総選挙に向けて選挙活動が本格化 

かなり寒くなってきて、朝晩は耳が痛く感じます。もうすぐ12月ですからね。秋も終わりを告げて、本格的な冬が始まろうとしています。

ゴーン会長の逮捕劇ですが、彼に同情したり無実だと訴える報道と、日産の対応を妥当とする報道が交錯しています。ルノーの最大株主は仏政府なので、下手したら外交問題にも発展しかねないのに、日本政府は静観しています。やはり今回の事件は、ゴーン氏の不正を糺すことではなく、ルノーの支配強化を阻止するために政府と日産が結託して起こしたクーデターだったのかもしれないですね…

さて、当ブログでも何度か書きましたが、来月9日に国会議員の総選挙が行われる予定です。パシニャン首相が辞任した後、新しい首相が選ばれなかったため、憲法規定に従い、国民議会は解散となりました。というのも、いまだに議会は共和党などの旧勢力が多数派を占め、ねじれ現象が続いているので、パシニャン首相は総選挙の早期実施をずっと主張していました。

選挙活動は11月26日からと決められていたので、昨日から各党のキャンペーンが本格化しました。パシニャン首相も連日、支持者らの前で演説しています。今の情勢だと、首相が率いる政党「マイステップ」が確実に勝利すると思います。そうなると、強大な権力を誇った共和党もついに弱小野党に転落してしまうのでしょうか…つくづく盛者必衰の理を感じます。まあ、国民不在の腐敗政治を続けたせいだから自業自得なんですけどね。

とはいえ、それも公正な選挙が行われた場合の話です。革命前のアルメニアの選挙は、とにかく腐っていて、最初から結果ありきの出来レース。圧力や買収がまかり通り、票の集計がまともに行われることなどありませんでした。過去の選挙の時に、自分の学生に支持政党や予想結果について聞いてたことがあったんですが、みんな呆れた顔で、「先生も知っているように、この国の選挙は形だけで意味がない。私たちの意思なんて関係なく、どうせ結果は決まっている…」と言っていたのを覚えています。

そんな酷い状況がずっと続いていたため、今回の選挙は画期的なものになると言われています。革命後、パシニャン内閣は腐敗との闘いに最も力を注いできましたから、その成果が試される時がやって来たわけです。結果よりもまず、国民が政治に直接参加できる選挙というシステムが正しく機能し、有権者の意思が反映されることが民主国家への第一歩。アルメニアがその大切な一歩を無事に踏み出してほしいと願います。

IMG_7431armenia18-11-27.jpg
「選挙で金銭を受け取らないように!」という注意が書かれてある看板。政治家だけではなく、有権者の側も清廉でいる心づもりが必要です。

IMG_7422armenia18-11-27.jpg
子供たちの未来のためにも、公正な選挙が行われ、アルメニアが民主的で希望の持てる社会に生まれ変わるスタートを切ってほしいと思います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/963-494a95ec