長男アレンが5歳になりました! 

肌寒くなってきたせいで風邪が流行っています。数日前から妻も風邪で、私も少し風邪気味です。幸い昨日と今日と急遽休みとなったので、悪化しないように努めたいと思います。

ちなみに連休となったのは、現在エレバンでフランコフォニー国際機関のサミットが開催中で、マクロン仏大統領など各国のVIPが訪問しているからです。フランコフォニー国際機関とは、民主主義や人権といった普遍的な価値観とフランス語を共有する国・地域の総体で、アルメニアも加盟しています。アルメニアはフランス語圏じゃありませんが、亡くなったシャルル・アズナブールに代表されるアルメニア系移民が数多く住むフランスとの繋がりは大変強く、そのためフランス語を学ぶ人も多いです。

揉めているアルメニア国民議会の解散総選挙の早期実施ですが、断固反対している共和党から18人もの議員が、パシニャン首相の訴える12月実施を支持する声明を出しました。その共和党は、パシニャン首相が辞任しても候補者を自党から出さないと明言しており、アルメニア繁栄党も12月実施を正式に支持しています。着々と選挙の早期実施の基盤が固まりつつあります。

こういった流れを見ていると、パシニャン首相は意外にしたたかだなと感じます。国民に大規模なデモを起こすよう訴えて現状を打開することも可能ですが、そうはせずに首相辞任というカードを切りながら反対勢力と交渉を重ねていく…やはり政治というのは駆け引きですから、理想や情熱だけでは国を変えることはできません。

キューバ革命も、常に理想を追い求める情熱と純粋さを持ったゲバラ、そして目的達成のために清濁併せ呑むしたたかさを備えたカストロがいたからこそ成功したと言えます。アルメニアの革命を遂行するために今のねじれ現象の解消は不可欠で、議会選挙の早期実施はその最終局面ともいえる重要なプロセス。できるかぎり混乱などなく実現してほしいと願います。

さて、昨日は長男アレンの5歳の誕生日でした。朝みんなで「おめでとう!」と言うと、とても嬉しそうにしていました。そして、先述したように昨日・今日と休みになったので、家族で出かけました。まずはプレゼントを買いにおもちゃ屋へ。いつもは事前に買ってサプライズで渡しますが、もう何が欲しいかアレンの希望は聞いていたし、休日で幼稚園もないし、直接アレンに選んでもらうことにしたのです。アレンが今年ほしかったのはロボットのおもちゃと自転車。いろいろある中から気に入ったものを買ってあげました。

その後は、以前にブログに書いたことがあるショッピングモールの中のミニ動物園へ。ヤギやウサギに餌付けができるので、今回も子供たちは喜んでいました。でも、アレンがプレゼントのおもちゃで遊びたいと言い出したので、ちょっと早めに切り上げて家に帰りました。妻の従妹の子供たちもお祝いに来て、一緒にロボットのおもちゃで遊んだり、自転車に乗ったりしていました。

そして家族と親戚で食事をして、アレンにケーキのろうそくを吹き消してもらいました。今年は小ぢんまりとしたお祝いでしたが、ほしかったプレゼントを買ってもらって、ずっとみんなに「誕生日おめでとう!」と言われて、アレンにとって楽しい1日だったんじゃないでしょうか。

しかし、もう5歳かあ…来年には小学校に入学します。今更ながらに子供の成長は早いと感じますね。同じように次男レオもあっという間に大きくなるんでしょう。かけがえのない子供の成長を見守る時間を大切にしないと。アレン、誕生日おめでとう!

43629434_339559916801503_1694775673886867456_n.jpg
買ってもらった自転車にすぐに乗るアレン。

IMG_6165armenia18-10-12.jpg
ミニ動物園でウサギと遊ぶ子供たち。

43701038_558855057898198_3931454419551387648_n.jpg
買ってもらったロボットで遊ぶアレン。左手は「5歳!」と表しているつもり。

IMG_6186armenia18-10-12.jpg
ろうそくを吹き消すアレン。元気にすくすく成長してくれて何より。誕生日おめでとう!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/947-e32b9d95