30週目に入りました 

フランスのトラック暴走事件、そしてトルコのクーデター未遂事件など、衝撃的な出来事が続いていますね。どちらも多くの命が失われてしまいました。犠牲者の方々の冥福を祈りたいと思います。

しかし、トルコの件は何か裏があるように思えてなりません。大統領が市民に対し、「外に出て戦え!」なんて声明を出したり、軍のほとんどの勢力はクーデターに同調しなかったり、何よりあっという間に失敗に終わったことなどから、反乱軍は政府側にまんまと嵌められたような気が…結果として、現大統領は危険分子を一掃して、自身の権力を盤石なものにできますからね。

さて、第二子を妊娠中の妻ですが、ちょうど30週目に入りました。ということで、最後のエコー検診に行ってきました。お陰様で、何も問題なく順調だということで安心しました。胎児の顔が少し見えましたが、エコーの映像だと目鼻がついていることぐらいしか分かりません。とにかく健康に生まれてきてほしいと思います。

そして検診の際に、胎児の大きさや重さも先生が教えてくれました。けっこう個人差が大きい時期だそうですが、うちの子はその最大値ぐらいとのこと。それを聞いて思わず、「エッ!また大きいの?!」と声を出してしまいました。

実は、長男アレンは4キロの巨大児で生まれてきたのです。幸い初産にも関わらず、たった2時間の超安産でしたけど、やっぱり大きい子だと産むのは大変というイメージがあります。ウーン、2人目もまた大きいのかなあ…

まあ、でも先生は「普通2人目の方が大きい場合が多いけど、一度生んでいるから大丈夫よ」と言ってたし、あまり心配しなくてもいいのかもしれません。とにかく誕生が2か月後に迫り、少し不安がありつつも楽しみです。

CIMG2078armenia16-7-17.jpg
大きくなった妻のお腹にキスをするアレン。もうすぐお兄ちゃんになるね!

CIMG2077rmenia16-7-17.jpg
ちなみにアレンのために買ったプールで今日遊ばせようかと思ったら、少し咳き込んでいるのでやめました…本人も楽しみにしていたでしょうから残念です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/752-f70b765b