒的に少ないです。「もしかして…」と思って調べてみたら、やはり先日の記事に書いたBCGワクチンの影響なのか、ソ連型のワクチン接種が義務だった東ドイツは西ドイツより状況が明らかにマシなんですよね。このデータからも相関性があるとしか思えません。

さて、緊急事態宣言を発令した日本では、マスク2枚配布策になんと466億円かかるという試算が出ましたね…自分で作れてしまう布マスクにこれだけの税金を使うの?マジ?!この施策に関わった人が必死に目的や意義をネットで主張してたけど、いくらなんでもこれでは費用対効果を庶民に理解してもらうのは無理でしょうね。

ただ、日本政府は、他にいろいろ大規模な経済支援を打ち出しています。その目玉の一つが、新型コロナの影響で収入が大幅に減った世帯への30万円の現金給付。これ自体は悪いとは思いませんが、給付基準をもっとシンプルで大胆なものにしないと不公平さと現場の混乱を招く恐れがあります。

そうなると、必要としている世帯に支援が届かなかったり、行政側も無駄に時間と労力を費やすことになりかねないため、最も手っ取り早くて公平な全世帯に一律給付とした方がいい気がします。まあ、これだと対象を限定した現行のものより5倍以上の財源が必要になるんですけどね。

しかし、それぐらい思い切った施策が必要なほどの国難に直面している中、日本の政治家からは給与を寄付または国庫に返納するといった動きが全く出ていないのは本当に嘆かわしい…まして日本の国会議員や地方議員の待遇は、給与だけでなく様々な手当てを含めると世界的に突出して恵まれているにも関わらずです。

一方、日本に比べて経済的に豊かではないアルメニアは、新型コロナ対策のために、大統領が3月の給与を寄付したし、国会議員も全員3月のボーナスを国庫に返納しました。さらに先日は、市長をはじめとするエレバン市役所の職員らも自発的に給与の一部を寄付すると決めました。この国難を乗り越えるために、指導者らが率先して経済的にも寄与する姿勢を見せています

布マスク配布にしても30万円給付にしても、その費用対効果や公正性などに問題はありますが、政府中枢の人たちが必死に知恵を絞り出して決めた施策だとは思います。まあ、だいたい国が何をやっても批判や文句が出るのは世の常ですけど、もっと指導者たちが給与返納などで献身的な態度や姿勢を見せれば、国民の心象も少しは変わる気がします。その点では、今回アルメニアのことをけっこう見直しました。

92723573_160734525189243_1069563319037198336_narmenia20-4-10.jpg
ひらがなが終わったアレンはカタカナを勉強中!もともと読むことはできるから、カタカナも順調に進んでいます。

92935876_858833654592768_1048227987389939712_narmenia20-4-10.jpg
少し肌寒いけど、晴れた日の午後は家族と近所を散歩。この辺りは警察の監視もほとんどないから気が楽です。

92791191_3238986316177041_3737376469626650624_narmenia20-4-10.jpg
経済活動などが止まっているため、空気がきれいになったように感じます。このウイルス騒動は、自然環境に恩恵をもたらしているのは確かかも。

アルメニアの外出規制がさらに強化 

昨日4月7日は、「母性と美しさの日」というアルメニアの女性の日でした。なので、私も花とチョコレートを買って妻と義母にプレゼントしました。そういう日だったからか、昨日は近所の花屋は開いていました。まあ、花は冠婚葬祭などで急に必要になるので、普段から開いているのかもしれませんけどね。

ついに日本でも、一部の地域を対象に史上初の緊急事態宣言が発令されました。といっても、特に罰則や強制力はないため、欧米諸国で実施されているロックダウンとは大きく異なる内容です。これには国内外から批判もありますが、敢えて私権を制限しなくとも、日本なら多くの市民が求められたルールを守れそう…日本人の特性が良い方向で活きたらいいんですけどね。

新型コロナウイルスの世界の感染者は140万人、死者は8万人を超えました。しかし、イタリアやスペイン、ドイツなど感染が深刻だった欧州諸国は増加ペースが減少しており、ロックダウン措置の効果でピークアウトしつつあるように見えます。アメリカはいまだに際立って急増していますが、これは実施した検査数が200万件近くと圧倒的に多いことも影響しているようです。

アルメニアも、ここ数日は感染者の増加ペースが10〜30人程度と急減しており、ピークアウトの可能性が示唆されています。ちなみに、現在までの感染者数は881人で、死者は9人。回復者などを除いた実際の感染者数は758人となっています。また、昨日はナゴルノ=カラバフ共和国で初の感染者が出たという情報がありました(この数字は国際データのどこに計上されるでしょうか…)。

感染者は増え続けていますが、データ上では事態が収束しつつある兆しが出てきています。しかし、市民の気が緩まないよう、また残り1週間の非常事態期間内になるべく感染拡大を封じ込められるよう、アルメニア政府は外出規制をさらに強化しました。追加規制の詳細の以下の通りです。

- 自宅(居所)または職場からの移動範囲の制限
物品の購入,金融機関,保険会社等への訪問のための移動について500メートルの範囲内に限定されました(地方は1キロメートル以内)。通院、介護訪問、葬儀参列等には距離制限はありません。


- 運動やサイクリングなどの時間の変更
居所から500メートル以内の範囲で,午前6時から午前10時まで許可されます。


もちろん外出時に身分証明書と移動申告書の携帯は必須だし、バスや地下鉄などの公共交通機関の運行停止、また地方間の移動禁止なども継続されています。スーパーや薬局などを除き、ほとんどの企業や商店、施設も閉鎖されていて、日本と違って、けっこう厳しいロックダウン措置と言えます。

このまま感染拡大が収束に向かったとしても、規制が一気に解除されることはなく、状況を注視しながら段階的に緩和されていくと思われます。学校や幼稚園の再開も延期になる可能性は十分あります。まあ、新型コロナに対する社会不安が解消されない限り、以前と同じ生活には戻れませんからね。アルメニアも長期戦を覚悟しておかないと…

ところで、この非常事態期間に日本語の勉強を始めたり、妻の添い寝なしで寝るようになったアレンですが、昨晩は服やぬいぐるみで等身大の妻の人形を作って、それに抱きついて寝ていました。ここ最近けっこう成長したなと思っても、やっぱりまだまだ子供なんですね。レオもまだママと寝たいみたいだし、時々は妻と一緒に寝させてもいいかなと思います。

92443111_2929762463918130_9121494252952485888_narmenia20-4-8.jpg
妻と義母を祝福して花をプレゼントしました。

92989087_215584002872907_4509220017279074304_narmenia20-4-8.jpg
昨晩は巻き寿司を作りました。私が手伝ってあげて、息子たちが巻きました。

92634429_314240742873847_6335960433941282816_narmenia20-4-8.jpg
レオも見よう見まねで頑張って巻いていました。

92437753_209322173706806_7354522029950763008_narmenia20-4-8.jpg
できた巻き寿司を美味しそうに食べるアレンとレオ。二人とも気に入っていました。

92450072_892238064557435_7654349410507161600_narmenia20-4-8.jpg
「これ、ママ!」と言いながら、妻の服やぬいぐるみで大きな人形を作るアレン。

92443111_1073773936325155_3761925536322945024_narmenia20-4-8.jpg
「今日はママと寝る!」と言って人形に抱きつくアレン。本当はまだママと寝たいけど、自分で寝るよう頑張っているんでしょうね。

アルメニアにも希望の兆し 

雨がちの天気で少し肌寒いです。暖かくなるのは来週以降のようで、まだセントラルヒーティングは消せません。子供たちもずっと家にいますからね。

前回の記事に書いた、日本の望月新一教授が「ABC予想」を証明したというニュース。新型コロナの報道に埋もれて注目度が低い気がしますが、これはまさに数百年に一度の歴史的偉業!望月教授が独自に生み出した「宇宙際タイヒミューラー理論」は、いろんな数学の未解決問題を一気に解くだけでなく、これまでの数学の概念を大きく覆す可能性を秘めているそうで、今後の検証作業でも正しいと認められたらいいんですけどね。

ちなみになぜこんなに興奮しているかというと、私は法学部出身の文系人間のくせして相対性理論や量子力学の世界が大好きなんです!これらの物理学理論に数学は必要不可欠で、もし数学の世界に革命的進歩が起これば、宇宙の謎もいろいろ解き明かされるかもしれません。そんなことを想像するとワクワクしてしまいます。

広大な宇宙から見れば、私たちが住む世界なんてちっぽけな存在ですが、それでも新型コロナの問題は深刻でまだ先が見通せない状況です。世界の感染者数は130万、死者は7万に迫る勢い…感染者が急増している日本でも、ついに緊急事態宣言が発令される見通しで、実家のある兵庫県も対象地域になるようです。ハアァ…

しかし、アルメニアでは明るい兆しが見えてきました。というのも、この一日の感染者の増加が11人とかなり少なかったのです。ちなみに現在の感染者数は833人。先週末に専門家がアルメニアは感染ピークを迎えつつあると言っていたし、今日パシニャン首相も、「ロックダウンなどの政策の効果が顕著に現れてきた。このまま収束に向かえば、来週から段階的に規制を解除できるだろう」と述べました。もちろん気を緩めてはいけませんが、良いニュースであることは確かです。

あと、先日オーストラリアの大学が、寄生虫感染症の治療薬「イベルメクチン」が新型コロナウイルスの抑制に効果があったと発表ました。試験管内の実験で大きな抑制効果が見られたため、今後の臨床試験で実際の効果や安全性を確認するそうです。このイベルメクチンは、2015年にノーベル医学生理学賞を受賞した大村智教授が発見した放線菌から開発されたもので、もしかすると偉大な日本人の発見が世界を危機から救うかもしれませんね。

また、これは先月からネットで見かけたし、ご存知の方も多いかと思いますが、結核予防のBCGワクチンの接種が新型コロナの感染リスクや重症化を抑える効果があるのでは…という推測があります。実際にBCGワクチンの摂取を義務付けている国とそうでない国とで感染の深刻度に大きな違いが出ていて、特に日本型やソ連型のワクチンを使っている国の感染者と致死率はかなり低いようです。

例えばスペインとポルトガル、イギリスとアイルランド、イランとイラクなど、BCGの接種義務の有無やワクチンの種類が異なる隣接した国の状況を比べると、素人目にもはっきり分かるほど違いがあります。明確な医学的根拠はまだありませんが、日本で爆発的感染がなかなか起こらない理由の一つかもしれません(あくまで公式発表のデータだけ見ればですけど…)。であれば、アルメニアもBCG接種(おそらくソ連型)は義務なので、それほど深刻化しない可能性もあります。

とまあ、ここ最近は暗いニュースだけでなく、希望が持てるようなニュースも出てきました。アルメニアの非常事態期間もあと1週間ほど。個人的には延長されるだろうと思っていますが、少しずつ収束の兆しが見えているなら規制も仕方ないと受け入れられます。また次回の記事でも明るいニュースをお伝えできたらと思います。

92828111_1428296427357565_5570569670924173312_narmenia20-4-6.jpg
アレンは妻と一緒に要らない靴下でヘビのキャラクターを作りました。セサミストリートを思い出すなあ

92134446_3093072340744722_2896220121276088320_narmenia20-4-6.jpg
昨晩は兄弟仲良くお風呂に入りました。二人ともお風呂が大好きで、昨日は一時間以上入っていましたね。

92058744_222764805460804_2448336774120865792_narmenia20-4-6.jpg
入浴後、また二人で瞑想のモノマネを始めました。意味分からず付き合ってるレオが可愛いらしい。

感染者700人超えと死者7人 

いつもコロナ関連の報道ばかり溢れていますが、今日は「ABC予想」という数学の超難問を日本の望月新一教授が証明したというニュースがありました。証明完成までに20年、その難解な論文の査読に8年かかったそうです。一つの公式の証明にそれほど膨大な時間と労力を要するとは…数学の世界は奥が深い。とにかく歴史に残る偉業を日本人が成し遂げたという嬉しいニュース!

しかし、一昨日は残念な日本のニュースもありました。それはもちろん、エイプリルフールのネタかと思った「全世帯にマスク2枚を配布」。感染爆発が起こるかもという瀬戸際の状況とは思えないギャグ…いや国家対策を聞いて、「日本よ、マ、マジか…」と目が点になりました。政府の対策本部で議論の末に、「マスク2枚配布に決定!」となって、実際に国から各家庭にマスクが郵送される流れを想像してみたら…や、やっぱりギャグとしか思えん。

これに対しては、「政府は他にもいろんな対策を講じてますよ」と諭す人もいますが、いやーそんなの吹き飛ばすほど布マスク2枚配布のインパクトすごすぎ!例えば、誰か偉い人がすごくいいこと言ってたとしても、その人がなぜか全裸だったら話の内容なんて頭に入ってこないでしょ?もうそれほど意味不明で滑稽な状況です。

いろんな意味で日本も大変ですが、ついに新型コロナウイルスの感染者は世界で100万人、死者は5万人を超えました。とにかくアメリカの増加ペースが尋常ではなく、毎日2万や3万増えています。このままだと、アメリカ国内だけで100万を超える可能性も十分ありますね…

アルメニアも深刻な状況は変わらず、現在までの感染者数は736人で、死者は7人となっています。うち回復した人は43人で、死者は全て高齢だったり、糖尿病や高血圧などの基礎疾患がある人です。今後も感染者の増加が予想されるため、新たに9つの病院が新型コロナ患者の入院先に指定されました。それでも十分ではない場合に備えて、すでにエレバン最大の多目的複合施設にもベッドが設置されています。ここまで来るとほぼ戦時体制に近い…

戦時体制といえば、ちょうど4年前の今頃はアゼルバイジャンと大規模な衝突が勃発して、国内がかなり物々しい状況でした。老いも若きも男性の従軍志願が殺到し、女性は兵士たちのために献血や物資の寄付活動を行いました。アルメニア人の愛国心に胸を打たれると同時に、国全体が不可逆的に一つの方向に突き進んでいく様に少し怖くなったのを覚えています。まさに非常事態という状況でしたね。

現在のパンデミックも、国によってはウイルスとの戦争と称する状況で、アルメニアでも非常事態宣言が発令されています。しかし、実際の戦争が大きく異なるのは、亡くなる人のほとんどは前線で戦う若い兵士だということ。そして、領土を巡る紛争自体は解決されておらず、今も若者の命が犠牲になり続けているということ…戦争の方が新型ウイルスよりもっとタチの悪い病魔かもしれません

ウイルスは別に憎しみやエゴから人間を襲ってはいないし、自然の摂理なので仕方ない部分があります。とはいえ、この流行病で苦しんでいる人たち、また亡くなっていく人たちのことを思うと胸が痛みますし、リスクに晒されながら奮闘している医療従事者たちのことも考えると、このウイルスとの闘いが早く収束してほしいと願います。

91806739_208665667084349_8558379793693802496_narmenia20-4-3.jpg
4月になりましたが、スッキリ晴れない天気で少し肌寒いです。だからレオが妻の冬服を着ています。

91860260_3040115469361536_4567790924381290496_narmenia20-4-3.jpg
昨日はラーメンを作ると、息子たちが美味しそうに食べてくれました。アレンはまた菜箸で上手に食べていました。

91972450_825203684642913_595787692818563072_narmenia20-4-3.jpg
レオも頑張って箸で食べようとしましたが、麺は難しかったみたいで、結局フォークで食べました。