父子で仲良く気管支炎に… 

今週は翻訳の仕事などがあって忙しくしています。季節の変わり目だからか、天気は不安定で、午後からどんよりと曇り始めたり、夜に雨が降ったりします。

森友学園絡みの公文書改竄問題で、佐川氏の証人喚問が終わりましたね。予想通り、証言拒否を連発して終わりました。刑事訴追されるかもしれないから、役人らしい慎重な答弁に徹底するしかなかったんでしょう。昨年の国会では、「書類は破棄した」とか超適当なことを言っていたのに、えらい変わりよう…

とりあえず怒りとかは特になく、「もうどうでもえっか~」って感じです。別に私は、政府や官邸が圧力をかけたに違いないとか、安倍首相夫妻が悪いと結論付けたい訳じゃありません。実際に直接的な関与はなく、財務省の方で忖度しただけという可能性だってあります。まあ忖度せざるを得ない状況を作るのに一役買ってたら、それも関与ちゃうかなとは思いますけどね。

とにかく私としては、納得のいくプロセスで真相が究明されてほしいんだけです。どう考えても不可解な点や矛盾が多いのに、いまだに明瞭な説明はないし、自殺者まで出ているにも関わらず、誰も潔く責任を取ろうとしない。そして政府や役所、マスコミまでが曖昧なまま幕引きしてしまおうという姿勢に呆れるというか、暗澹たる気持ちになってしまうんですよね…

話は変わって、欧米とロシアとの関係が大変なことになっていますね。お互いに相手国の外交官を追放しあうという緊迫した状況です。きっかけは英国で起こった元ロシアの諜報員の暗殺未遂事件で、ロシアの仕業だと訴える英政府に他の欧米諸国が同調したわけです。日本でも「ロシアが悪い!」という報道がされているかもしれませんが、いろいろ調べてみると、真相は全く違う可能性も出てきます

なんせ英国は、「ロシアが事件に関与した証拠を掴んでいる」と言いながら、いまだに何も証拠を示さないままです。4年前にウクライナ上空で発生したマレーシア航空機撃墜事件も、すぐにロシア側の仕業と決めつけて欧米がこぞって非難しましたが、いろいろ調べてみると、欧米の主張と矛盾する点がたくさん出てきます。だからといってロシアを嵌める陰謀だったとも言い切れませんが、今回の暗殺未遂事件についても、マスコミの報道を鵜呑みにしないようにしたいと思います。

さて、次男のレオがウィルス性の気管支炎にかかってしまいました。どうも流行っているようです。見た目は元気そうなんですが、ずっと喉から「ゼーゼー」という音が出ているし、声もほとんど出ません。可哀想にも見えるし、そんな状態なのに普通に遊んでいる姿が可愛らしかったりもします。とにかく早く元気になってほしいですね。

しかし、どうも私もレオに伝染されたみたいで、今朝から喉が痛い…子供が辛そうにしている時は、「変われるものなら変わってあげたい」と思いますけど、いざ伝染されるとキツいですね。今週末はイースター(キリストの復活祭)なのに大丈夫かな?季節の変わり目ですから、皆さんも身体にはお気をつけください。

CIMG8656armenia18-3-30.jpg 
仲良くタブレットで遊ぶアレンとレオ。ほほえましい光景ですが、私みたく気管支炎がアレンに伝染らなければいいけど…

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/893-48526c58