アルメニア北部の大自然を満喫! 

毎日いい天気が続いていて、日中の気温が30℃を超える日もあります。ただ、今は屋外でもマスク着用が義務付けられているから、さらに暑く感じます。幸いアルメニアは乾燥しているから、日本よりマシでしょうけどね。

さて、新型コロナですが、現在までのアルメニアの感染者数は14,103人、死者数は227人となっています。感染者数で韓国を追い抜き、日本にも迫る勢い…というか、恐らく来週には日本を追い抜くでしょう。今月中にピークを迎えて減少傾向に入ったとしても、2万人前後になると予想しています。

こう書くと、また読者の恐怖心を煽ってしまいそうですが、私自身はあまり不安になったりしていません。長期的に考えると、遅かれ早かれ社会の一定割合が感染することは避けられませんから、過剰に怖がってストレスを溜めたり、屋内に閉じこもったりするのは、逆に健康には悪影響です。

ということで、先週末は遠出して、アルメニア北部の大自然を家族と満喫してきました。元学生のティグランがドライバーを務め、また彼の奥さんも参加したので、計6人の国内旅行となりました。ちなみに、車内でもマスク着用が義務付けられているため、大人はみんな付けていました。少し息苦しいけど、もし警察の取り締まりに遭ったら、一人約20ドルの罰金です。

まず向かったのは、ロリ地方にあるデンドロパークという自然公園。エレバンから車で3時間ほどのステパナバンという町近くに位置しています。ソ連時代にポーランド人が山の中に創立した公園で、様々な植物が植えられています。特に有名なのは松林で、5月末から6月初めにかけて大量に飛ぶその花粉が体にとてもいいと言われています。

平日の金曜日だったせいか、人出も多くなくて静かだったし、よく整備された公園内は歩きやすくて、気持ちよく散策できました。花粉やマイナスイオンをたっぷり吸ってリフレッシュできたように思います。ちなみに私はその公園に行ったのは初めてでしたが、とても気に入りました。

102875252_10157518209401819_3855833544551038976_narmenia20-6-10.jpg
道中の美しい景色。向こうに見える山は、アルメニア最高峰のアラガツ山(4090m)。

102776080_10157518209816819_4619219906460647424_narmenia20-6-10.jpg
緑豊かなデンドロパークはよく整備されていて、気持ちよく散策できました。

103105110_10157518209896819_6981731345537957888_narmenia20-6-10.jpg
多種多様の植物が植えられていて、空気も美味しかったです。

103145000_10157518210196819_7627828421246058496_narmenia20-6-10.jpg
公園の近くでアレンは馬にも乗りました。


101857427_10157518210386819_876170476525715456_narmenia20-6-10.jpg
公園のある地域には深い渓谷があって、移動中は雄大な景色を楽しめました。

デンドロパークを出発して、雄大な景色を眺めながら、宿泊先のアラベルディという町に向かいました。泊まったのは、その町の郊外にある、妻の知り合いの養蜂家が経営するゲストハウス。静かで眺めのいい山の中にあり、なんとベッドの下にミツバチの巣箱が置かれていて、ミツバチの羽音やその振動を感じながら寝ることができるのです

今回はそこに二泊しましたが、少し不便はあるものの、ロケーションが素晴らしいし、経営者の家族もみんな親切だし、ミツバチの生態などをいろいろ知ることもできて、とても楽しい滞在となりました。奥さんが作る食事も、自家製の濃厚なハチミツも美味しかったのですが、特に気に入ったのはハチミツで作ったワイン!妻もすごく気に入ったので、お土産に一本買って帰りました。

豊かな自然の中で過ごし、また高いヒーリング効果があると言われるミツバチの羽音を感じながら寝たおかげで、心も体も元気になった気がします。山の中を散策したり、ブランコで遊んだりして、子供たちもすごく気に入ったようなので、また今夏中に泊まりに行きたいと思っています。

102378128_10157518210636819_2820211324829564928_narmenia20-6-10.jpg
移動中に雨が少し降ったので、ゲストハウスに着くと美しい虹がかかっていました。

102838358_10157518211156819_2175408928358137856_narmenia20-6-10.jpg
ゲストハウスからの景色は最高!写真の小屋が宿泊する場所です。

103676694_258795515391854_6774133677605847272_narmenia20-6-10.jpg
ちょっと狭いですが、その小屋の窓からも雄大な景色が広がっています。

101318760_10157518211136819_1281728913843683328_narmenia20-6-10.jpg
ベッドの下を開けてみると…本当にミツバチの巣箱が!羽音の振動を感じながら寝ることができるのです。

103374856_187967039231763_1378097053876307004_narmenia20-6-10.jpg
奥さんが作る食事もとても美味しかったです。

103030229_309251247134369_6131114982104802811_narmenia20-6-10.jpg
自家製のハチミツも美味しかったですが、特に気に入ったのはハチミツから作るワイン!美味しくてハマる味でした。

102748545_10157521493281819_851255102616162230_narmenia20-6-10.jpg
ミツバチの羽音のおかげで、子供たちも熟睡できたようです。

102452607_10157521493636819_7919930703742773107_narmenia20-6-10.jpg
ベッドの下に通じる穴からミツバチが出入りしていました。

103116795_10157518210831819_2132984293675237376_narmenia20-6-10.jpg
ブランコもあって、息子たちが楽しく遊んでいました。

102945155_10157521493801819_2399444759211181812_narmenia20-6-10.jpg
みんなで防護服を着て、ミツバチの生態についてのレクチャーを受けました。

102939016_10157521494016819_2813239784449964380_narmenia20-6-10.jpg
巣箱の中を見せてもらいながら、興味深い話をいろいろ聞くことができました。健気に働くハチが可愛らしかったです。

二日目は、そのゲストハウスと同じ地域にあり、世界遺産にも登録されているサナヒン修道院とハグパット修道院を訪問しました。どちらも立地も雰囲気も建築も素晴らしくて、いつ訪れても感動します。ちなみに、修道院近くの土産物売りのおばさんたちが、私を見て大喜びしていました。というのも、新型コロナの影響で今年は全く外国人観光客が来ておらず、観光に携わる地元の人たちは大打撃を受けているからです…

ハグパット修道院のある村には、私の20年来の友人が住んでいるので、彼の家にも遊びに行きました。もちろん時期が時期ですから、「もしウイルスのことが心配なら遠慮せず断ってね」と事前に伝えると、「何も気にせずに会いに来い!」と即答。なので、半年ぶりの再会を果たしました。彼には今年のお正月にも会っています。その時のことについては、過去の記事をご覧ください(こちら)

友人と奥さんは私たちとの再会をすごく喜んでくれて、お酒を飲みながら楽しく食事をしました。その時にも新型コロナのことが話題になりましたが、友人曰く、昨年12月頃に彼が住む地域で風邪や肺炎にかかる人が不思議と多かったそうです。友人含め、ほんとんどの人は軽症だったため、大して問題にならなかったみたいですが、「あの頃からウイルスはアルメニアで流行していただろう…」とのことで、その可能性は十分あると私も思います。とにかく、友人と奥さんも元気そうで良かったです。

102966493_10157521494131819_1086975460251976744_narmenia20-6-10.jpg
静かな林の中に建つサナヒン修道院。7年前に私の母と訪問して以来でした。

103073734_10157521494231819_1270688601184269140_narmenia20-6-10.jpg
神聖な雰囲気に満ちた教会で、私も妻も大好きな場所です。

103272816_3484855511545154_6501335702192035118_oarmenia20-6-10.jpg
その教会内で3歳のレオがとったアレンの写真!偶然でしょうけど、プロ並みのすごい写真!

102429954_10157521495006819_8626599000472891172_narmenia20-6-10.jpg
ハグパット修道院にも行きました。この村には友人がいるから、何回も来たことがあります。

103706764_10157521495946819_5659681538823549512_narmenia20-6-10.jpg
ここも世界遺産に登録されていて、とても美しく雰囲気のいい教会です。

102972976_10157521495931819_879908201204869131_narmenia20-6-10.jpg
教会のあるハグパット村からの景色も素晴らしい!

102775435_10157521495951819_1505103355470826138_narmenia20-6-10.jpg
その村に住む20年来の友人と奥さんに会いました。いつも温かく迎えてくれます。また今夏に遊びに来たいですね。

エレバンに戻る最終日は、アパランという町近くにあるアルメニア文字のモニュメントに立ち寄りました。聖人メスロプ・マシュトツによるアルメニア文字発明1600周年を記念して2005年に建てられたものだそうです。日曜だったこともあり、アルメニア人がけっこう来ていましたね。アレンの頭文字のA、レオの頭文字のLのモニュメントで写真を撮りました。

そこからエレバンまでの帰り道では、ずっとアララト山の美しい姿を見ることができました。アララト山の雄姿を見ると、なぜかホッとします。天気に恵まれ、素敵な出会いと再会にも恵まれて、とても素晴らしい旅行になりました。そして、澄んだ空気と美しい大自然を満喫して、最高のリフレッシュになった気がします。妻と子供たちも楽しい時間を過ごせたみたいなので、また来月にも泊まりがけで地方に出かけたいと思います。

101688924_10157524237341819_131947288717530567_narmenia20-6-10.jpg
最終日は、ゲストハウスからさらに山の上にあるお花畑に立ち寄りました。広々として気持ち良かった。

102838359_10157524237511819_9097847560382840479_narmenia20-6-10.jpg
エレバンへの帰途も、アラガツ山の雄姿を眺めることができました。

101682022_10157524237526819_2753430474917549537_narmenia20-6-10.jpg
アパランのアルメニア文字のモニュメント。向こうにアララト山がきれいに見えています。

101662999_10157524237501819_1426094345383317146_narmenia20-6-10.jpg
息子たちは、自分の名前の頭文字と一緒に記念撮影。アレンはA!

101746939_10157524237516819_3542921144596385348_narmenia20-6-10.jpg
レオはLの文字!とても楽しく、いい息抜きになった3日間の旅行でした。

新型コロナとは別の話題について 

昨日は少し天気が崩れましたが、今日はまた朝から晴れ渡って、日向はかなり暑いです。すっかり夏の陽気です。

新型コロナですが、ここ3日程は500〜700人ほどのペースで増えていて、現在までのアルメニアの感染者数は11,221人、死者数は176人となっています。感染者が1万人を超えて、韓国さえ追い越しそうな勢いです。この状況を受けて、今日から屋外でもマスク着用が義務付けられましたが、あまり守られないでしょうね…

こう書くと読者の恐怖心を煽ってしまいそうですが、私自身は、なるべく現地の情報をお伝えしようとしているだけで、それほど不安になったりしていません。前々回の記事にも書いたように、アルメニアにおける感染拡大の第1波が自然に収束するまでに、公式データで2万人前後の感染者が出るだろうと思っていて、あと2、3週間ほどは高いペースで増加すると予想しています。

一日の検査数も以前より多いし、経済活動なども再開しているから、感染者が増えるのは仕方ありません。それより重要なのは重症化率や致死率で、アルメニアはまだかなり低いレベルにあります。いくら気をつけても罹患する可能性はあるので、免疫力が落ちないよう心も体も健康に保つことが最も大切に思います。

なので、明日から週末にかけて、アルメニア北部の田舎にあるユニークなゲストハウスに家族で滞在する予定です。妻の知り合いの養蜂家が経営するそのゲストハウスは、なんと客室の下にミツバチの巣箱が置かれていて、ミツバチの羽音を聞きながら過ごせるそうなんです。ミツバチの羽音は高いヒーリング効果があると言われているので、心と体をリフレッシュしてこようと思います。

さて、前回の記事に書くつもりだったんですが、長くなりそうだったので省いた内容を今回ご紹介します。

連日報道されているように、米国全土で激しい抗議デモが拡大していますね。発端は、ジョージ・フロイドという若い黒人男性が白人警官に殺害された事件。デモ参加者の一部は暴徒化して略奪などが発生しているため、各地で非常事態宣言が出されています。

暴力的なデモには賛成できないし、扇動している集団が背後にいる可能性も否定できません。しかし、今年2月にも白人親子がジョギング中の黒人男性を射殺する事件があったばかりで、根深い人種差別に対する怒りが爆発したのは確かです。実際に、米国で警官が武器を持たない黒人市民を射殺する件数は、同じ丸腰の白人市民を射殺する件数の2倍以上というデータがあります。

また、米国における黒人の新型コロナによる死亡率も、白人より2倍以上高いという分析結果もあります。その主な原因は、黒人の置かれた生活環境が劣悪であることが多いためで、コロナ禍による経済停止でさらに悪化しているはず…それもデモが暴動に発展した理由の一つかもしれません。歌手のマドンナが、「あらゆる人が感染する新型コロナは平等をもたらす」という発言をしましたが、逆に人種差別による弊害が改めてあぶり出されたように思います

あと日本では、女子プロレスラーでリアリティ番組に出演していた女性タレントが自殺したというニュースがありましたね。まだ22歳と聞き、本当にやるせない気持ちになりました。そして、彼女の自殺の原因がネットによる誹謗中傷だったことに激しい憤りを感じます。

テレビの中で起こることなんて、その多くがヤラセや演出だと分からないのでしょうか。いや、そんなことは百も承知で、匿名性を利用して、面白半分に心ない言葉をぶつけて彼女を追い詰めた輩も多かったに違いありません。完全に悪質ないじめですね…こういったSNS上の誹謗中傷を法的に罪に問うのは難しいようですが、時には理不尽に人の命を奪ってしまうこともあるので、早急に法整備を進めてほしいと願います。

ちなみに、日本の自殺者数は公式発表で年間2万件ほどですが、それに含まれていない自殺と思われる変死や失踪なども合計すると、実際には5万件以上という意見もあります。また今年は、コロナ禍による失業や倒産を苦にした自殺が急増する可能性が指摘されています。自殺は社会的な問題ですから、新型コロナによる病死よりも深刻に考えた方がいいかもしれません

とまあ、今回は新型コロナ以外の話題についても、いろいろ私見を書き連ねてみました。明日からは、今の暗い世界情勢のことなど忘れて、田舎でのんびり過ごしたいと思います。

101629696_179599256795536_519228294449594368_narmenia20-6-4.jpg
「国際子どもの日」にプレゼントした本の実験道具をやってみました。肺活量を調べる実験。フーッと吹くと、吐いた空気の量だけ水が減ります。

101679741_254293792343640_7129734896355901440_narmenia20-6-4.jpg
レオも挑戦!やっぱりアレンより肺活量は少なかったけど、とても喜んでいました。

101708092_1419935091531420_4967887503328542720_narmenia20-6-4.jpg
文字が大好きなレオは、今日もまた自分で妻の携帯をいじって、ひらがなを書いたりしていました。すごいなー

パシニャン首相と家族が新型コロナに感染 

毎日いい天気で、日中は30℃近くまで気温が上がっています。暑い!でも、この夏の陽気は、明るく開放的な気分にさせてくれるので嬉しいです。

今朝は、アルメニアで新型コロナに関する大きなニュースがありました。記事タイトルにあるように、パシニャン首相と家族全員が感染したそうです。幸い誰も症状などはなく、首相は自主隔離して公務を続けるとのこと。内閣府や議会の職員から感染者が出ていたので、罹患する可能性は十分あったと思います。

ちなみに、今日はパシニャン首相の誕生日だったので、各国の首脳から祝福と回復を祈るメッセージが送られたようです。現在までのアルメニアの感染者数は9492人、死者は139人となっています。ここ数日は感染者の増加ペースが鈍化していますが、1万人に達するのは時間の問題ですね。

ところで、トランプ大統領がWHOからの脱退を表明しました。これには各方面から批判が出ているようですが、私はずっと前から、国連やWHOなどの国際機関の存在意義なんて大義名分でしかないと思っているので、個人的にはこの脱退の意向を支持しています。

さて、今日6月1日は「国際子供の日」なので、家族でエレバン中心部に出かけました。妻は用事で中心部に出たことがありますが、私と子供たちは2ヶ月半ぶり。マスクの携帯が義務付けられているため、マスク姿の人をよく見かける以外は、普段とほとんど変わらない様子でした。

妻が日本語翻訳の仕事を引き受けている出版社の書店で、子供たちに本を買ってあげました。人体の構造や世界地図をテーマにした8歳以上の児童向けの本でしたが、アレンもレオも大好きな内容なので、それをプレゼントすると、二人ともすごく喜んでくれました。

その後は、レストランでのんびりと食事。ルールに従って入店時にみんな検温を受けて、空いていたから、自然にソーシャルディスタンスも取れました。アルメニア人のお客さんは、普通にハグや握手をし合っていましたけど…でも、私たちも久しぶりに外食して、ウイルスのことなんか忘れるほどリラックスでき、とてもいい気分転換になりました。

何度か当ブログでも書いているように、新型コロナの問題は長期化が避けられないため、私自身は、ある程度のリスクは割り切って、一定のルールの中で通常の生活を送るしかないという方針です。なので、免疫力を落とさないためにも、時々は家族と出かけて息抜きしようと思います。

101587900_1147890902218320_3027671258977271808_narmenia20-6-1.jpg
タクシーの車内もマスク着用が義務なので、アレンもマスクをしました。苦しくなって、すぐ取っちゃったけど…

101279355_3140394789388272_9220856307005784064_narmenia20-6-1.jpg
カフェやレストランの入店時には検温が義務付けられています。

101868551_247274956503384_178567667672678400_narmenia20-6-1.jpg
ビールの美味しいお店だったので、私はビールを飲みました。青空の下で気持ち良かったです。

101348068_280595213115635_1522907785828761600_narmenia20-6-1.jpg
子供たちはアイスクリーム。久しぶりの外食で、家族も楽しそうでした。

101396428_1190536504628465_8089682004230012928_narmenia20-6-1.jpg
レオも美味しそうに食べていました。

101575078_1130949127275258_8068760312293097472_narmenia20-6-1.jpg
買ってあげた本を興味津々に読むアレンとレオ

101651168_576401179678115_7298736808571961344_narmenia20-6-1.jpg
帰宅後も、別の本をで仲良く遊んでいました。

新型コロナの死者が100人超え 

昨日5月28日は、「第一共和国の日」というアルメニアの祝日でした。1918~1920年のたった2年だけ存在したアルメニア民主共和国の独立を祝う日です。今年はコロナ禍で、大規模なイベントなどは開催されませんでした。

前回の記事で、アルメニアでは、新型コロナに関する陰謀論が実しやかに拡散し、鵜呑みにしている人が増えていると書きましたが、米国では、「オバマゲート」という陰謀が話題になっています。日本のマスコミはほとんど取り上げないので、この「オバマゲート」という言葉自体あまり聞いたことがない人も多いかもしれません。

これは、ロシア疑惑はオバマ氏が大統領の時から仕組まれていた陰謀ではないか…というもの。トランプ氏の当選を阻止するために、そして当選後は彼を弾劾するために、オバマ大統領の指示または関与でロシア疑惑がでっち上げられたという証拠が公文書で明らかになったため、トランプ側が追求しようとしているのです。

私は元々、ロシア疑惑もウクライナ疑惑もトランプ大統領を潰したい勢力による陰謀ではないかと思っていたので、このオバマゲートはさもありなんという印象です。世界中がコロナ一色という状況ですが、今後その真相が明らかになっていくかもしれません。どうせ日本のマスコミはほとんど報道しないでしょうから、個人的に注視していきたいと思います。

さて、世界の感染者数が600万人近くとなった新型コロナですが、アルメニアも毎日400人前後のペースで増えており、現在までの感染者数は8676人、死者は120人となっています。ついに死者は100人を超えて、感染者数も1万人に達する勢いです。重症化している患者が300人近くいるそうなので、今後も死者は増えると思われます。

このまま感染拡大が自然に落ち着くまでに、公式データで2万人以上の感染者が出るのではないか…と、私は思っています。アルメニアの人口は300万弱なので、かなり深刻な数値と言えますが、ほとんどの経済活動が再開し、人の生活や移動が通常に戻っている状況ですから仕方ありません。加えて、根拠のない陰謀論や噂がまかり通っていますしね。

しかし、実際のところ、すでにアルメニアの感染者は2万人を優に超えているはずです。新型コロナの感染者の多くは軽症または無症状で済むため、本当は公表されている数の何倍もいるというのが定説になっています。また、病床数確保のために、政府が重症患者以外は自宅療養とする方針に変えたこともあって、もし症状が出ても軽ければ病院に行かない人がかなりいるはずです。

たとえ実際に数万人もの感染者がいるとしても、まだまだ集団免疫の獲得には程遠いですが、長期化が避けられない問題ですから、ある程度のリスクは割り切って、一定のルールの中で通常の生活を送る方針がベターではないかというのが私の意見です。とはいうものの、アルメニア人はルールをあまり順守しないから、医療崩壊が起こったりしないかという点については不安…

さて、アレンの勉強は私と妻が教えているのですが、算数と漢字はけっこう進みました。算数は、日本から配布された教科書の内容を全て終えました。まあ、昨年の9月から学校に通っているアレンは、もともと進んでいましたからね。次回の教科書の受け取りは8月と聞いているので、それまでの間も自分たちで少しずつ勉強を先に進めようと思っています。

漢字はすでに60以上勉強しました。小学校1年生の学習漢字は82個だから、あと少しで終わります。もちろん復習はしますが、夏休み中に2年生の漢字にも取り掛かるつもりです。アレン自身も興味があるから、きっと頑張ってくれるでしょう。

ちなみに、まだ幼稚園児のレオがアレン以上に漢字に興味を持っていて、私がアレンに教え始めると、遊ぶ手を止めて隣でずっと見ています。また、絵本の代わりに漢字の学習書を真剣に読んだりもします。そうやって自然に学んでいるので、書き順とかは無茶苦茶ですが、けっこう書いたり読んだりできるようになりました。日本語を理解できるから、頭に入るのも早いんでしょうね。将来レオにも勉強を教えるのが今から楽しみです

100954466_291933252203215_596127600825335808_narmenia20-5-29.jpg
まだ教えていない2年生の漢字を自分で書いたアレン。けっこう上手!

101223034_3452865261410846_2123396414842077184_oarmenia20-5-29.jpg
レオが書いた漢字と読み方。何も教えてないのに、本当にすごいなー

101239907_606726670254225_3673819951602335744_narmenia20-5-29.jpg
日本の妖怪に興味を持ち始めた二人。最近は寝る前に、妖怪にまつわる昔話をしてあげています。

101974239_713232336094340_7138507568921444352_narmenia20-5-29.jpg
まだまだ幼い兄弟だから、こんなアホな遊びを毎日楽しそうにやっています。

自分の頭で考えることの大切さ 

日本では、感染者の大幅な減少を受けて、明日にも東京などで継続されている緊急事態宣言が解除されるそうですね。人の生活や経済活動が通常に戻ると、感染が再拡大するリスクはありますが、規制による影響の方が甚大になっているので解除するのは妥当かと思います。

世界の感染者数が500万を超えた新型コロナですが、アルメニアも相変わらず300人以上の高いペースで増えています。昨日は374人と過去最多でした。今日も359人増えて、現在までの感染者数は6661人、死者は81人となっています

ただ、これまでの回復者は3千人を超えているので、実際の患者数は3400人ほど。先日は、91歳の女性と96歳の男性が回復して退院したというニュースもありました。女性の方は肺の7割が肺炎に冒されたにも関わらず、命を取り留めました。また、男性の方は退院後に自分で歩いて帰宅したそうです。

最近の感染拡大を受けて、アルメニア政府は、根拠のない噂や陰謀論の広まり、それによる市民の警戒心の低下を危惧する声明を出しました。ちなみに、その陰謀論というのは、「本当は新型ウイルスなど存在しない」「海外から援助をもらうために感染者や死者の数を多く見積もっている」といった話の他に、以下のようなものもあります。

それは、このパンデミックの黒幕はビル・ゲイツ氏で、ワクチン接種で人口を減らし、人々にマイクロチップを埋め込む計画を立てているという説。これは世界中で広まっているもので、日本語でも簡単に情報を見ることができます。同じような陰謀論は、ブラジルでジカウイルスが流行した時もありました。

真実か否かは別にして、私にすると、この手の陰謀論を鵜呑みにする人たちは、パニックに陥って買い占めに走ったりする人たちと大して変わらない気がします。それどころか、「自分は真実を知っている!」と思い込んで、周囲に必死で流布しようとする分もっとタチが悪いかも…

だいたい、すぐにネットで暴露されて拡散するようなものを陰謀とは呼べません。真の陰謀とは、人々の裏の裏をかき、内部関係者さえも欺きながら進められるものですからね。上記のような陰謀論を盲信するのは、「私は詐欺師です」と名乗る人のうまい儲け話を真剣に聞いているのと同じです。

この実しやかに広まる陰謀論を信じ込む人と、マスコミの報道などに煽られてパニックになる人は両方とも、情報を鵜呑みにし、自分の頭でよく考えようとしない点で共通しています。ただ、混乱している状況下だと人間は冷静さを失うし、元々テレビやネットで垂れ流される情報は、注目を集めるためにセンセーショナルになりがちなので、こうやって偉そうに書いている私だって同じような過ちを犯すことがあります。

ちなみに、新型コロナ対策で独自路線を行くスウェーデンは、「自分の頭で考える」という教育をとても大切にしていて、小学校低学年の頃から、自分が得た情報が本当かどうか、ソースが信頼できるものかどうか確認する習慣を身に付けるよう指導していると聞きました。

そういうお国柄だからこそ、どれだけ他国から批判されてもブレることなく、市民の自主性を尊重する独自の政策を貫けるのかもしれません。アルメニアも、大幅に規制を緩和し、実質的に集団免疫方針に転換したように思いますが、真偽のほどが定かでない噂や陰謀論が広まるような環境と国民性ですから、政府は騙し騙しやるしかないでしょうね。

前回の記事にも書いたように、私はここの現在の状況を受け入れています。長期化は避けられない問題であることなどを考えると、ある程度のリスクは割り切って、一定のルールの中で通常の生活を送るしかないと思っています。だから、無責任な批判や陰謀論などに振り回されることなく、政府には中長期的な視点に立って、一貫した方針を持ってもらいたいですね

さて、実はもう過去に感染して無症状で済んでしまったのか、まだ罹患していないのかは分かりませんが、お陰さまで、私と家族は元気にしています。小学校以上の教育機関は、今週から夏休みに入りました。といっても、3月中旬から全て閉鎖されていたため、特に生活に変化などはありません。9月からの新学期はどうなるのか、いまだ政府方針は決まっていませんが、またオンラインだと困りますね…

アレンの場合は私と妻で教えられるので、学校が再開されないようなら、完全に自宅授業に切り替えることも考えるでしょう。というか、私はアレンに勉強を教えるのが好きだし、やり甲斐があります。我が子だから遠慮せず厳しく指導していますが、アレンが理解してくれたり、新しいことを学んでくれるのが嬉しいのです。すでに漢字も50以上勉強しました。この調子だと、夏休み中に2年生の漢字もやれそうです。

しかし、やはり子供だから、生活の中心は遊ぶこと。弟のレオもいるため、一緒にお絵かきしたり、アニメを見たり、粘土遊びをしたりしています。毎日のようにケンカもして大変ですけど、仲良く遊んでいる姿は可愛らしいです。

先日は、マニアックな性格のアレンが粘土で面白い、というか変わったものを作りました。それは…ゲジゲジ!昆虫に興味を持ち始めたアレンが大好きなのは、カブトムシやクワガタではなく、なぜかゲジゲジやムカデ。粘土でけっこう精巧に作り上げました。誰に似たのか、本当に変わってるな…でも、なるべく自由な発想を大切にしてあげたいですね。

99060846_1151911245159415_867088467530612736_narmenia20-5-24.jpg
裸足で家の中や庭を走り回るから、レオの足の裏、汚いな…

100103859_3305462666152638_7005767082038001664_narmenia20-5-24.jpg
暑いから、もう二人とも半ズボン!外で遊びまわれる季節になりました。

100100791_270571317644699_3075404821130379264_narmenia20-5-24.jpg
アレンが粘土で作ったゲジゲジ。よくできているので感心しました。大きなゲジゲジやムカデを飼いたいらしく、さすがにそれはちょっと困るけど…