新しい動物園で子供たちが大喜び 

日がけっこう伸びて、夜8時頃まで明るくなってきました。晴れていると、半袖で十分なほどの暑さです。不安定な天候が続いていましたが、やっと初夏らしくなってきました。

アメリカの学校でまた銃乱射事件がありましたね。10人もの若い命が奪われた凄惨な事件ですが、場所がアメリカだと、「ハァ~ またかいな…」と大して驚きません。毎年起こっている上に、そこから何も学ばず社会が変わらない状況に呆れ果てているからです。アメリカでは、全米ライフル協会などの政界への影響力が強すぎて(トランプ大統領には32億円もの政治献金を行ったらしい…)、どれだけ銃による悲劇が起こっても本格的な規制には至らないという事情があります。

そのライフル協会が銃規制に反対する際に、「銃が人を殺すのではなく、人が人を殺すのだ」という言葉をよく使います。しかし、例えばオーストラリアでは、35人もの死者を出した1996年のポートアーサー事件をきっかけに国全体が一気に銃規制に動き、この20年以上は同様の事件が一つも起きていません。素早い対応で犠牲者の死を無駄にしなかった訳です。これでも銃規制がアメリカの抱える問題の解決にならないと言えるんでしょうか…

さて、アルメニアでは、ニコル・パシニャン新内閣が発足してから、これまでだったら考えられないような変化がいろいろ起きています。教育大臣が地下鉄で通勤していたり、移民大臣が庶民的なファーストフード店で食事していたり、学校や病院のお金の不正流用を厳しく取り締まったり。たとえば、私の息子たちも診てもらったことがある国立病院では、実際には働いていない職員が多数登録されていて、その架空の職員への給料を院長とかがポケットに入れていたのでは…と問題になっています。

所詮こんなのは氷山の一角で、同様の、というかもっと酷い汚職は国中で行われていたと思います。だって、前大統領を筆頭に国の指導者たちが腐敗していたんですから、「上の人間も皆やってるし別にえーやん!」と、全体的にモラルが崩壊するのは当然でしょう。最近、首相官邸に移ったばかりのパシニャン氏が、その豪奢な官邸内部の様子を映像で流して話題になりました。サウナが二つもあって、パシニャン氏は、「こんなものを作るお金は一体どこから来ていたのか?」と疑問を呈していました。

私は、政治家が贅沢な暮らしをすべきじゃないとは思ってはいません。その地位まで登り詰める力と運があり、責任重大な仕事をしている訳ですから、それに見合う対価を享受する権利はあるかもしれません。しかし、国民の多くが苦しい生活を強いられているのであれば話は別で、政治家たちがそういう現状を顧みずに私腹を肥やしてばかりいたから、今回の革命が起こったのです。蔓延った腐敗や汚職を一掃するにはかなりの時間と労力が掛かると思いますが、まずそれを実行しないとアルメニアは生まれ変われないでしょう。

いつもの政治談議はこの辺して、記事タイトルにあるように、昨日子供たちを連れて行った動物園の話に移りたいと思います。「リオ」というショッピングモールの2階に小さな動物園ができたので、妻と息子たちと一緒に行ってきたのです。屋内の小さな場所に、ワニやヤマアラシ、ヘビや猿、イグアナやオウムや亀など多様な動物が飼育されいて、けっこう見応えがありました。

ヤギやウサギに餌付けもできるので、子供たちは大喜びでした。もちろん餌代を払わないといけないんですが、アレンが「またーまたー」と言うので、結局3回も買ってしまいました。恐らく、これが動物園の一番の収入になっている気が…まあ、子供たちが満足してくれたから良かったです。

ちなみに私がはまったのは、コモンマーモセット。小さくて姿も独特なんですが、顔つきや表情が妙に人間っぽい。目が合った時にこちらを伺う表情とかは、ずーっと見ていて飽きません。帰り際にも、じっくりと観察してしまいました。子供たちだけでなく、私も気に入ったので、また家族と一緒に行ってみたいと思います。

IMG_3705armenia18-5-21.jpg
入ってすぐのところで動物にエサをあげることができます。早速アレンも挑戦。面白がっていましたね。

IMG_3718armenia18-5-21.jpg
ウサギに餌をあげたり、触ったりできます。子供たちはここが一番のお気に入りだったみたい。

IMG_3722armenia18-5-21.jpg
ワニも近くで見れて、子供たちは興奮していました。

IMG_3730armenia18-5-21.jpg
イグアナやカメレオンやヘビなどの爬虫類も飼育されています。

IMG_3734armenia18-5-21.jpg
オウムは檻に入れらずに飼われています。飼育員の言葉や動きを真似ることができます。

IMG_3736armenia18-5-21.jpg
私のお気に入りのコモンマーモセット。なんか歌舞伎役者みたいな見た目にはまりました。小さい場所に閉じ込められた動物たちは可哀そうに思いますが、けっこう楽しかったので、また子供たちを連れて行きたいです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/913-880892a8