ヨーロッパ教育大学 

図書室開設の活動も本格化してきました。アルメニア柔道連盟の方は、テレビ撮影のために本を並べるのは後日ですが、ヨーロッパ教育大学の方は、既に本も並べ、ポスターなども貼って、かなり形になってきています。

そのヨーロッパ教育大学で、今月から私は日本語を教え始めました。専攻ではなく、自由選択科目なので、学年問わず勉強したい人が集まったクラスです。今は1クラスだけで週2回の授業ですが、まだ他にも勉強したい人が、学生それに先生たちの中にもいるらしく、来週からもう1クラス増えるかもしれません。

大学は、エレバンの街並みとアララト山が見渡せる丘の上に立っています。私のアパートから、バスで20分強ですね。新しい大学ですが、今ではアルメニアでかなり有名だそうです。6階建ての大学の中には、教室がたくさんあり、設備もきれいで整っています。大学側も、私の日本語コースや図書室開設活動に協力的です。

授業では、まだひらがなを教えています。専攻でも必修でもないですし、週2回だけでは進みも遅いです。しかし、今のところ学生たちはやる気があって、教えるのは楽しいです。もっと学生が増えれば、将来日本語が専攻科目になるかもしれません。そのためにも、図書室開設を含め、頑張って日本語教育の基礎を作りたいと思っています。

 

DSCN4580armenia11-15.jpg 

ヨーロッパ教育大学の日本語クラス。その後、学生が二人増えました。人文大学は女性ばかりですが、ここは男性が半数ほどいます。勉強を始めた理由は、アジアの言語や文化に興味があるというのが多かったですね。

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/82-cf1472a8