フリーマーケット 

あと三日で帰国。授業もテストも終わったので、残りの時間で帰国の準備をするつもりです。といっても、また2月に戻ってくるので、大した準備はないですが、お世話になった方々にお土産を買って帰ろうと思っています。それで今日は、フリーマーケットに行ってきます。

「ヴェルニサージ」と呼ばれるマーケットで、毎週土日に共和国広場近くで開かれています。ガラクタ、服、CDやDVD,土産物、古本など、いろいろな物が売られています。見ているだけでも楽しいので、週末よく訪れます。以前ここでギターやセーターなどを買いました。まだ十分使える古着のセーターが、たった200円!経済的に苦しい私にとって、本当に助かります。

このマーケットは、独立直後に仕事を失った人々が、生活のために、自分の要らない物や手作りの物を売り始めたことがきっかけだそうです。今も失業率が高いアルメニアですから、その頃と同様に、生活のため物を売っている人たちもいるとは思います。

日本と違って値段なんてあってないようなものですが、アルメニア人はあまりボラない気がします。法外な値段を言われたことはほとんどありません。とはいえ、値段交渉はした方がいいです。相場を知らない外国人と見られて、少し高く請求されることはありますから。

いろいろな土産物も売っているので、今日は久々に買い物をしてきます。 夏に撮った写真ですが、ヴェルニサージの様子をご紹介します。

 

DSCN3629armenia12-13.jpg DSCN3626armenia12-13.jpg

ネジや金槌、ノコギリなどが売られています。中には、誰が買うの?というようなガラクタも…古着もたくさん売られています。車の上にまで服が並べてあります。古着は本当に安い!

 

 

DSCN3823armenia12-13.jpg DSCN3824armenia12-13.jpg

古本が売られています。ほとんどアルメニア語やロシア語の本ですが、アルメニアの美しい写真集などもあります。画家たちが自分の作品を売っています。やっぱりアララト山を描いたものが多いですね。

 

 

DSCN3822armenia12-13.jpg DSCN3825armenia12-13.jpg

観光客向けのお土産も売っています。アルメニアの民芸品は結構いいですよ。ソ連時代のものを売っている店もあります。その頃のお金や、レーニンやスターリンのグッズなど売られています。

 

アルメニアに来られたら、見物がてら訪れてみてください。いろいろと面白いものが見つかると思います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/95-dade0f2b