44回目の誕生日 

今日は朝から雨で少し肌寒いです。最近は暖かい、というより暑く感じるぐらいの日が続いていたので、着るものに困りますね。

森友学園の問題が疑惑だらけで収束しかけている中、今度は加計学園の問題が再び取り沙汰されています。しかも今回は、愛媛県の役所側が真っ向から政府と異なる見解を述べています。それにも関わらず、またまた政府や中央省庁の人間たちの往生際の悪さというか見苦しさが半端なくて、もう怒りを通り越して笑っちゃいます。

「記憶の限り、会ったことはない」とか「あれは野次じゃなくて首相への助言」とか…森友学園の時もそうですが、恥ずかしげもなく矛盾したことを主張して真実を隠し続ける大人たちって、一体何を必死で守ろうとしているんでしょうか?何に誇りを持って仕事しているんでしょうか?もちろん人それぞれですけど、私は自分に嘘をついてまで信念や道義を曲げたり、良心の呵責を背負わざるを得ないような生き方は絶対したくありません。そんな人生、自分の子供たちにさえ誇れない…

さて、前置きはこれぐらいにして本題に移りましょう。記事タイトルにあるように、昨日は私の44回目の誕生日でした!ついに40台半ば、ほぼ中年男性の仲間入り…なんて自虐的なことを書きながら、私自身は大してそんな自覚はありません。いまだに山あり谷ありの人生を自由に楽しく生きているからかもしれませんね。これも偏に素晴らしい出会いやご縁のお陰です。

誕生日だった昨日は天気もよかったので、妻と子供たちと一緒にエレバン中心部の公園に出かけました。いろんなアトラクションに乗って、子供たちは楽しそうにしていました。その後は、先日アルメニアに着いたばかりの剣道の前野先生からのお誘いで、コーカサス料理のレストランに行きました。友人のルザンさんや南江さんもいて、楽しくお祝いすることができました。

そして家に帰ると、妻が買ってくれた誕生日ケーキの登場!アレンがハッピーバースデーを歌ってくれて、一緒にロウソクを吹き消しました。その瞬間が、何より素敵なプレゼントでした。素晴らしい家族に恵まれて自分は幸せ者だなあ…としみじみ感じました。

ちなみに、私は両親の結婚記念日に生まれたんですが、なんと昨日は両親の結婚50周年!つまり金婚式でした。お互いにお祝いのメールを送りました。今度アルメニアに来る友人か知人に20年物のコニャックを託して、帰国した際に実家に送ってもらおうと思っています。父も母も本当におめでとう!

フェイスブックなどでも、たくさんの人からお祝いのメッセージを頂きました。どうもありがとうございます!お蔭さまで、家族や友人たちと楽しく誕生日を過ごすことができました。これからもよろしくお願いします!

IMG_3574armenia18-4-13.jpg
公園の池でボートに乗る妻と子供たち。他にもたくさん子供連れの人たちが来ていました。しかし、ボートのデザインが怖い…まるでバットマンのジョーカーやん!

IMG_3583armenia18-4-13.jpg
子供たちと一緒に誕生日ケーキを囲んでお祝いしました。


長男アレンがハッピーバースデーを歌ってくれました。嬉しかったですね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/895-66f7e5be