ニコル・パシニャン首相について 

雨が降ったり止んだりの憂鬱な天気が続いていましたが、最近少しずつ天候が安定してきています。晴れていると、初夏の陽気でけっこう暑いですね。

先日、イスラエルの米大使館がエルサレムに移転したことで、パレスチナ人による激しい抗議デモが発生しました。約60人のデモ参加者が死亡したというニュースを見て心が痛みます…私は過去に2回イスラエルに行ったことがあって、根深い憎悪と暴力の連鎖を目の当たりにしました。大国の思惑や政治力学で尊いの命が失われてしまう悲劇が早く終わってほしいと思います。

さて、今週ニコル・パシニャン内閣が発足しました。若い閣僚メンバーについては賛否両論ありますが、いろいろと変化が起こっています。たとえば、第一副首相が、これまで割り当てられていた5台の公用車のうちの3台の使用を自ら断ったそうです。いやー公用車が5台って明らかに多すぎでしょ!税金の無駄遣いも甚だしい!

ちなみに、私が尊敬する南米ウルグアイの元大統領ホセ・ムヒカ氏は、任期中もずっと古いフォルクスワーゲンの自家用車で通勤していました。また、デンマークでは、国会議員の60%以上が自転車通勤しています。まあ、別にそこまでしなくてもいいんですけど、アルメニアも、もっと政治家と市民との距離が近い国になってほしいと思います。そういえば、パシニャン首相は毎日政府の仕事などについて国民に向けて語って、ライブで配信していますね。

さて、この1カ月ぐらい、アルメニアの政変について記事を更新してきましたが、その中心人物であるニコル・パシニャン氏についてまだ一度も詳しく書いていませんでした。なので、今や国民の期待と注目を一身に集め、時の人となったパシニャン首相のことを簡単にご紹介したいと思います。

パシニャン氏は、1975年6月1日にイジェヴァンで生まれました。ちなみに彼の誕生日をお祝いするために、来月1日は共和国広場で支持者による集会が行われる予定です。本当に愛されていますね。だって、腐敗しきった共和党の独裁に終止符を打ったのですから。その分プレッシャーや責任も半端ないから大変でしょうけど…

彼はアルメニア国立大学ジャーナリズム学部でトップクラスの優等生でしたが、当時の学長の批判記事を書いて問題になり、その学長から、「記事の内容を否定しないと退学にするぞ!」と脅されても、「これは事実だから否定などしない!」と突っぱねて退学になりました。この過去の出来事は今回の政変で市民の注目を集め、国立大学の学生たちが、「パシニャン氏に学位を与えるべきだ!」と訴えました。その結果、首相就任直後に大学側から学位が授与されました。

政治家になる前は、「アルメニアタイム」というリベラルな新聞紙の編集者を務めていました。在職中は共和党の腐敗政治を激しく批判し続け、10年前の大統領選挙の不正に対する違法な抗議活動を行ったとして、当局から指名手配されました。1年以上の逃亡生活の末、2009年に自ら出頭して逮捕。2年の服役を終えて出所後、アルメニア初代大統領のレヴォン・テル・ペトロシャン氏が率いる野党「アルメニア国民議会」のリーダー的存在になり、2012年に当選して国会議員になりました。

2016年に、他の野党党首と共に、「エルク(アルメニア語で出口・糸口の意味)」という政党を結成。翌年の国会議員選挙で9議席を獲得し、第二野党となりました。2018年初めにセルジ・サルグシャン元大統領が首相就任の意思を表明したため、地方からエレバンに向かって歩いて抗議する「マイステップ」という活動を開始。4月13日、多くの支持者のと共にエレバンに到着しました。

その後はご存知のように、市民と共に大規模な抗議デモを行って、サルグシャン前大統領を辞任に追い込み、歴史的なビロード革命を成功させました。そして5月8日、国会の投票によって、第16代アルメニア首相に選出されました

奥さんはジャーナリストのアンナ・ハコピャン女史で、二人の間には4人(一男三女)の子供がいます。子育ては大変だったと思いますが、波瀾万丈のパシニャン氏の人生を傍でずっと支え続けました。しかし、奥さんは最近のインタビューで、「今後もジャーナリストの仕事は続けるし、たとえ夫でも、彼が政治家として間違ったことをすれば容赦なく批判する」と語りました。こんな厳しい批評家が身近にいたら、道を踏み外すことはないかもしれませんね。

こういう反骨精神を持った人がアルメニアの指導者になるなんて夢にも思いませんでした。もちろん、その真価が問われるのはこれから。常に一般市民の立場に立って、より良い未来を築けるような政治を行ってほしいと思います。

IMG_3672armenia18-5-17.jpg
記事に関係ありませんが、先日次男のレオが数か月ぶりに散髪しました。女の子と間違えられるほど伸びていましたからね。最後は泣いてしまいましたが、何とか無事に終了。

IMG_3677armenia18-5-17.jpg
バッサリ短く切って男の子らしくなりました。すっきりして本人も嬉しそう。そして、もうめっちゃ可愛い!相変わらず親バカですみません…

IMG_3684armenia18-5-17.jpg
今週はいろんな用事で忙しく、かなり外出が多いです。その途中、久々にアララト山の雄姿を望むことができました。雨がちな天気でしたが、次第に安定してきて青空が広がっています。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/912-ec3cfd13