泳ぐ息子の姿を見て思ったこと 

今週は忙しくしていたため、更新が少し滞ってしまいました。ずっと晴天に恵まれて、日中は半袖で十分な暖かさです。予報では、当分この陽気が続くみたいで、朝晩に少し肌寒いことを除けばとても過ごしやい気候です。

今日9月21日はアルメニアの独立記念日です。ソ連から独立して今年で28周年。それをお祝いするイベントがエレバン市内でいろいろ行われていますが、私はもう10年以上住んでいるので、わざわざ人混みの中を見に行ったりはしません。

さて、先月末に片岡さんと一緒に家族でエレバン市内のプールに行った時の出来事について。そこは子供用のプールと大人用のプールがあり、大人用は広くて中央部がかなり深くなっています。基本的に子供たちは小さくて浅い子供用のプールで遊ばせていました。

最初はレオと水遊びに夢中だったアレンが、途中から泳ぐ真似をし始めて、なんとプールの端から端まで泳げるようになりました。犬かきにもなっていない無茶苦茶な泳ぎ方ですが、顔を水につけることもできて、その姿にはけっこう驚きました。鼻や目に水が入ると、すぐ泣いてしまいそうなイメージがありましたからね。

しばらくして自分の限界にもっと挑戦したくなったのか、アレンは大人用のプールも泳いで往復したい!と言い出しました。私は、何を無茶なことを…と呆れました。というのも、その前に一緒に入った時に、私が中央部で潜って大人でも立てないぐらい深いことをアレンに見せたんです。だから、怖がりのアレンにできる訳がないと思いました。

しかし、アレンは浮き輪を付けて大人用のプールに入っていき、「パパ、見てて!」と言って、反対側に向かってバシャバシャ泳ぎ始めました。少しずつ前に進んではいますが、深いところで急に怖がったりしないか、おぼれそうになったりしないかヒヤヒヤしながら見ていました。もちろん、何かあればすぐに飛び込んで助けに行く心づもりをしています。

心配しながら見守る中、なんとアレンは自力で向こう側まで泳ぎ切りました。その瞬間、「エーッ!アレン、すごい!」と思わず叫んでしまいました。アレンはプールから出て、「パパー!見た?!」と嬉しそう。「見た、見た!すごいやん、アレン!」と褒めてあげると、「今からそっちに行く!」と言って、またプールに入って泳ぎ始めました。

そして、頑張って泳いで私が待つ場所に戻ってきました。「アレン、よくやった!本当にすごい!」と褒めまくると気を良くしたのか、「また行ってくる!」と言って再び泳ぎ始めました。自分の力だけで一往復したのも信じられないのに、またすぐ行こうとするなんて…

遠ざかる息子の後ろ姿を見つめていたその時、「ああ、こうやって子供たちは成長して、いつか自分の元から離れていくんだなあ…」という思いがよぎり、胸がぎゅっと締め付けられました。私には、まるで親子や人生というものを象徴する光景に見えたのです。何かできるようになったり、幼稚園や学校に上がったりするのは喜ばしい子供の成長であると同時に、彼らが親から自立していくプロセスでもあります。そう思うと、何だか少し寂しくなりました。

しかし、向こう側から一生懸命こっちへ泳いで戻ってくる息子の姿は、また別のことを象徴しているように映りました。それは、「いずれ子供たちは離れていくけど、いつでも戻れる場所はやはり家族なんだ」ということ…たとえ息子たちが巣立っていっても、自分と妻は常にそういう存在であり続けたいと思いました。

いろんな思いを巡らせながら見守る中、アレンは大人用のプールを自力で二往復しました。「パパー!できた!」と笑顔で言うアレンの頭をなでてあげると、嬉しそうに妻のところに駆け寄って行きました。アレンから話を聞いた妻も、「エッ?!本当に自分一人で泳いだの?すごい!」と信じられない様子。

子供はいつの間にか成長して、たくましくなっていくことを改めて実感しました。けれど、それは親にとってまた別の意味を持っていることにも気づきました。手は掛かっても、子供が親に甘えて助けを必要とする今は、かけがえのない幸せな時間なのかもしれません。その時間はいつか…いや、あっという間に終わりが来るから、全てを大切にして楽しもう。そんなことを思ったプールでの出来事でした。

IMG_0881armenia19-9-21.jpg
深い大人用のプールを一生懸命に泳いで往復するアレン。その姿に感動すると同時に、いろんな思いが込み上げてきました。

IMG_0885armenia19-9-21.jpg
レオも子供用のプールを歩いて往復していました。そのうち泳げるようになるでしょう。子育ては大変ですが、いつも驚きや気づきに溢れています。

アルメニア人の優しさに触れた出来事 

最近また気温が上がってきて、日中は30℃近くあります。朝晩は肌寒いから長袖を着ているんですが、それだとちょっと暑い…着るものに困る時期ですね。

そういえば、ボルトン大統領補佐官が更迭されました。「これまで多くの意見対立があった」とトランプ大統領は述べましたが、私は、やっぱりなーと特に驚きませんでした。ボルトン氏は根っからの強硬なネオコンですが、トランプ大統領は、自国中心主義を掲げて、好戦的で過激なことを主張しつつも、実は世界の多極化を推し進めているのでは…と思える節があります。ボルトン氏が外れた今、その流れにもっと拍車が掛かるかもしれませんね。

さて、昨日のことですが、日本語の授業を終えてバス停まで歩いている時に、アルメニア人のおばあさんが街路樹に手をついて苦しそうにしているのを見かけました。心配になって、「大丈夫ですか?」と尋ねると、「この交差点を渡った先に家があるから、できれば連れて行ってほしい」と言いました。おばあさんは杖を持っていたので、足腰が弱い上に急に気分が悪くなったのでしょう。

腕を持って支えてあげながら交差点をゆっくりと渡りましたが、おばあさんはまた息苦しそうに立ち止まってしまいました。すると、近くにいた女性が、「どうしたの?大丈夫?」と声をかけてくれました。とりあえず二人でおばあさんを支えながら、閉まっているお店の入り口前にある階段に座らせましたが、胸を押さえて苦しそう…

背中をさすったりして介抱していると、道行く人たちが、「どうしたの?大丈夫?」と心配して立ち止まってくれます。道の反対側にあるブティックの店員まで駆け寄って来て、「気分が悪いの?私のお店で休んだら?」と言ってくれました。他の人たちも、「病院に電話しようか?」「家族に電話しようか?」と声をかけて、わざわざお水や薬を買って持って来てくれる人までいました。

おばあさんは親切に感謝しつつも、「大丈夫。ちょっと気分が悪くなっただけで、少し休めば良くなるから。家はすぐそこだし、家族は今エレバンにいないから連絡しなくていい」と言います。それでも、みんな心配でそこから去ろうとしませんでしたが、おばあさんが立ち上がったので、私が家まで連れて行ってあげることにしました。

転ばないよう支えながらゆっくり歩いてアパートの部屋の前まで辿り着くと、おばあさんはホッとした笑顔で、「もう大丈夫。本当にありがとう。助かった」とお礼を言いました。近所の人がおばあさんに話しかけるのを見て安心した私も、「お大事に」と言ってお別れしました。

とにかく、アルメニア人の優しさに改めて感心する出来事でした。首都の中心部で、すぐに人々が心配して声をかけてくれる、そして水や薬まで買って来てくれるんですから、その優しさに心が温かくなりました。そういう社会に長く暮らしているから、私も自然におばあさんに親切にできたのかもしれません。

ちなみに、十数年前に東京で同じような状況に遭遇したことがあります。当時、私は3年ほど住んだ南米コロンビアから帰国したばかりでした。友人と新宿を歩いている時に、初老のおじさんが道に座り込んでいて、奥さんらしき女性が隣でオロオロしていました。駆け寄って、「大丈夫ですか?」と声をかけると、「ちょっと胸が苦しくなって…」と言うので、近くのベンチに友人と連れて行って座らせてあげると、おじさんと奥さんは、「誰も助けてくれなくて困っていた。本当にありがとう」と感謝していました。

これも、その直前までコロンビアに住んでいたから自然にできた親切だったように思います。私が住んでいた頃のコロンビアはまだ治安が悪くて、ゲリラやコカインなど悪いイメージばかりが先行する国でしたが(最近ゲリラが武装闘争を再開したらしいけど…)、一般の人々はとても情に厚く親切で、困っている人がいたら、すぐに誰かしらが親身になって助けようとする文化がありました。もしコロンビアで同じように道で誰かが苦しそうにしていたら、すぐに数人が駆け寄って助けてくれたでしょう。

もちろん、昨日のエレバンでの出来事や十数年前の東京での出来事だけで、アルメニア人やコロンビア人に比べて日本人は冷たいと決めつけることはできません。幸い、私は日本でも親切な人たちをたくさん知っています。ただ、帰国するたびに私も妻も、今の日本はお互い他者には関心がなく、当たり前の親切や情というものが希薄になっていないか…と感じることがあります。

これは社会が発展して便利になると避けられない変化かもしれず、今後アルメニアも変わっていく可能性がないとは言えません。実際にバスの中で老人に席を譲ろうとしない若者を見かけるようになりました。しかし、旅や海外生活などを含む様々な人生の経験、また多くの素晴らしい出会いを通じて私が分かったのは、「人を救えるのは人しかない」 ということ。

どんな時代や社会でも、自分の力だけで生きている人はいないし、たとえ見えなくても常にお互い支え合って、どこか甘えたり迷惑かけたりしながら暮らしています。そのことを分かっていれば、人は自然に優しくなれるのではないでしょうか…昨日のようなアルメニア人の優しさがいつまでも変わってほしくないと思います。

70054673_10156739824541819_1067744198523879424_narmenia19-9-15.jpg
いろいろ不便や苦労が絶えませんが、今は人の繋がりや優しさに囲まれたアルメニアの社会の中で子供たちを育てたいと思っています。

新たなメソッドで日本語教育をスタート 

ここ最近は気温が下がって、日中でも長袖じゃないと肌寒い天気が続きました。今日は暖かいですけどね。日本は台風一過で蒸し暑いそうですが、アルメニアはもう初秋の気配。その台風の影響で千葉県の広範囲で停電などが発生したそうで、被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

そういえば、一昨日の夜、アルメニア北部でマグニチュード4.8の地震がありました。幸い特に被害はなかったのですが、その地域に住んでいる知り合いによると、けっこう揺れて怖かったとのこと。約30年前に2万5千人もの死者を出した大地震があった地域なので、私もニュースを見て心配しました。

日本では内閣改造が行われて、小泉進次郎氏の入閣が話題になっていますが、それよりも相変わらず女性が少ないのが気になるし、だいたい少子化担当大臣が71歳って…この役職こそ、若くてもうすぐ親になる小泉氏に任せた方がよくないでしょうか。

さて、先週ずっと、私と妻は新しい日本語教育のメソッドの研修を受けていました。というのも、日本で働きたいというアルメニア人のプログラマーに日本語を教え始めたからです。数ヶ月で会話にそれほど困らないレベルにするのが目的なので、自分で考えて発話させることをかなり重視した教え方で、流れや方法が一般的なものと異なります。

そのため、そのメソッドで日本語を教えている先生と先月はオンラインで、また先週は別の先生がアルメニアに来られて1週間の研修を行なってくださいました。私の場合、長年の経験が役に立ってはいますが、逆にそのせいで上手くできず反省したりと、やはり新しいことに挑戦するというのは難しいものですね。でも、とても興味深くて楽しかったです。

特に妻はすごく楽しそうに講習や授業に参加していて、指導された先生も、「奥さんは教師にすごく向いている」とベタ褒めでした。息子たちも小学校と幼稚園に通い始め、働く余裕が出てきた妻にはちょうど良かったです。家庭教師で教えたことがあるぐらいだった妻も、「ちゃんと日本語を教えてみたい」と言っていたからベストタイミング!

新しいメソッドは慣れるまで大変ですが、逆に学びや発見も多いので、私も新鮮な気持ちで教えることができています。これからの自分の成長、そして学生の成長が楽しみです。昨年秋からいろはセンターで週1回だけ日本語教師の仕事を再開しましたが、これから週3−4回のペースになり、けっこう本格的な復帰かもしれません。もちろん、それだけでは全く食っていけないので、他の仕事も続けますけどね。

とにかく、私にとっても新たな学びと経験が待っている新学期のスタートと言えるでしょう。妻や他の先生たちと一緒に頑張っていきたいと思います。

69899740_2454416334642876_7854227533376520192_n.jpg
日本から来られた先生と一緒に夕食会。印象派の絵画が好きということで、みんなから油絵をプレゼントしました。どうもお世話になりました!

70302527_364605374451282_4716144493559021568_n.jpg
夕食会を開いたのはジョージアの水餃子ヒンカリで有名なレストラン。そこのシュークリームがでかい!横にある携帯と比べたらその大きさが分かると思います。クリームも濃厚で美味しいけど、1個の半分、いや3分の1でお腹一杯になります。

辻井伸行さんのコンサート、そして1000本目の記事 

記録的な強さの台風が関東方面を直撃するみたいで、皆さんどうかお気を付けください。エレバンは夜になると雨が降ったりしますが、日中は晴れているとまだ半袖で十分な暖かさです。でも日射しが柔らかくなって、朝晩はジャケットを着ないと少し寒いぐらい。夏が終わりを迎えようとしているみたいです。

さて、第20回エレバン国際音楽祭が開催中で、金曜の夜は、盲目のピアニスト・辻井伸行さんのコンサートがオペラハウスで行われました。貴重な機会ですから、私も妻や友人や知人と行ってきました。

いやあ、本当に素晴らしかったです…アンコールに三回も応えてくれて約2時間に及ぶコンサートでしたが、あっという間でした。というか、「もっともっと聴いていたい!」と思いました。アルメニア人の聴衆も、素晴らしい演奏に対する感動と賞賛を盛大なスタンディングオベーションで表していました。

とにかく聴き終わった後も余韻がすごくて、体全体が感動で包まれているような感覚が続きました。一つ一つの音が優しく美しくて、キラキラ光っているというか、まるでピアノが生命を持って歌っているかのよう…目を閉じて聴いていると、心や意識がその音と調べに吸い込まれてしまいます。

今は文章で自分なりに表現できていますが、鑑賞直後は言葉では言い表せないほどの感動で、ただただ「ハア~」とため息が出るだけでした。妻も、「今まで聴いたピアノ・コンサートで一番素晴らしかった。こんな機会を持てて本当に幸せだ」と言っていました。全く持って同感です。

さらに、コンサート後に楽屋に行って、辻井伸行さんとお会いする機会まで持つことができました。そこで一緒に写真を撮る際に、「心の底から感動しました」と伝えると、辻井さんは「ありがとうございます」と言って握手してくれました。その手がビックリするほど柔らかい!この手からあの心に響く美しい音が生み出されるんですね。感動をありがとうございました!

69723710_919820281711665_8390834034304876544_n.jpg 
辻井伸行さんのコンサートのプログラム。前半は印象派のドビュッシーやラヴェル、後半はショパンでした。そしてアンコールはリストなど。時間を忘れて最後まで聴き入ってしまいました。

69930947_450756475518390_2035573877056208896_n.jpg 
コンサート後お疲れでしょうに、たくさんの人と写真撮影に応じる辻井さん。素晴らしい音色を紡ぎだす手はとても柔らかく、そして温かくて、清らかな心根が伝わりました。

ちなみに、今回は記念すべき当ブログの1000本目の記事となりました!怠け者で筆不精の私が、アルメニアに住み始めてからの10年間ずっとブログを書き続けるとは…そして、1000本も記事を書くなんて何だか信じられません。アフィリエイトも何もしてないのにこれだけ書け続けられたのは、いろいろネタに尽きないのもありますが、自分にとって大切な人生の記録であり、また自己表現の場だからだと思います。

しかし何より、アルメニアというマイナーな国を舞台にした当ブログを読んで下さっている方々の存在が大きいです。本当にありがとうございます!時には自分勝手なことや大して面白くない内容だったりするかもしれませんが、これからもなるべく頑張って書き続けたいと思いますので、引き続きお読みいただけると幸いです。どうぞよろしくお願いします!

69622374_501113720704372_6047830061808091136_n.jpg
子供ができてからは、その成長や子育てに関する記事が増えました。自由気ままに書いているからこそ1000本も続けられたのでしょう。これからも徒然なるままに書き続けていきたいと思います。

長男アレンが小学校に進学! 

9月になりました。アルメニアはここ数日で一気に涼しくなり、朝晩の気温は20℃以下。薄手のジャケットを着ないと少し寒いぐらいです。真夏日が続いていた時は、「早く涼しくなってくれ~」などと言ってたくせに、急に気温が下がると、「このまま寒くならんでくれ~」と思ってしまうんだから勝手なものですね。

香港の市民による抗議デモは拡大する一方で、最近では民主活動家らが逮捕され、中高生までが授業をボイコットする事態になっています。どうも日本での報道は少ないというか、何だか中国政府に配慮しているかのような報道が目立ちますが、あの香港で2か月も巨大なデモが続いているという事実はもっと注視すべきことで、実際に現地で何が起こっているか自分でいろいろ調べてみる必要があるかと思います。

さて、アルメニアは欧米と同じく9月入学で、長男アレンも小学校に進学しました!そう、ピカピカの1年生になったのです。それで、先週日曜の9月1日に行われた入学式に参加してきました。「エッ?日曜日なのに入学式?」と思うかもしれませんが、旧ソ連圏では9月1日は「知識の日」という祝日で、曜日は関係なく、この日に入学式が行われるのです。

真っ白な襟付きのシャツを着たアレンを連れて、妻と次男レオと一緒に入学式に行きました。ちなみに入学するのは、通っていた幼稚園を運営する私立学校。アレンにとっては馴染みのある場所だからか、あまり緊張している様子はありませんでした。ただ、初対面の同じ新入生の子供たちに囲まれて少し困惑したかもしれません。

校庭で校長先生や卒業生の挨拶が行われてから、アレンたち新入生が教室に案内されました。今年の新入生は19人だったそうで、どの子もアレンと同じく初々しくて可愛らしい!20年ほど前からある学校なので校舎は古めですが、中は全体的に明るい雰囲気です。その教室の椅子に座ったアレンの姿を見た瞬間、ちょっと込み上げるものがありました…

まだまだ手が掛かって幼いと感じる我が子が小学生になったんだなあと実感し、子供の成長の早さに改めて驚いたからだと思います。きっと両親は、私が新たな門出を迎える度に同じような感慨を持ったのではないでしょうか。子育ての醍醐味は、自分が歩んだ人生を追体験できること、そして自分を育ててくれた両親の気持ちを深く理解したり共感したりできることなのかもしれません

担任の先生による挨拶や説明などオリエンテーションが行われている間は外で待っていましたが、それが終わると、教室内で写真撮影があって、アレンが配られた風船やアルメニア語の教科書を嬉しそうに持っていました。幼稚園の時のように遊んで暮らすのではなく、本格的に勉強を始めるのだなあと思うと、また感動で胸が熱くなりました。

もちろん勉強も大切ですが、いい先生や友達に恵まれて楽しい学校生活を送ることが何より大事。これから多くの時間を費やす場所になる訳ですから、いつも笑顔で通ってほしいです。幸いアルメニアはいじめなどの問題が少ないので、日本人とのハーフで顔つきが周りと違うアレンも仲良くやっていけるでしょう。アレン、本当におめでとう!新生活で戸惑うこともあるだろうけど頑張れー!

ちなみに、次男レオも正式に幼稚園に入園しました。春頃から午前中だけ通わせていましたが、これからは午後4時まで幼稚園で過ごすことになります。1ヶ月休んでいたせいか、初日の昨日は大泣きしていたそうですが、そのうち慣れてくるでしょう。同じく新生活を迎えたレオも頑張れー!

69736365_2818307728199939_3485351332045389824_oarmenia19-9-3.jpg
小学校に入学するアレンと幼稚園に入園するレオ。二人にとって新たな門出です。

69903817_911584979209850_2958406901215264768_narmenia19-9-3.jpg
他の新入生たちと教室に座るアレン。もう小学生なんだなあと感慨深かったです。

69742189_688846038249074_6267606836879294464_narmenia19-9-3.jpg
ここでアルメニア語や英語などいろんなことを学んでいくんですね。頑張って!

69329743_895865794117822_2425084658698944512_narmenia19-9-3.jpg
新しい教科書を持って嬉しそうなアレン。ちなみに、この学校では授業でみっちり教えるから、1・2年次は基本的に宿題は出さないそうです。アレンは日本語などを家で勉強しないといけないので、その方がいいかもしれません。

69500612_318881042235016_9177868297167699968_narmenia19-9-3.jpg
先生や新入生のみんなと記念撮影。早く友達を作って楽しく過ごしてほしいと思います。

69414556_1416269291856630_6111867354176552960_narmenia19-9-3.jpg 
小学生と幼稚園児になって人生の新たな門出を迎えた息子たち。これからも健やかに成長していってほしいと思います。