きらぼし育英会の学生招聘活動 

先週JICAの調査員として来られていた片岡さんと原先生が無事に帰国されました。滞在中はずっと天気に恵まれたようで、とても有意義な時間を過ごされたようです。妻も通訳としてお手伝いできたし、私も何度か食事したりできました。またお会いできたらいいですね!

さて、前回の記事の終わりに、アルメニアのUWCディリジャン校に留学していた日本の高校生のご家族とご友人の方々が素晴らしい活動を始められたと書きましたが、今日はそれについて詳しくご紹介したいと思います。

その活動とは、アルメニアで日本語を学ぶ学生の短期招聘や留学支援!すでに、「きらぼし育英会」という社団法人を立ち上げられ、今夏に2人の学生を日本に招いて、約10日間お世話して下さる予定です。そして、私が今回その連絡係をさせて頂きました。

ご子息が2年間お世話になったアルメニアに恩返しをしたい!という思いから、このような素晴らしい活動を無償で始めて下さるなんて、尊敬と感謝の念に堪えません…ありがとうございます!

4人の学生が応募し、事前に送った履歴書やエッセイ、そしてご滞在中に行った面接で、めでたく2人の学生が選ばれました。とはいえ、4人とも優秀で、かなり選抜には苦労されたようです。皆さんは夕食の席で、「できれば全員を呼んであげたいぐらいだった…」と仰っていました。私も、アルメニア友の会という民間団体で学生の招聘活動をしているので、その気持ちはよく分かります。でも、こればかりは仕方ありません…

今回選ばれなかった学生たちは、また次のチャンスを目指して頑張ってほしいと思います。そして、見事この貴重な機会をつかみ取った学生たちには、日本で有意義な時間を過ごして、素敵な思い出をたくさん作ってほしいと思います。合格者の一人は、「まだ夢の中にいるようです。本当に、本当に嬉しいです!」と、目に涙をためて喜んでいました。

こうやって、頑張っているアルメニアの学生の夢を叶える素晴らしい活動を始めて下さった方々に、私も心から感謝しています。微力ながらお手伝いすることができて光栄に思います。今後も活動が継続、そして発展していくことを祈っています。

ちなみに、アルメニア友の会の方も、条件を満たした学生がいたら、今秋に日本へ招聘することを検討しています。学生たちにとって、日本へ行くチャンスが少しずつ増えているのは喜ばしいことですね。これを励みにして勉強を頑張ってもらいたいと思います。

DSC04958armenia17-6-5.jpg 
今回の慈善活動を始めて下さったご家族や友人の方々と一緒に楽しい時間を過ごすことができました!子供たちも可愛がって下さいました!ありがとうございました!

DSC04960armenia17-6-5.jpg 
ご子息と同じ学校に留学していたスーダン人女性たち。私や妻以外の人が抱くと泣いてしまう次男レオですが、彼女たちに抱かれても機嫌よくしていました。こんなの初めてで、妻も驚いていました。しかし、何でだろう?

妻が片岡さんたちの公式通訳! 

すっかり初夏の陽気で暑い!天候も安定してきて、ずっと晴天です。もう夏服で問題ありませんね。ところで、今日6月1日は「国際子供の日」です。祝日ではありませんが、家族連れで出かける人が多いです。

しかし、昨日から妻はいません…というのも、泊まりで通訳の仕事に行っているのです。私も授業をキャンセルして、義母と共に子供たちの面倒を見ています。長男アレンが大人しく寝てくれるかな…と心配していましたが、今日はママはいないと理解しているからか、全然ぐずったりせずに寝てくれました。さすがお兄ちゃん!

反対に、次男アレンは珍しく昼寝の時も、夜寝る時もけっこう長い間泣いていました。やっぱりママが恋しかったんでしょうね…まだ8か月の赤ちゃんにしたら、ママが傍にいないのを理解できないのは当然。可哀想だったけど、今日の夕方にはママに会えるから頑張れ!

その妻が通訳しているのは、香川県の友人・片岡さんと原先生!前回来られたのは昨年3月ですから、約1年ぶりの再会です。その時の様子は過去の記事をご覧ください(こちら)。その後、お二人はJICAの一村一品プロジェクトに関わることになり、今回は調査のために来られました。短期間でいろいろな村や町を周るため、昨日は地方に泊まりがけ。妻も家を空けることになったのです。

小さな子供たちがいるので、泊まりの仕事は難しいんですが、お世話になっている親友の片岡さんのためですからね。もちろん妻も悩んだようですが、義母が「子供の面倒は私が見るから行ってきたら?」と言ってくれて、引き受けることにしました。今頃は、片岡さんたちのお役に立とうと頑張っていることでしょう。そして、楽しい時間を過ごしていると思います。

到着された日に片岡さんたちと食事をしましたが、「まさか自分がJICAのプロジェクトの調査員としてアルメニアに来ることになるとは…」と感慨深そうに話していました。この7年間、基本的に個人の活動としてアルメニアに関わっていた片岡さんが、このような形で戻って来てくれるなんて、私も嬉しいです。

そして、妻がその公式通訳としてお手伝いするなんて不思議な巡りあわせというか、縁というものを感じざるを得ません。いろいろ大変かと思いますが、アルメニアの発展のために頑張ってください!私も妻も、できる限りのサポートをしたいと思います。

DSC04954armenia17-5-31.jpg 
1年ぶりの再会!たくさんお土産を持って下さいました。いつもありがとうございます!お仕事の成功を祈っています!

DSC04952armenia17-5-31.jpg 
次男レオは、片岡さんたちと初体面。最近けっこう人見知りをするので泣いちゃいました。

あと、今週は新たな出会いもありました。アルメニアのUWCディリジャン校に留学していた日本の高校生のご家族に夕食に招待して頂きました。実は、お父様から、ご子息が留学される前に連絡を頂いたことがあったのです。2年間の留学を終えた息子さんの卒業式に出席されるために、ご両親とそのご友人がアルメニアを訪問されていました。

そして皆さんは、ある素晴らしい活動のためにも来られていました。私は、2年前にメールのやり取りをしたご縁で、今回その活動のお手伝いを少しさせて頂きました。それについては、また次回の記事でご紹介したいと思います。

アレンが空手を習い始めました! 

5月も終わりに近づいてきました。天候はまだ少し不安定ですが、昼間は日差しが強くて暑いです。本格的な夏が近づいているようです。今週もいろんな人に会う予定なので忙しくなりそうですが、新たな出会いと再会を楽しみにしています。

さて、長男アレンが空手を習い始めました。家からそれほど離れていない道場で、妻の中学校時代の同級生が子供たちに空手を教えているので、そこに通わせています。どうもエネルギーが有り余っているのか、家にいる時はかなり手を焼く時があり、何かスポーツをさせた方がいいんじゃないか…となったんです。

まだ3歳半ですから、まともに空手などできる訳はなく、基本的に少し上の子供たちと楽しく運動しているだけです。それでも、道着を着て体を動かしているので、少なくとも健康のためにはいいですよね。道場の先生や子供たちもみんな優しくて、交流の場としても役に立つかもしれません。

続けるかどうかは本人次第ですが、今のところは楽しそうにやっているので、空手らしい動きができるようになるまでは頑張ってほしいと思います。ちなみに、妻は初めて本格的にアレンが習い事をしているのを見て感動したのか、少し泣いていました。確かに、道着を着て空手をやっている姿は可愛らしいし、本当に大きくなったなあ…と感慨深かったです。

CIMG5613armenia17-5-29.jpg
道着を着たアレン。ちなみに、知り合いにもらったテコンドーの道着です。けっこう様になっていますよね。

CIMG5627armenia17-5-29.jpg
同じ道場に通う7歳の子供とボールを使った運動をしました。その子も先生もすごく優しいです。

CIMG5643armenia17-5-29.jpg
匍匐前進の運動をするアレン。この様子を見て、妻が少し泣いていました。

CIMG5653armenia17-5-29.jpg
柔軟運動をするアレン。ぎこちないところが可愛らしかった!

CIMG5666armenia17-5-29.jpg
先生に突きを教えてもらっているアレン。

CIMG5674armenia17-5-29.jpg
蹴りの練習をするアレン。顔がブルース・リーみたいになってる!

CIMG5686armenia17-5-29.jpg
他の子供たちと挨拶するアレン。みんな優しくて礼儀正しいです。礼儀を学ぶためだけでも通う価値があるかもしれませんね。

あと、昨日は友人ルザンさんの娘さんの洗礼式があったので、家族で参加してきました。娘さんのことは、彼此9年前から知っているので、何だか私も感慨深かったです。子供たちも連れて行ったので、仕方なくパーティーの途中で帰宅することになってしまいましたが、一緒にお祝いできて良かったです。マリアちゃん、おめでとう!

CIMG5731armenia17-5-29.jpg
無事に洗礼を終えたマリアちゃん(写真中央)。本当におめでとう!

CIMG5735armenia17-5-29.jpg
マリアちゃんの洗礼を祝って、アレンもロウソクを灯しました。

CIMG5738armenia17-5-29.jpg
その後のパーティーでは、家族で楽しく踊りました。

CIMG5740armenia17-5-29.jpg
アルメニアらしく、みんなで踊ってマリアちゃんを祝福しました。

CD「ありがとう~HEARTFUL SONG FOR JAPAN」が発売開始! 

サッカーのUEFAヨーロッパリーグで、マンチェスター・ユナイテッドが2-0でアヤックスを下して初優勝を果たしました。その2点目のゴールを決めたのは、アルメニア人のヘンリク・ムヒタリャン選手!母国のヒーローの活躍に、アルメニア人は大喜びしています。

ユナイテッド、アヤックスを下してUEL初制覇

さて、かなり忙しくて、時間が過ぎていくのが早いです。ハッと気づいたら、もう夕方。そして、あっという間に週末…まあ、仕事がいろいろあるというのは有難いことですけどね。大学は期末テストを残すのみで、間もなく夏休みに入りますが、会社の仕事の方は来月からかなり忙しくなりそうです。

その弊社JASCが初仕事としてコーディネートさせて頂いた、リトル・シンガーズ・オブ・アルメニアのCD「ありがとう~HEARTFUL SONG FOR JAPAN」が、昨日5月24日に発売開始となりました!合唱団が美しい歌声でJ-POPの名曲を歌ったアルバムです。もうお聞きになった方もいるかもしれませんね。

私は現地での録音にずっと立ち会っていましたが、仕事を忘れて聞き惚れてしまうことが何度もありました。また、厳しい練習を乗り越え、日本語の曲を歌い上げた彼女たちの頑張りに感動しました。起業してすぐに、こんな素晴らしいお仕事に関わることができて本当に光栄です。

少しでも多くの人の心に、天使の歌声が届きますように!そして、アルメニアのことを知ってもらえる大きなきっかけになりますように!何より、この素敵なアルバムが長く愛される作品になることを祈っています。

リトル・シンガーズ・オブ・アルメニア 特設サイト

20174011littlesingers.jpg
ネット配信もされていますが、CDの方もよろしくお願いします!

今年のユーロビジョン・ソングコンテスト 

夕方に雲って雨が降ったりしますが、昼間は澄み切った青空が広がる気持ちのいい天気です。まだそれほど暑くはないので、とても過ごしやすいです。

さて、明後日24日に、リトル・シンガーズ・オブ・アルメニアのCD「ありがとう~HEARTFUL SONG FOR JAPAN」が、ビクターエンタテインメントから発売されます。ネット配信は3月末からされていますが、このCD発売をずっと待ち望んでいました。弊社JASCが関わったから…ということではなく、本当に素晴らしいアルバムになっていますので、是非ともお聞きください!

リトル・シンガーズ・オブ・アルメニア 特設サイト


アルバムのトレーラー映像です。CDの方も、どうぞ宜しくお願い致します!


話は変わって、先々週ウクライナでユーロビジョン・ソングコンテストが開催され、今年もアルメニアが参加しました。日本での知名度は低いですが、1956年から続く世界的に有名な歌唱コンテストです。あのABBAも、1974年大会の優勝者で、それをきっかけにしてスター街道を歩んでいきました。

まあ、コンテスト自体は陳腐なポップソングばかりで、私は大して関心がありません。それに、今年はその時期にドイツに仕事で行っていたので、全く見ていませんでした。気づいたら終わっていた…という感じですね。

今年アルメニアからは、アルツヴィックという女性歌手が「Fly with me」という曲で参加しましたが、結局18位に終わりました…今年の優勝者は、ポルトガルのサルヴァドール・ソブラルという男性歌手で、「Amar pelos dois」というバラードを歌いました。まあ、これも個人的には特にすごいとは思わない歌でしたが、英語ではない曲が優勝したのは良かった!

せっかくいろんな国が参加しているのに、ほとんど英語の曲ばかりなんですよね。アルメニアもそうです。その方が理解できる人が多いから受けるんでしょうけど、私にするとつまんない…そんな中、ポルトガル歌手のポルトガル語の歌が1位に選ばれたのは快挙です。これを機に、来年の大会からもっと国際色が出れば嬉しいです。


今年のアルメニア代表、Artsvikの「Fly with me」。コンテストとは、毎年こんな感じの曲が多いです。


優勝したサルヴァドール・ソブラルの「Amar pelos dois」。シンプルな曲ですが、ポルトガル語の響きにピッタリの美しいバラード。