妻がフィリピンのビザを取得! 

本格的に寒くなってきました。明日ぐらいからは最低気温が0℃以下になるそうです。あっという間に冬の気候になってしまいそう…

ちなみに捻ったわけでもないのに左足首が痛い。この急な寒さのせいかと思ったら、どうも腓骨筋腱炎という症状っぽい。一昨日ぐらいから良くなってきましたが、右手の腱鞘炎が治ってすぐに今度は左足…もう若くないなあと思う今日この頃です。

ところで、安倍首相主催の「桜を見る会」が疑惑だらけで中止になりましたね。「意義ある行事だ!」とやる気満々だったくせに、あっさり中止って…招待客の選定基準や予算の私物化とかよりも、いつもの如く嘘や言い訳をしてうやむやにしようという態度に呆れます。

さて、記事タイトルにもあるように、妻がフィリピンのビザを無事取得しました!というのも、今月末に家族でフィリピンのダバオに旅行に行くんです。2週間ほど向こうに滞在する予定で、先日のブログ記事に、「今年はもう一つ大きなイベントがある」と書いたのはこのこと。

ありがたいことに、ダバオで会社を経営している友人が私と家族を招待してくれたんです。毎年12月上旬に行われる会社のクリスマスパーティーに家族で参加しほしいと、わざわざ航空券まで用意してくれました。彼とは11年前にダバオで知り合い、今も時々一緒に仕事をしている関係です。先月は彼の会社のアルメニア支社がオープンしたので、ここに来ていました。6月にも来ていたし、もうすぐフィリピンで会うから、今年は3回も一緒に過ごすことになります。お互い遠く離れた場所に住んでいるのにすごいなあ。

さらに家族も一緒にフィリピンに招待してくれるなんてすごい!心から感謝です!実は、去年も同じ時期に招待してくれたんですが、妻の伯父が末期ガンと分かり、残念ながら行くのを遠慮しました。その後、伯父の体調は日に日に悪くなり、フィリピンに滞在していたであろう時期に亡くなりました。

今年は何も問題なさそうだし、妻も無事にビザを取得することができたので、このまま予定通り向かうつもりです。私は2年ぶり、そして家族は初めてのフィリピン。とりあえず暖かい場所に行けるのは嬉しい!家族も美しい海で泳げるのを楽しみにしています。アレンは早く南国の果物が食べたくて仕方ないみたいです。しかし、学校を2週間も休むので、勉強が遅れるのがちょっと心配…でも、フィリピンで勉強以上に貴重な経験をするでしょう。

ドバイとマニラで乗り換えがあって子連れで長い移動になるのと、最近ミンダナオ島で地震が続いているのが気になりますが、それはどうしようもないですからね。とにかく家族で楽しい時間を過ごしてきたいと思います。いろいろな友人や知人と再会するのも楽しみです。大輔さん、本当にありがとう!2週間後にダバオで会って乾杯しましょう!

74495960_479399612925928_5640387645675667456_narmenia19-11-14.jpg
学校で勉強したアルメニア文字を書くアレン。楽しく通ってる学校を休みますが、フィリピン旅行を楽しみにしています。

75262269_434551350779626_7090081288673034240_narmenia19-11-14.jpg
レゴや積み木で遊ぶのが大好きなレオが、昨日もまたすごいものを作ってました。「これ何?」って聞くといつも、「知らない」という答え。ある意味、真の芸術かも…

70721500_747469432388404_6231268084955480064_narmenia19-11-14.jpg
サングラスをかけるレオ。常夏のフィリピンでちょうど使えそうですね。

74410608_448703152442145_4157718433485553664_narmenia19-11-14.jpg
招待してくれた友人と。私がダバオを離れてからもう10年経ちますが、今もこんな素晴らしい繋がりがあることに改めて感謝です。どうもありがとう!

CIMG6404armenia17-8-11.jpg
美しいフィリピンの海。きっと家族も喜んでくれるでしょう。

アルメニア友の会の招聘プログラムが無事終了! 

澄み切った秋晴れが続いていますが、朝晩は0℃近くなって冷え込みます。木の葉も色づいて、秋が深まってきました。今年は寒くなるのが早いので、間もなく冬の足音が聞こえてくるかもしれませんね。

先日は、大使公邸で在留邦人を招いての夕食会がありました。今回もアルメニアの食材で作られた和食が出されて、どれも本当に美味しかったです。アルメニアを愛してやまない山田大使との会話にも花が咲き、とても楽しい時間を過ごすことができました。ご招待に感謝です。

20191106armenia19-11-9.jpg
ご招待どうもありがとうございました!

さて、私が日本の有志の方々と運営する民間組織 「アルメニア友の会」第4回招聘プログラムが無事に終了しました!今回の参加学生のイレナさんは先月下旬から関西と関東に滞在して、先日アルメニアに帰国しました。いろいろ土産話を聞かせてもらおうと昨日会ってきました。

会ってすぐに、その幸せそうな笑顔から素晴らしい滞在だったことが分かりました。「日本はどうでしたか?」と尋ねると、「とても素晴らしかったです!こんなチャンスを作ってくれて本当にありがとうございました!」と答えてくれました。

実際に彼女の感想は、「訪問した場所はどこも素晴らしくて、順位をつけるのは難しい」 「日本の食べ物は何でも美味しかった」 「お世話してくれた人たちはみんな親切で楽しかった」「もっともっと滞在したかった」などなど、とにかくいい思い出ばかりで、一生忘れられない素敵な経験になったようです。

ちなみに、過去の招聘プログラムに参加した学生たちの多くが現在関東にいるため、今回は友の会の役員や支援者も横浜に集まって同窓会を開きました。仕事や勉強で忙しくて参加できなかった人たちもいたようですが、イレナさんを囲んでみんなで楽しい時間を過ごしたとのことです。

とにかく、イレナさんにとって有意義な訪問になったことを知って嬉しかったです。さらに彼女から、「この経験でモチベーションが強くなった。また日本に行けるように勉強を頑張りたい!」という言葉を聞けて、この活動を続けてきて本当に良かったと思います。小さな組織のささやかな活動ですが、新たに一人の学生の夢を叶え、それが次の夢へと繋がるお手伝いができたのですから…

これも偏に、いつも会の活動を支えて下さっている役員や支援者の方々のお陰です。また、今回は過去のプログラム参加者のマリアムさんとザリネさん、そしてマリアムさんのご主人の岩田君にもお世話になりました。皆さんの善意と協力に心から感謝したいと思います。本当にありがとうございました!

DSC_8877armenia19-11-9.jpg
到着してまずアルメニア友の会の役員の方々との食事会。長旅の疲れを感じさせないほど、イレナさんは初訪日に大喜びだったそうです。

76688876_459400304552912_1973742054689210368_narmenia19-11-9.jpg 
京都を観光。古いお寺や神社には感動したそうです。

72985953_3444428418915537_7526665740808617984_narmenia19-11-9.jpg 
大阪城を訪問。夢だった日本に来れて本当に嬉しそう!

76793147_442084286700943_4288427302053740544_narmenia19-11-9.jpg 
着物を着て茶道体験もしました。

75388377_2150808968559699_7612775282428084224_narmenia19-11-9.jpg 
訪問を希望していた東京のデジタルアートミュージアム。とても素晴らしかったそうです。

DSC_8926armenia19-11-9.jpg
横浜で同窓会・懇親会を開催。今回も成功裏に終わったのは協力して下さった皆さんのお陰。本当にありがとうございました!

結婚8周年を夫婦でお祝い 

11月になりましたね。今年も残すところあと2か月。いつも思うことですが、本当に1年はあっという間。今年もいろいろありました…って、まだ大きなイベントが一つ残っているので、振り返るにはちょっと早すぎかもしれません。それについては後日また書きたいと思います。

日増しに寒くなっているせいか、風邪を引いてしまい、先週後半は寝込んでいました。子供たちが秋休みでずっと家にいましたが、幸い伝染ったりせず、今週から二人ともまた学校と幼稚園に通っています。毎朝レオは泣きじゃくって大変ですが…

ラグビーW杯の決勝で、負けたイングランドの選手がメダルを拒否して問題になりましたね。まあ完敗でしたから、南ア代表チームへの当てつけではなく、自分を情けないと思う気持ちと悔しさからでしょうけど、それが勝負ってものです。ノーサイドの精神に反する潔くない姿に映りました。

さて、昨日は私と妻の結婚記念日でした。今年で結婚8周年。もう8年経つんですね。これまた時の早さを感じます。今年も妻と二人きりでディナーに行ってお祝いしました。妻が寿司を食べたがったので、今年はアジア料理のレストランに行きました。食事もお酒も美味しかったです。

何より妻と二人きりでゆっくりと食事できるのが嬉しい!子供が生まれてからは、こうやって夫婦水入らずで過ごす時間がとても貴重。こんな機会がもっとあればいいんですけど、子育てがもう少し落ち着いてからのことになるでしょう…それでも、毎年こうやって仲良く記念日をお祝いできるのは幸せなことです。

私からは妻にバラの花束をプレゼントして、妻からは手袋をもらいました。今年はけっこう寒くなりそうだからありがたいです。そんな優しい妻とずっと仲良く一緒にいれたらと思います。もちろん可愛い子供たちとも。リリット、いつもありがとう!これからもよろしくね!

74596452_2460147120895067_7076097321833857024_narmenia19-11-6.jpg
8回目の結婚記念日を夫婦でお祝い。レストランの店員たちも、「おめでとう!」と祝福してくれて、妻にあげたバラの花束を飾ってくれました。

75308025_946561629056114_851373607396311040_narmenia19-11-5.jpg
妻の希望でアジア料理を食べました。とにかく二人でのんびり食事できるのが最高!子供たちには悪いけど、たまにはこういう時間が必要ですね。

米下院が「アルメニア人虐殺」を認定 

天気はいいですが、朝晩の気温は10℃を下回っています。家の中も寒く感じることがあるので、子供たちが風邪など引かないよう、セントラルヒーティングを付け始めました。今週は学校などが秋休みで、アレンもレオもずっと家にいるのです。

昨日は首里城の火災のニュースが飛び込んできて驚きました。中心的な建物が全焼して、琉球のシンボルが失われました。まだ出火原因などは特定できていないようですが、地元の人たちのショックは計り知れないでしょう…

あと、東京五輪のマラソン競技を札幌で開催する案が浮上して揉めていますね。もともと五輪招致委員会が、「東京の夏は温暖で理想的な気候」なんて嘘をついたもんだから、今になって混乱する羽目に…また、「世界一カネのかからないオリンピック」と謳っていたくせに、開催総費用は当初の8000億円を大幅に超えて、ほぼ北京五輪に匹敵する3兆円!呆れて何も言えません…

先週末は、ニューヨーク在住のアメリカ人指揮者の著書の出版記念パーティーがあり、日本語訳をした私と妻も参加してきました。日本で出版されるかどうかは分かりませんが、その指揮者から、「日本でも出版できるよう翻訳してほしい」と依頼を受けたので、妻が翻訳、私が校正を行って、先月末に終わらせました。

ベートーヴェンやワーグナーなど有名な作曲家の生涯や人間性、また彼らが生きた時代背景などを深く分析し、それぞれの作品に込められたテーマやメッセージを解説したもので、音楽が大好きな私にはとても興味深い内容でした。読後は、聴き慣れた名曲からまた違った発見や印象を受けます。日本でも出版されたら嬉しいですね。

75252989_543555113132991_5098600160057884672_narmenia19-10-31.jpg 
エレバン市内の老舗のジャズバーで出版発表を行うヴァルダン・ハコピャン氏。有名なアルメニア人指揮者だそうで、このジャズバーの創設者の一人だそうです。

73316289_1010356012643091_3873236829343842304_narmenia19-10-31.jpg 
今回の著書のアルメニア語版。英語とロシア語、日本語訳もあり、彼は大好きな日本での出版を希望しています。面白い内容なので、実現したらいいですね!

さて一昨日、アルメニア人にとって歴史的なニュースがありました。記事タイトルにもあるように、米下院がオスマン帝国の「アルメニア人虐殺」を認定したのです。アルメニア人のジェノサイド(集団殺害)を事実として認める決議案が賛成405、反対11で可決されると、議場に歓声と拍手が湧き起こったそうです。世界中のアルメニア人たちも同じ気持ちだったでしょう。

オスマン帝国の「アルメニア人虐殺」を認定、米下院が歴史的可決

これまでは、北大西洋条約機構(NATO)の同盟国であるトルコとの関係に配慮して、同様の決議案の採択は見送られてきました。今回可決に至ったのは、シリア北部でクルド人勢力への越境攻撃を行ったトルコに対する批判が議会内で高まったことが背景にあるようです。米下院は、その軍事行動に関与した政府高官や軍幹部らにトルコに制裁を科す法案も可決しました。

もちろんトルコ政府は今回の件に対して猛反発しています。即座にエルドアン大統領は、「意味のない政治的措置だ」と抗議し、「米国とトルコの関係に悪影響が及ぶ恐れがある」と警告しました。ロシアの地対空ミサイルシステム導入などを巡ってギクシャクしている両国関係がさらに悪化しそうです。

前回の記事に少し書きましたが、中東地域の覇権は今後ロシアが持つ可能性が高いと個人的に思っているので、トルコは今回の件で米国と距離を置き、一層ロシアとの関係を強化するのではないでしょうか。ただ、そんなことは米政府も想定していたはずですから、当事国間では予め計画された流れかもしれません。

とにかく、米議会があの虐殺をジェノサイドと認めたことは、世界中のアルメニア人にとって画期的な出来事には違いありません。実際に現地のニュースやフェイスブックなどは、昨日からこの話題で盛り上がっています。悲惨な歴史を決して風化させてはいけないというアルメニア人の思い…それを改めて強く感じました。

IMG_9501armenia19-4-26.jpg 
毎年4月24日の記念日に花で埋まるアルメニア人虐殺記念碑。私も毎年訪れて献花しています。

アルメニアに格安航空会社が参入! 

天皇陛下の即位の礼が厳かに行われましたね。世界各国の要人が参加しましたが、アルメニアからもサルグシャン大統領夫妻が訪日しました。サルグシャン大統領は安倍首相とも会談を行ったようです。

米軍が撤退したシリア北部では、トルコが軍事作戦を展開して多くの犠牲者が出ています。アルメニアでは、この軍事作戦をトルコによる新たな虐殺行為として非難する声が高まっています。ロシアが仲介に入って事態は落ち着いてきていますが、これで中東でのロシアの影響力は一層強化されるでしょう。この結果は米国も予想していたはずですから、恐らく当事国間では事前に合意が成立していたと思います。

その中東のイラクでは、少数民族のヤズディ教徒が異教徒として長年迫害を受けていますが、その人権擁護に尽力している活動家ミルザ・ディナイ氏が今年のオーロラ賞を受賞しました。これは人権の促進や擁護に多大な貢献をした人に贈られる賞のことで、オーロラ・マルディガニアンというアルメニア人虐殺を生き延びた女性の名前から付けられており、授賞式は毎年10月にエレバンで行われています。

あと、個人的にとても嬉しいニュースがありました。欧州最大の格安航空会社ライアンエアーがアルメニアに参入を決定!来年からエレバンとローマ、ミラノ、ベルリン間を結び、チケットは片道30ユーロぐらいからだそうです。これでアルメニアから欧州にかなり行きやすくなります。今までアルメニア発の航空券は高かったですからね…

ちなみに私はこのライアンエアーを昔使ったことがあり、例えばロンドンからデンマークまでたったの15ユーロと激安だった記憶があります。来年からは、週末ちょっとドイツに行ってくるなんてことができるかもしれません。ただ、これは私が日本人だから可能なわけで、ヨーロッパに入るのにビザが必要なアルメニア人はそう簡単にはいきません。

特にEUのシェンゲンビザの取得は大変だそうで、いくら航空券が安くなかったからといっても、アルメニア人にとってヨーロッパ旅行はまだまだ敷居が高いように感じます。せっかく安く飛べるようになるので、ビザ不要にするか、少なくともビザの取得要件を大幅に緩和してほしいものです。そうなった時には、妻や子供たちとヨーロッパ旅行にでも行ってみたいですね

74530289_2578364255728550_4406580147264684032_narmenia19-10-26.jpg
記事とは関係ないですが、最近ピアノに興味を持ち始めたアレン。楽譜のつもりか、紙や本を譜面台に置いて弾いています。適当なのに、なぜかちゃんと曲に聞こえる時があって不思議…

73147794_2632056866855490_3515869750448095232_narmenia19-10-26.jpg 
そんなアレンの姿を見て真似をするレオ。キリル文字のカードを譜面台に置いて弾いています。

74271568_454843245145250_6429351946582228992_narmenia19-10-26.jpg
またレオは、アンパンマンの絵本を見ながら自分で作ったストーリーを話したりします。何を言っているのかよく分からないけど可愛らしい!