エルトン・ジョンがアルメニアを訪問 

今日5月28日は、「第一共和国の日」というアルメニアの祝日。1918~1920年のたった2年だけ存在したアルメニア民主共和国の独立を祝う日で、今年は100周年!その独立を決定づけたのは、オスマントルコ軍を撃退したサルダラパットの戦い。その戦勝記念碑には、ニコル・パシニャン首相など政府要人らが献花に訪れたようです。(サルダラパットについて、こちらの記事をご覧ください)

雨が降ったり止んだりの天候が続いていましたが、昨日から安定してきて、かなり暑いです。土曜の夕方はゲリラ豪雨が降って、エレバン市内の一部の道路が川のようになったそうです。私は今けっこう大変な翻訳の仕事があって、週末もあまり外出できませんでしたが、家の中から見ていても、かなりすごい雨でした。

トランプ大統領が、来月12日に予定されていた米朝首脳会談をキャンセルしましたね。日本では、「ほら見たことか!やっぱり北朝鮮なんか信用できん!」という報道が目立ちますが、どうなんでしょうね…私にすると当たり前の外交駆け引き、つまり自国にとって有利な条件を引き出すための手段のように見えます。その直後に、2度目の南北首脳会談が急遽行われましたし、すったもんだありつつも、歴史的な米朝首脳会談が実現してほしいと思います。

アルメニアでは、毎日のように過去の政権の腐敗に関するニュースが報道されています。文化省が多額の公金を流用していたとか、出国時に空港で行われている指紋採取に実はお金が取られていて(アルメニア発効の航空券に含まれていたらしい…)、それが有力政治家の懐に入っていたとか…どこまで本当なのか分かりませんが、そんな情報が流れるだけでも、この国に蔓延っていた腐敗の酷さを物語っています。

さて今、世界的ポップスターのエルトン・ジョンがアルメニアを訪問中です。といっても、残念ながらコンサートのためではありません。「これで最後の公演活動」と発表した世界ツアーは今年9月から開始の予定ですしね。じゃあ、なぜアルメニアに?というと、チャリティー活動が目的で、ここの聴覚障碍者たちに補聴器を寄付しれてくれました。

アルメン・サルグシャン大統領は8年前から慈善団体を運営しており、その活動の一環として視聴覚障害の支援をやっています。そして何と、エルトン・ジョンとサルグシャン大統領は昔から親交があったため、今回のアルメニア訪問が実現したそうです。さらに大統領はピーター・ガブリエルとも親交があって、彼もアルメニアを訪問するかもって記事がありました。いくら20年間アルメニアの駐英大使を務めたからって、そんな著名な音楽家たちとの人脈があるなんてすごすぎ…さすがテトリスの開発者の一人!

私は往年のロックやポップスが大好きなので、十代の頃、エルトン・ジョンもよく聞いていた時期がありました。まさか、その大物歌手がアルメニアに来るとは思いもしませんでしたし、ピーター・ガブリエルも本当に来たら驚きです。サルグシャン大統領によると、「エルトン・ジョンはまた訪問するし、次回はコンサートを開いてくれる」とのことです。マジで!?もし実現したら行ってみたいですね。


エルトン・ジョンの訪問の様子を伝える現地ニュースの映像(アルメニア語)。次回はコンサートも開いてほしいですね。

CIMG9034armenia18-5-28.jpg 
仕事で忙しいですが、せっかくの三連休に子供たちと遊ばないのは可哀そうなので、時々一緒に散歩したりしました。

33704755_10155664961951819_4345756783218786304_n.jpg 
エレバンを見渡せる場所にある公園でアトラクションに乗ったりもして、家族で楽しいひと時を過ごしました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/915-7efd8767