「アルメニア友の会」学生招聘プログラムは大成功! 

最近また雨がよく降る不安定な天気です。雨が降るたびに気温が下がっているように感じますね。もう11月下旬ですから、そろそろ冬の到来です。これからどんどん寒くなっていくでしょう。

日本では、トランプ大統領が日本側のもてなしに大満足だったとか、日米関係を最も重視しているとか、安倍首相と意気投合したとか、おめでたい報道をいまだにチラホラ見かけますね。そんなにアメリカに気に入られたい(というか、そう思いたい)んでしょうか?あまりに卑屈な姿勢に何だか悲しくなってきます…

そのおめでたい日本のマスコミや政府は、トランプ大統領が日本に対して貿易赤字是正をはっきり求めたにも関わらず、米国の貿易赤字の約半分(日本の5倍)を占める中国を滞在中に非難しなかったことについてどう思っているんでしょうか。世界はものすごい勢いで多極化しています。盲目的に日米同盟を神聖視したままだと、日本は取り残されてしまうんじゃないかと心配です…

さて、私が日本の有志の方々と運営する民間団体「アルメニア友の会」の第3回学生招聘プログラムで、日本を旅行したザリネさんから感想レポートが提出されました。初めての飛行機、初めての海外、そして初めての一人旅ということで、当初は期待よりも不安の方が大きかったのか向こうで体調を崩したりしたようですが、彼女にとって素晴らしい体験になったことがよく伝わる内容でした。

特に、ザリネさんが書いた次のような言葉を読んだときには、感動して思わず泣きそうになりました。

「10月24日〜11月4日の2週間は、私の今までの人生で一番素晴らしい時間でした」

「今回の旅行で、私は自分の将来をやはり日本と結びつけたい、そしてこれからも日本語教師として頑張りたいということが分かりました」

「海外日本語教師長期研修プログラムに応募するつもりです。留学すること、これが私の今の夢です」

実際に見た日本をすごく気に入ってくれたこともそうですが、引っ込み思案だった彼女から、「目標に向かって頑張ります!」という積極的な言葉を聞けたことが何より嬉しかったです。日本語を学ぶ学生の夢を叶えるお手伝いができただけではなく、この旅行が人生観や価値観を変えるきっかけになったかもしれないと思うと、胸が熱くなりました。

8年前、「アルメニアで日本語を学ぶ学生たちのために何かしたい!」という私の思いに共感してくれた方々と組織を立ち上げ、図書の送付や学生の招聘など地道に活動を続けてきました。不思議な縁で生まれた人の繋がりのお陰で、今も有意義な活動ができていることを改めて有難く感じました。

ザリネさんも日本人の親切さに何度も感謝していましたが、やはり今回の招聘プログラムの成功は、彼女を温かく迎えてくれた方々のお陰だと心から思います。初めての日本で優しい人たちと触れ合えたことが、彼女にとって、「また日本に行って勉強したい!」という夢の原動力になっているはずです。

会役員の方々、関係者の皆さん、本当にありがとうございました!これからも宜しくお願い致します。そして、ザリネさん、次の夢に向かって頑張ってください!応援しています!

23825790_1441535392636543_449575372_o.jpg
会役員の方々とザリネさん。今回も本当にお世話になりました!いつもありがとうございます!

23825518_1441600502630032_2112774389_o.jpg
関東でお世話して下さった方とザリネさん。ありがとうございました!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/869-d36e1a9b