アレンが弟と初対面! 

気持ちのいい晴天が続いていて、日中は暑いぐらいです。この天気のお蔭で、アララト山も毎日きれいに見えています。

前回の記事で第二子の誕生をお伝えしましたが、有難いことに多くの人から祝福のメッセージを頂きました。本当にどうもありがとうございます!親として、こんなに嬉しいことはありません。

さて、3日間の入院を終えて、一昨日妻と子供が帰宅しました。私も一緒に病院に宿泊していたので、久々の我が家です。妻の叔父と従妹も迎えに来てくれて、みんなで新しい家族を連れて帰りました。その間ずっと子供はスヤスヤと寝ていました。小っちゃくて可愛らしい!

そして、その日の夕方、ついに長男アレンが弟と初対面しました!病院の規則で、小さな子供は病室に入れなかったのです。私が幼稚園から連れて帰ったのですが、その帰り道でもずっと、「弟に会いたい!」と言っていました。さあ、一体どんな反応をするのでしょうか…

帰宅してすぐに寝ている弟を見たアレンは、「おねんねしてる~」、「ちっちゃい~」と喜んでいました。それから少し不思議そうに眺めていました。やはり急に現れた弟の存在を理解するのには時間が掛かるのかもしれませんね。すると、その愛くるしい兄弟の初対面を見ていた妻が急に泣き始めました。考えてみたら、長男に4日間も会えなかったのは初めてのことです。

その後、妻がおっぱいを飲ませたり、おむつを替えたりするのを面白そうに見守っていました。アレンも弟をなでてあげたり、自分のおもちゃを見せてあげたりして、「良かった。可愛がってくれてる!」と安心したのも束の間、そのうち母親を取られてしまったように感じたのか、やきもちを焼き始めました

夜には、こちらの注意を引こうとやたら騒いで、「弟が好きじゃない!」とすねて言い出す始末…まあ、最初はきっとこうなるだろうと予想していましたし、4日間も大好きな母親と離れていたんだから仕方ありませんよね。それでもやっぱり気になる存在なのか、翌日は幼稚園から帰るとすぐに弟のところへ駆け寄り、「ベッドから出してもいい?」と言っていたそうです。

やっぱり二人の子育ては大変だと痛感する日々で、すでに寝不足と疲れがたまっています。でも、生まれたばかりの赤ちゃんは可愛いし、アレンがお兄ちゃんになったことも嬉しく思います。家族が増えるって、大変でも本当に幸せなことです。頑張って二人の成長を見守っていきたいと思います。

ところで、先週土日に日本語弁論大会が開催されたのですが、すでに記事が長くなってしまったので、次回ブログで詳しくお伝えする予定です。

CIMG2760armenia16-10-5.jpg 
月曜のお昼頃、無事に退院しました。母子ともに健康で何よりです。

CIMG2769armenia16-10-5.jpg 
兄弟の初対面!嬉しそうに、そして不思議そうに弟を見つめていました。3年前はアレンもこんな感じだったんですよね。大きくなったなあ…

CIMG2807armenia16-10-5.jpg 
アレンにとっては不思議で気になる存在なのか、幼稚園から帰ると真っ先に弟を見たがったそうです。兄弟仲良くしてほしいものです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/776-27e3627b