今年も節分の豆まきと恵方巻 

2月になりました。もう年が変わってから1か月が過ぎたんですね。まだ時期的には真冬ですが、寒さは和らいで日中は5℃ぐらいあります。積もった雪がどんどん解けています。

ミャンマーで国軍によるクーデターが起こり、スー・チー氏らが拘束されるという衝撃的なニュースがありました。昨年の選挙結果を不服とする国軍が実権を掌握し、1年間の非常事態宣言を発令したとのこと。今回のクーデターを正当化するつもりは全くありませんが、いまだにスー・チー女史を人権や民主化のシンボルとして短絡的に扱う報道には違和感を感じます。彼女は、ロヒンギャ虐殺を公に否定し続けていましたからね…

また天邪鬼なことを書いてしまいましたが、昔から私は、世の多くの人が信じる善悪のイメージや構図というものに対して懐疑的な人間で、戦争中また戦後のアルメニアの混乱を通じて、さらにこの傾向が強まりました。誰しもが偏見や固定観念でバイアスをかけたり、一方の主張に偏ったりしてしまう危険性があります。まして戦争には完全な善も悪もないにも関わらず、多くの人が自分の正義だけを盲信して排他的になる現実を見て、改めて自らを律するようになったのです。

日本では、緊急事態宣言が1か月延長されることが決まりましたね。暖かくなってくると自然に感染者は減少するでしょうから、いずれにしても3月上旬には、「規制が効果を上げた!」とうそぶいて解除されるのではないかとは思います。しかし、すでに厳しい状況にある企業や経営者にとっては、この延長決定は大打撃となるでしょう…アルメニアのコロナの感染状況は落ち着いていますが、一昨日ここの保健省がロシア製ワクチン「スプートニクV」の使用を承認しました。

さて、昨日は節分でした。実は、てっきり2月3日だと思っていましたが、ネットで「今日は節分」という情報を見かけて、何となく調べてみたら…124年ぶりに今年は節分が2月2日だと判明!地球の公転周期は365日ピッタリではないから、立春の時期がずれていくためだそうです。なるほど、うるう年と似たような理屈ですね。ちなみに、来年の節分は2月3日に戻るそうです。

とにかく、その日が節分と分かって、毎年恒例の豆まきと恵方巻の行事を急遽することにしました。数日前から子供たちは楽しみにしていましたからね。レゴ教室から帰宅してから、まず妻と恵方巻の準備をしました。できた具材をのせて、アレンもレオも嬉しそうに寿司を巻いていました。そして、今年の恵方の「南南東」の方向を見ながら食べました。寿司が大好きな子供たちは美味しそうに完食!

その後は、手作りの鬼のお面を順番に被って豆まきしました。子供たちは至近距離から全力で豆をぶつけてくるので、けっこう痛かった…まあ、おかげで厄災は追い払われたでしょう。息子たちも鬼役をしましたが、アレンは這う這うの体で逃げる鬼を上手に演じていました。それを真似しようとするレオも可愛らしかったです。こうやって子供たちが楽しんでくれるからこそ、節分の行事を毎年やっています。

また、毎年決まった時期に同じ行事をすると、前年のことを思い出して、時の流れの早さをつくづく感じます。昨年の今頃は、まだコロナも世界的な問題となっておらず、2020年があれほど大変な1年になるとは想像もしていませんでした。本当に何が起こるか分からないものですね。今年もどうなるか分かりませんが、とりあえず毎年のように節分を家族でお祝いできて良かったです。この平穏な日々がずっと続きますように!鬼は外、福は内!

146004876_831095020779124_8447454310965181347_narmenia21-2-3.jpg
恵方巻を作るアレン。数日前から節分を楽しみにしていました。

145650271_1948011698672450_3208184917875494688_narmenia21-2-3.jpg
レオも恵方巻作りに挑戦。慣れない手つきが可愛らしい。

146247206_844865756090545_777632510101047634_narmenia21-2-3.jpg
南南東の方向を見ながら恵方巻を食べる息子たち。大好きなツナマヨを入れたから、美味しそうに食べていました。

145645060_143643790906905_9075769955987487300_narmenia21-2-3.jpg
そして、まず私が鬼役になって豆まきスタート!アレンもレオも嬉しそうに豆を投げていました。

145768327_473721750293786_4875069988619006197_narmenia21-2-3.jpg
次は妻が鬼役。豆が当たるとけっこう痛い!

146074443_407402907228063_1662752405390327565_narmenia21-2-3.jpg
青鬼になったアレン。怖い鬼を熱演していました。

145640206_1121402388308365_7570002499592497683_narmenia21-2-3.jpg
豆をぶつけられて痛がる鬼の姿も渾身の演技でした。意味わからず参加していた小さな頃を思うと、大きく成長しました。

146127296_253343123051629_1988202418167324995_narmenia21-2-3.jpg
最後にレオが鬼役。まだ何となく分かっていない感じですが、そのうちアレンみたいに上手に演じるようになるのかな。

妻が川端康成の翻訳を終了! 

昨晩から雪が降り続き、外は真っ白な銀世界ですが、週半ばから少しずつ気温が上がって、それほど寒くありません。天気予報によると、2月もそれほど寒くならないみたいです。だったらいいんですけどね。

今日はアルメニアで聖サルキスの日。サルキスはキリスト教の聖人で、イースターの約2ヶ月前の土曜日が、彼を称える日となっています。別名「愛の日」とか「恋人の日」と呼ばれています。この日については過去の記事で説明しているので、そちらをご覧ください。(当該記事)

世界のコロナ感染者が累計で1億人を超えたというニュースがありました。日本では、自宅で急死する事例や重い後遺症など恐怖を煽る報道が毎日テレビで流されていますが、専門家の中には、「コロナの毒性自体は高くない」「コロナを二類感染症と扱わず、もっと多くの病院で患者を受け入れるべき」と現状に異を唱える人が多いにも関わらず、そういう意見はほとんど紹介されません。視聴率のためか、またはリスクを取りたくないからでしょうかね…

懸案事項となっているアルメニア人捕虜の問題ですが、一昨日アゼルバイジャンから5人の捕虜が帰還しました。それに対して、アルメニアはアゼルバイジャン人の囚人を1人帰還させたとのこと。どういう罪状で逮捕・収監されていたかは不明です。しかし、まだ57人の捕虜がアゼルバイジャンに拘束されたままとなっているので、一刻も早い解決が望まれます。

昨日イスタンブールでイランとトルコの外相会談が行われ、その後の共同記者会見で、南コーカサスの安定と平和のため、アルメニア・アゼルバイジャン・ジョージア・トルコ・イラン・ロシアの6か国による協力プラットフォーム創設の構想を発表しました。トルコのエルドアン大統領の側近が、アルメニアとの国交樹立と国境開放の意思があると述べたという報道もあり、この地域にダイナミックな変化が起こる可能性が出てきました。とはいえ、トルコとのプラットフォーム創設や国交樹立に対して、多くのアルメニア人が反発するのは必至でしょう。

さて、妻が、昨年2月からやっていた川端康成の「山の音」の翻訳を終了しました!村上春樹の「ノルウェイの森」を翻訳を終えた後、同じ出版社に依頼された仕事で、日本語からアルメニア語に翻訳しました。今回も、私は難しい語彙や文章の意味を説明するなどお手伝いしました。

元々は昨年の夏か秋頃には終わる予定でしたが、コロナ禍による教育機関の閉鎖で、3月半から夏休みまで子供たちが家にいたため仕事がはかどらず…そして、9月から教育機関が再開して、「やっと仕事に集中できる!」と思ったら、アゼルバイジャンとの戦争が勃発したため、精神的に辛くて仕事がまたはかどらず…という状況で時間がかかってしまったのです。

「ノルウェイの森」の翻訳の時も、子育てしながらだと集中する時間がなかなか取れなくて苦労していましたが、今回はまさかの新型ウイルスと戦争の問題があって、同じように大変になってしまいました。ただ事情が事情なだけに、出版社も快く期限を延期してくれましたけどね。とにかく無事に終わってよかったです。

川端康成といえば、「雪国」や「伊豆の踊子」が有名ですが、この「山の音」を最高傑作に挙げる人も多く、戦後の日本文学の最高峰という評価まである作品。川端らしい美しい文章で書かれていますが、日本語独特の言い回しや叙情的な表現が多く、妻は苦労していました。私も説明に苦労することが多々ありました。

しかし、妻はその作品をすごく気に入っていたし、私も川端康成は好きな作家です。改めて読んでみて、やはり素晴らしいと思いました。「ノルウェイの森」の翻訳は、有名な編集者から大絶賛されましたが、今回も良い評価をもらえたら嬉しいです。そして、多くのアルメニア人に読んでほしいと思います。ちなみに、次に妻は、三島由紀夫の「金閣寺」を翻訳する予定です。

あと、先週と今週、妻は日本の保存修復の専門家のオンラインセミナーの通訳の仕事もしました。元々は専門家の方々がアルメニアに来て行う予定でしたが、コロナ禍でオンラインになったのです。ずっと通訳として関わっている分野の仕事とはいえ、難しい専門用語がけっこうあって大変だったみたいですが、それも無事に終わりました。

ということで、大仕事を終えた妻を労うために、レゴ教室の後に家族で食事に行きました。いろんな種類のビールが飲めるお店で、「リリット、お疲れ様!」と言って乾杯しました。子育てに加えて、コロナ禍と戦争という問題も発生し、本当に大変な中でよく仕事を全うしたと思います。妻には、「あなたも手伝ってくれてありがとう!」と感謝されましたが、誰よりも頑張ったのはやはり妻。少しのんびりしてから、次の翻訳も頑張ってほしいと思います。

144306234_852034585357962_2493487569560758636_narmenia21-1-30.jpg
妻が翻訳した川端康成の「山の音」。いろいろあって、結局1年近くかかってしまいましたが、今回も高く評価されたら嬉しいです。

117826513_248543149445872_615933822167949974_narmenia20-8-15.jpg
妻が翻訳して昨年夏に出版された「ノルウェイの森」。アルメニア人読者からの評判も上々のようです。「山の音」もどんな仕上がりになるのか楽しみ。

144138359_690456791622311_1634455926338990089_narmenia21-1-30.jpg
レゴ教室で、動くロボットを作ったアレン。難しい作品も、ほとんど自分一人で作れるようになってきました。

143834333_759727654634596_186499231283166323_narmenia21-1-30.jpg
レオはご機嫌斜めだったから、レゴはせずに買い物に同行していました。スーパーのカートに乗るのが大好き。

144081831_3004011233216333_3123187305977594228_narmenia21-1-30.jpg
妻を労うために家族で夕食しました。大変だったけど、今回も最後まで頑張ったね!リリット、お疲れ様!

3千人を超えるアルメニア人戦没兵 

寒い日が続いています。晴れているから暖かそうに見えても、外に出ると突き刺さるよう寒さ。日中でもマイナス気温ですからね。道の雪がガチガチに凍っていて危ないです。しかし、明日から寒さが和らぐという予報が出ており、恐らく今が真冬のピークではないでしょうか。

ナワリヌイ氏の釈放を求めるデモがロシア全土で発生しています。プーチン大統領が所有するという豪華な宮殿の映像も公開され、デモ参加者らは、「プーチンは泥棒だ!」と抗議を行っており、多くの逮捕者が出たと報じられています。欧米寄りのメディアは、腐敗したプーチン政権への国民の怒りがついに爆発!と報道していますが、実際にどれだけの市民がナワリヌイ氏や現政権の打倒を支持しているのだろうか…と、私は勘ぐってしまいます。アルメニアの革命も、なぜか親露政権に対する抗議デモと誤って報道されていましたしね。

また、変異種の問題などで収束の見通しが立たないコロナですが、入院拒否者に50万円以下の罰金という法案まで検討されるなんて流石にやり過ぎ…季節性インフルエンザも頻繁に変異して、毎年1千万人が感染するのに、コロナだけやたら恐怖が煽られている気がします。ちなみに、アルメニアは新規感染者が減り続けており、最近は一日200人前後となっています。感染拡大防止のための国内検疫体制は今年7月まで延長されましたが、社会はほとんど普通に動いています。コロナでロンドンの病院に入院中だった大統領も退院したそうです。

さて、ロシア・アルメニア・アゼルバイジャンの副首相らが、近日中にモスクワで協議を行うという報道がありました。二週間前の首脳会談で、「3か国の副首相を共同議長とするワーキンググループは、1月30日までに最初の会合を開催し、当該地域の鉄道や道路など交通輸送について議論する」という合意がなされているからです。

具体的には、アルメニア領土を経由して飛地ナヒチェバンとアゼルバイジャン本土を結ぶ鉄道、またアゼルバイジャン領土を経由してアルメニアとロシア・イランを結ぶ鉄道の再開などについて話し合われます。この計画が実現すれば、この地域における経済効果はかなり大きいですが、両国民の不信感や敵対心は根深いし、アゼルバイジャンに拘束された捕虜の返還の問題が未解決なので、まだ先行きは不透明です。トルコも国交正常化交渉の再開を示唆していますが、同じく前途多難でしょう…

戦闘が行われた地域での遺体回収作業が進められており、新たに回収された遺体の数や戦没兵の名前などが時折ニュースで流れます。20日時点で、計3,349人の死者が確認されたそうです。うち数百人については、身元確認作業が行われているとのこと。真冬の捜索活動は困難でしょうから、最終的な死者数が把握されるまでには更に時間を要するかと思います。いずれにしても、3千人以上の命が亡くなったという事実は重い…

アルメニアの人口は3百万ほどですから、もし日本の人口に当てはめると13万人以上が亡くなったことになります。しかも、その多くが二十歳前後の若者。6週間の戦争でこれだけ多くの犠牲が出たこと、そして残された遺族の悲しみや苦労を思うと言葉がありません…とにかく悲惨すぎます。

そして、激しい戦闘によって、身体や精神に重度の障害を抱えることになった兵士も数多くいます。負傷した妻の親戚も、いまだに自分で歩くのも苦労する状態で、残酷な戦場の記憶にも苦しんでいます。彼らの治療やリハビリ、今後の生活支援は国の大きな課題です。そのための寄付や援助活動が行われていますが、アルメニア系の米国ロックバンド「System Of A Down」も、今週末にオンラインでチャリティーライブを行うと発表しました。

彼らは、戦争中に15年ぶりとなる新曲を発表し、その売り上げを全てアルメニアとカラバフの人道支援のために寄付しました。今回のライブイベントの収益も全て、負傷兵の治療やリハビリのために寄付されるそうです。詳しくは同バンドのYouTubeの公式チャンネル(英語)をご覧ください:System Of A Down YouTube Channel

ちなみに、明後日1月28日は「軍隊の日」というアルメニアの祝日となっています。国を守る軍隊の貢献を称え、戦死者を追悼する日で、政治家や軍経験者らが参加して様々な式典が行われます。停戦からまだ2か月半ほどしか経っておらず、大きな犠牲を出した上に、事実上の降伏という結果に終わったので、今年はアルメニア人にとって、とても辛く重い日になりそうです。私もその日は、改めて戦争の犠牲者に追悼を捧げたいと思います。

130196774_184290150029326_9151691842231861075_narmenia20-12-7.jpg
「三つの丘」と呼ばれる軍記念墓園。今もお墓が増え続けています。戦争の悲惨さを思い知らされる風景です。

143438397_516695889305684_5792411574171786756_narmenia21-1-26.jpg
漢字を学べるゲームアプリで遊ぶアレンとレオ。アレンには2年生の漢字を少しずつ教えています。息子たちが大きくなる頃には、戦争の不安などない社会になっていてほしいと願います。

142838248_248430720018337_4960169946280610141_narmenia21-1-26.jpg
寒いから、先週作った雪ダルマがまだきれいに残っています。

銀世界のエレバンで子供と雪遊び 

昨日から雲ひとつない青空が広がり、降り積もった白い雪とのコントラストが美しいです。しかし、日中でも零下で、最低気温はマイナス15℃前後という寒さ…もう寒いというより痛い!まあ、真冬のピークは毎年こんなものですし、来週半ばから少しずつ気温が上がるそうです。

バイデン氏が正式に大統領に就任しましたね。就任式では特に混乱は起こらなかったようです。就任直後から、パリ協定への復帰、マスク着用の義務化など前政権の様々な政策を転換する姿勢を強調しています。アメリカの内政や外交に大きな変化が出てくるでしょう。依然として影響力の大きな国ですから、今後の動向を注視したいと思います。

あと、「日本政府がコロナのために五輪中止を非公式に決定」という報道が流れて、日本側が火消しに追われていますね。ただ、その報道の真偽はともかく、今となってはどれだけの人が開催を望んでいるんでしょうか。もちろん延期や中止になると、経済的損失は大きいし、関係者や選手らも残念至極でしょうけど、明らかに日本含めて世界全体のムードは、「もう無理して開催せんでもええんちゃう?」という感じになっているような…

停戦合意から2か月以上が経ったアルメニアですが、カラバフ地域やアゼルバイジャンとの新たな国境線では、特に問題は起こっていないようです。そして、これまでに5万人近くの避難民がカラバフに戻ったそうです。しかし、アゼルバイジャンに拘束されたアルメニア人の兵士や民間人の捕虜の返還が依然として問題になっており、先日ロシアのラブロフ外相も、「11月9日に締結された合意に従い、早急に解決されるべきだ」と述べました。

さて、二日間降り続いた雪が積もって、エレバンもすっかり銀世界。もちろん子供たちは大喜びです。なので、一緒に庭で雪ダルマを作りました。というか、ほとんど私が作りましたけどね。いつもの如くアレンは、最初ノリノリで「雪ダルマを作るー!」と言ってたくせに、いざ始めてみると、「難しいからパパが作ってー!」となりました…時には諦めも肝心だけど早すぎ!

でも、雪ダルマを作りたい気持ちは強いので、雪を運んだりして、私が作るのを手伝おうとしていました。レオも一緒に手伝おうとしていたのが可愛らしかったです。雪を積んで固めて、形を整えて…を繰り返し、ついに雪ダルマが完成!そして、アレンが持って来たボタンや人参でデコレーションすると、中々いい仕上がり。子供たちも気に入ってくれたので、頑張ってよかったー!

寒い中でも、子供たちが元気に遊ぶ姿を見ていると心が温まります。戦争中も、普段と変わらない暮らしがあること、そして笑顔でいることの大切さを子供たちの存在が教えてくれました。コロナ禍と戦争後の混乱は続いていますが、こうやって何気ない日常を書き綴れるだけでも幸せに感じます。アレンとレオの健やか成長を見守ることで、新たな年も前向きに過ごしていけると思います。

141816090_813208602591731_5089229952941083898_narmenia21-1-22.jpg
一昨日の朝の風景。雪が降り積もって銀世界!

141372845_324273652202436_4853256202509214439_narmenia21-1-22.jpg
昨日から澄み切った青空が広がっています。でも、晴れてからの方が寒くて、日中でもマイナス5℃ぐらい…道が凍って危ないです。

141870628_802165027003463_1262488244222477346_narmenia21-1-22.jpg
庭に積もった雪遊びするアレンとレオ

141709064_179069553965923_8668684462312762037_narmenia21-1-22.jpg
雪ダルマが完成して嬉しそうなアレン。頑張った甲斐がありました。

141209347_175581494313730_8326041775284550527_narmenia21-1-22.jpg
雪遊びの後は、お揃いの服を来て携帯をいじる兄弟。可愛いなー

141290832_410345490245586_7388093177997094353_narmenia21-1-22.jpg
レゴ教室にも元気に通っています。

141335968_1308159262893333_5309048676643124282_narmenia21-1-22.jpg
アレンはけっこう難しい作品に挑戦するようになってきました。

家族と地下鉄でエレバン観光 

今日はどんよりとした曇り空ですが、それほど寒くありません。先週末は晴れて、日中は10℃近くありましたが、今晩から雪が降って気温が一気に下がるという予報が出ています。数日は最低気温がマイナス15℃前後になる痛いほどの寒さ…それが今冬のピークだったらいいですけどね。

アメリカの音楽プロデューサー、フィル・スペクターの訃報がありました。18年前の殺人の罪で収監されていたので、獄中死だったそうです。ビートルズ、ジョン・レノンやジョージ・ハリソンのアルバムなどを手掛けた偉大な音楽家で、私も彼が作り出す音の世界は大好きでした。

米大統領就任式が20日に迫り、ワシントンなどでは物々しい警備が敷かれているみたいです。トランプ氏は欠席する予定ですが、その支持者らが激しい抗議行動を行うのではないかと懸念されています。こういう状況に対して、「アメリカの分断が深刻化した…」と多くの人は嘆いていますが、あの国の内情は元々そんなもので、トランプの登場で可視化されただけだと思いますけどね。

私がコロナや国際政治などについて、いつも大方の世論とは異なる天邪鬼なことを書いているのは、メディアが流す情報や民衆の心理にバイアスが掛かっていると感じるからです。例えば、毒殺されかけたロシアの反政府活動家のナワリヌイ氏が帰国直後に拘束されたというニュースがありましたが、やはりロシアやプーチン政権に対するネガティヴなイメージに基づいた伝え方が多いです。別にそれらが全て虚偽とは思いませんが、一方に偏った報道を鵜呑みにすることには違和感を感じます。固定観念や見聞きする情報は徹底的に疑うべきだということを、戦争を通じて改めて痛感しました。

ところで、中国が昨年のコロナ禍でも経済成長を遂げた唯一の主要国となったという報道がありましたが、アルメニアも、昨年の農産物輸出は50%近くもの増加を記録したそうです。コロナに加えて戦争まであったのにすごい!しかし、昨年1月から9月までのGDPは前年に比べて6.6%下落したとのこと。戦争もあった10月以降のデータはさらに悪い結果になりそう…

さて、昨日は天気も良く暖かかったこともあって、子供たちを散髪に連れて行きました。アレンもレオもかなり髪が伸びていたので、少し短くしてもらいました。サッパリして二人とも男の子らしくなりました。子供用の床屋だから、おもちゃなどが置いてあって(なぜか男の子向けのものばかり)、二人は楽しく遊んでいました。

その床屋は地下鉄駅の近くだったため、地下鉄に乗って少し遠出しようということになりました。アレンもレオも電車に乗るのが大好きなんです。エレバンにはソ連時代の地下鉄が稼働しています。南北に伸びる一路線だけで、駅も10ぐらいしかないので、大して便利ではありませんが、基本的に混んでないし、渋滞知らずなのは快適です。家の近くまで延びてくれたら助かるんですけどね。

向かった先は、サスンツィ・ダヴィットと呼ばれる駅。そこはジョージアとの間を行き来する電車が発着する鉄道駅があります。元々ナヒチェヴァンとアゼルバイジャン本土とを結ぶ路線もありましたが、第一次カラバフ戦争後の30年全く稼働していません。当ブログでも書いたように、先週その一部を復旧させるという合意が締結されました。ジョージア経由の路線はアブハジア紛争以降は途絶しているため、その合意内容が実現すると、アゼルバイジャン経由でロシアとの物資や人の輸送が可能になり、経済効果はかなり大きいと予想されます。とはいえ、国内には反発も大きいのでどうなることやら…

ちなみに、その鉄道駅の前には、サスンツィ・ダヴィットの大きな銅像が置かれています。これはアルメニアの国民的叙事詩「サスーン」の主人公。サスーンは、昔の西アルメニア、今の東トルコにある地域で、19世紀末から20世紀初めに、アルメニア人民兵たちがオスマン帝国やクルド人に対する武装蜂起を起こした場所です。

「サスーン」の叙事詩は7世紀に書かれたもので、アルメニアの民衆の英雄が異国の侵略者を撃退する話です。アルメニアの学校では必ず教えられるもので、アレンもいずれ小学校で習うと思います。息子たちは鉄道駅を訪問するのは初めてだったので、サスンツィ・ダヴィット像の前で写真を撮りました。

その後、子供たちがお腹が空いたと言うので、また地下鉄に乗ってエレバン中心部に向かい、家族でピザを食べました。それから少し買い物をして帰宅しました。散髪だけのつもりが急遽エレバン観光をしたので、私も妻も疲れましたが、子供たちが喜んでくれたので良かったです。

夕食は、買ったばかりのマルチクッカーで、妻がシンガポールチキンライス(海南鶏飯)を作りました。下ごしらえして炊飯するだけと超簡単なのに、すごく美味しかった!私はシンガポールには行ったことありませんが、ほとんど同じ料理の「カオマンガイ」はタイでよく食べていました。だから、バックパッカー時代を思い出させる懐かしい味でした。これから自宅のご飯のバラエティがさらに広がりそうで楽しみです。

140162292_334615047748640_3790904998509950702_narmenia21-1-18.jpg
どうしても散髪中にレオは動いてしまうので、妻も動かないように手伝っていました。

139744859_2731383593780759_3823025108595765850_narmenia21-1-18.jpg
サッパリしたアレンとレオ。散髪後も床屋に置かれたおもちゃで遊んでいました。

139775672_462248061455832_3982724365636990086_narmenia21-1-18.jpg
地下鉄駅のベンチでネコと一緒に。サスンツィ・ダヴィット駅は地上にあります。

140018467_4211780028836712_2236814167390147986_narmenia21-1-18.jpg
街中心部にあるイェルタサルダカンという地下鉄駅の構内。一時期アレンに絵を教えてくれた画家が描いた壁画があります。

139461515_784364389152404_8308572859265506720_narmenia21-1-18.jpg 
地下鉄車両。この車両はけっこう落書きが酷かった…緑など他の色の車両もあります。市内バスと同じで乗車距離に関わらず料金は一律100ドラム(約20円)

140063038_747018025816055_9145695636882708891_narmenia21-1-18.jpg
サスンツィ・ダヴィット像の前で記念撮影。後ろにあるのは鉄道駅。現在もロシア鉄道が管理しているためか、上に旧ソ連邦のシンボルマークがあります。