エレバンで前大統領への抗議デモが発生 

英仏米が、アサド政権が行ったとされる化学兵器使用への報復としてシリアを爆撃しましたね…まだ国際機関の調査結果も出ていないにも関わらず、またまた疑惑だけで攻撃を行いました。先月英国で起こったロシアの元諜報員の暗殺未遂事件もそうですが、「ホンマかいな?なんか怪しいな~」と、個人的には思っています。

その暗殺未遂事件も、英国は「ロシアが関与した証拠はたくさんある!」と主張するばかりで、いまだに何も提示していません。国民一人当たりの監視カメラの台数が世界トップとも言われる監視カメラ大国のくせして変ですよね…また、15年前に英米が中心になって開始したイラク戦争の根拠とされたのは、「イラクは大量破壊兵器を保有しており、米多発テロに協力した疑いがある」というでっち上げ情報でした。

これについては、当時英国の首相だったブレア氏でさえ、「あれは誤情報だった…」と後に認めています。そんな虚の大義名分で始まった戦争のせいで、約50万ものイラク市民の命が犠牲になりました。ブレア氏は、「結果的にフセインの圧政からイラク市民を解放した」と無理やり正当化していますが、そんな身勝手な理屈が通るんやったら、「あそこは酷い独裁国家や!市民を解放したらなアカン!」と適当にいちゃもん付けて、どこでも先制攻撃してよくなるやん!

とにかく、今回のシリア攻撃の根拠や正当性についても、私はすごく懐疑的です。ほとんど勝っている状況で、わざわざ化学兵器を使うメリットなんてシリア政府には全くありませんからね。だからといって、「これも欧米のねつ造に決まっとる!」とまでは言い切れませんが、日本のマスコミ含めて欧米寄りの情報を鵜呑みにしないように気を付けたいと思います。

さて、1週間前にアルメニアでは、新大統領の就任式という大きな政治イベントがありました。といっても、大統領はただの象徴的存在になるので実権はありません。なぜなら、アルメニアは2015年の改憲によって実質的な議院内閣制に移行して、今後は首相が強力な権限を持つことになったからです。そして今日、その首相職に新しく就任するのは前大統領…えっとーつまりは、同じ人が権力のトップに収まり続けるってことです。

ちなみに、お飾りの新大統領の名前はアルメン・サルグシャン。また前大統領で、首相になるのはセルジ・サルグシャン。たまたま同じ苗字というだけで、血縁関係などはありません。新大統領の就任式の前後は混乱などはありませんでしたが(というより、国民は「どーでもええわ!」という冷めた反応…)、ここ数日はずっとエレバンで、前大統領の首相就任に抗議する大規模なデモが行われています。

まあ、そりゃそうでしょう。だってこれは、前大統領が権力を維持するための政体変更としか思えませんから。アルメニアの憲法では、大統領の任期は2期までと決められており、前大統領は今年でその職から降りなければいけません。しかし、首相職に就くことはできるので、議院内閣制に移行すれば、そのまま実権を持ち続けることが可能になります。

この議院内閣制への移行に伴う改憲については、国民投票によって是非が決められました。その結果、63%の賛成で可決。「それやったら問題ないんちゃうの?」と思うかもしれませんが、アルメニアの選挙や投票システムは腐りきっていて、国民の意思がまともに反映されることなんてありません。その国民投票でも不正が横行したようですし、有権者の方も諦めているのか、投票率はたったの51%…つまり、国民の支持なんてほとんど得てないに等しいわけです。

3年前に行われた改憲の是非を巡る国民投票については、当ブログでも過去に記事を書いているので是非ご覧ください。(こちら)

もし国民から幅広い支持を得ている政治家であれば、その人が長く国を治めることもありかもしれませんけど、前大統領は全く人気がなくて、多くの国民は、「また権力を握って私腹を肥やすつもりか!いい加減にしてくれ!」と幻滅しています。政治家に清廉潔白を求めても仕方ないかもしれませんが、アルメニアのコネ社会や政治腐敗はホンマに酷いですからね…それでも、こうやって市民が政府に対してデモを起こしたり、マスコミが批判的な報道をしたりできるので、旧ソ連諸国の中ではかなり民主的な方です。

現首相のカレン・カラペチャン氏はハンサムでけっこう人気があり、そのまま首相職に留まってほしいという意見も聞かれますが、それもどうなんでしょう…どうせ2年前に前大統領が彼を首相に任命した際に、「俺が首相になるまでの間だけ頼むわ!」 「はいよー!」という密約が二人の間にあったんちゃうかと思います。

ところで、前大統領は以前、「この大統領任期が終わったら、政界から身を引くし、首相になったりせえへん!」と言っていて、その映像もしっかり残っています。今となっては、あの発言は一体何だったんでしょうか?政治家が子供みたいな嘘やでたらめを平気で言うのは、日本もアルメニアも同じですね…

前大統領への抗議デモ騒乱 アルメニア (←映像付きの日本語ニュース)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/896-52951f28