5月1日にアルメニアの新首相が選出 

日本は今日からゴールデンウイークですね。アルメニアも、5月1日はメーデーでお休みで、政府が4月30日も休みとしたので4連休です。といっても、次男レオの風邪が完治していないので、私は特に出かけたりする予定はありません。

アルメニアで予想もしなかった大変革が起こったと思ったら、今度は北朝鮮の指導者が初めて韓国に入り、歴史的な南北首脳会談が実現しました。具体的な道筋などについては言及されませんでしたが、終始和やかなムードの中、「朝鮮半島の完全な非核化」や「恒久的な平和の構築」などの合意が達成されました。

私は12年前に韓国を旅行したことがあって、北朝鮮との国境近くも訪問しました。同じ民族が分断されている現実を見て、胸が締め付けられるような気持ちになったのを覚えています。今回の首脳会談をきっかけにして、悲惨な歴史に終止符を打ち、融和への道を進んでほしいと願います。

もちろん昨日の出来事は、南北両国、中国や米国、そしてロシアなどが水面下で交渉や駆け引きを行ってきた結果。で、完全に蚊帳の外に置かれたのは日本…安倍首相が「米国と圧力路線で一致した!」と浮かれている間に、ちゃっかり米国はCIA長官を北朝鮮に派遣して協議していたんですもんね。一方、トランプ大統領は中国について、「私の親しい友人である習近平国家主席の多大な助力を忘れないでほしい。彼がいなければ、より長く困難なプロセスだっただろう」と称賛しました。

とにかく、日本の対米従属ぶりには呆れ果てます。米朝会談で拉致問題を取り上げてくれと懇願してますが、「アメリカ・ファースト」を掲げ、貿易問題でも関税までかけて日本に強く譲歩を迫るトランプ大統領にとっては全く他人事でしょう。しかし、その対米従属という国是も、南北の和平が進んで非核化が実現すると(実際には核放棄せんやろけど…)、大義名分を失い、駐留米軍の存在意義も疑わしくなってきます。もう政府は北の脅威を利用できなくなりますからね。

ずっと以前から私は、北朝鮮の核やミサイル開発はあくまで外交カードであって、実際に攻撃してくる可能性はほとんどないと思っています。ミサイル発射実験があった時も、日本の政府やメディアはやたらと危機を煽るのに対し、韓国の方は至って平静だったりしますから。それに北からの攻撃を問題視するなら、同時に原発の危険性も問題にしないと。だって、別に東京を攻撃せずとも、国内に50基以上ある原発のどれかにミサイルを撃ち込めば、半永久的に人が住めなくなって日本は終わりです。

さて、同じく大きな変化の真っ只中にいるアルメニアですが、この数日はエレバンの状況は落ち着いています。その代わり、ギュムリなどの他都市で大規模な集会が行われています。というのも、野党指導者のパシニャン氏が、エレバン市民に抗議活動を一時的に止めるよう呼びかけたからです。実は、デモ参加者らの非常識な行動が問題になってきてたんですよね

特に車でデモに参加している人たちのマナーが酷くなっていました。車で道路封鎖などをやっていたんですが、ナンバープレートを外したり隠したりする人が多かったんです。警察に特定されないようにしていたんでしょうけど、これは明らかに交通違反。また、調子に乗って飲酒運転したり、スピードを出したりする人も多く、先日そんなドライバーの一人が事故を起こして、まだ1歳だった子供が亡くなってしまいました。子を持つ親として、これは本当に胸が痛みます…

市民も次第に冷静になってきて、「デモもいいけど、ルールやマナーを守るべきだ!」と訴える人が出てきています。確かにそうですよね。せっかく無血革命を成功させたのに、そのお祭り騒ぎで人が死ぬなんて本末転倒も甚だしい。結婚式で誰か飲みすぎて死んだりしたら全てが台無しになっちゃうようなもんです。

まあ、こういう熱狂的なデモ参加者がたくさんいたからこそ、歴史的な大変革が実現できたとも言えます。みんながやたら冷静だったら、デモは長続きしなかったし、また政府に制圧されていたかもしれません。とはいえ、せっかく国が生まれ変われるチャンスを掴みとったんですから、市民一人一人が責任を持って行動してほしいですね。

ちなみに政治混乱を収束させるため、5月1日に議会で新首相が選出されることになりましたが、いまだに与党・共和党が過半数の議席を持っているので、結果が世論を反映したものになるかどうかは微妙…それでパシニャン氏は、「私が唯一の首相候補だ!」と訴えています。確かに今は、彼の首相就任を支持する声が最も多いでしょう。ただ、ちょっと怖いのは、「パシニャンがこの国を良くしてくれる!」と、彼に過剰な期待を寄せて、全て委ねるような雰囲気があることです。

もちろん今回のデモを組織して成功に導いたんですから、多くの市民が彼を支持するのは理解できます。だからといって、どんな指導者にも白紙委任状を与えてはいけません。誰が首相になったとしても、有権者の代表としてきちんと仕事をしているか、国民は常にチェックする必要があります。結局、政治の主役はいつも国民。その民主主義のあるべき姿を示したのが、今回のアルメニアの革命だったわけですから。

まだ当分アルメニアの混乱は続きそうですが、「私たち一人一人が新しいアルメニアを作っていくのだ!」と、市民自らが考えて行動する真の民主主義が実現されることを切に願います。

CIMG8741armenia18-4-28.jpg 
なぜかアレンの頭をなでなでするレオ。流行っている風邪は長引くようで、まだレオは完治していません。でも、少しずつ元気になってきています。


風邪をひく前の動画ですが、アレンが通う空手道場でレオも体を鍛えました。その一生懸命な姿が可愛らしかった。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/902-89985cbd