民族舞踊を習いにアルメニアへ 

今週に入ってから、またナゴルノ・カラバフの国境地帯で緊張が高まっています。今回は日本でほとんど報道されていないようですが、アルメニアとアゼルバイジャン両軍の間で激しい衝突が起こったのです。一時停戦の合意から3週間も経っていないというのに…一刻も早く事態が収束してほしいと思います。

また、月曜の夜10時頃、エレバン市内の路線バスが爆発、2人が死亡、8人が負傷しました。近くの建物の窓ガラスが割れるほど凄まじい爆発だったようで、車両の半分が完全に吹き飛びました。日中に私も時々利用するバスだったので、他人事とは思えません。

テロの可能性も疑われましたが、捜査の結果、容疑者が個人的な怨恨から身内を殺すために引き起こした犯行だったそうです。それが真相だったとしても、無関係な人たちが巻き込また悲劇…負傷者には子供や妊婦もいたと聞き、本当に胸が痛みます。

物騒なニュースが続いていますが、ここ最近はいろいろな人と出会う有意義な日々でした。前回の記事にも書きましたが、アルメニアの民族舞踊を習いに沖縄から来られた女性もいました。金城多寿子さんというプロのベリーダンサーで、花嫁がパーティーで踊る「ウズンダラ」というダンスを1週間ほど勉強されました。

当ブログを見つけて連絡を下さり、私と妻の方でレッスンの手配をさせて頂きました。しかし、「ベリーダンスが専門なのに、なぜアルメニアの民族舞踊?」と疑問だったので、率直に聞いてみると面白いお答えが返ってきました。

金城さんの尊敬するベリーダンスの先生は、ニューヨーク在住のアルメニア系移民の女性。その先生の手の動きなどが美しく、理由を訪ねてみたら、「アルメニアの民族舞踊の影響だ」と教えてくれたそうです。それがきっかけでアルメニアに興味を持ち始め、先生からいろいろな話を聞いたり、自分で調べたりして、実際に行って踊りを習ってみたい!と強く思うようになったとのこと。

ベリーダンスを通じた不思議な縁で、アルメニアと繋がったんですね。踊りだけではなく、沖縄出身の金城さんは、アルメニアの過酷な歴史にも興味を惹かれたそうで、実際に来てみると、やはり何か共感するものがあったそうです。虐殺記念日に彼女とお話して、私も戦争や平和などについて考えさせられました。

無事にレッスンも終え、楽しく充実した滞在になったみたいで、「またアルメニアを訪問したい!」と仰っていました。是非ともまたダンスを習いに戻って来てほしいですし、いつか日本でアルメニアの民族舞踊を披露して下さるチャンスがあればと思います。

CIMG1569armenia16-4-30.jpg 
剣道の前野先生も参加されて、みんなでアルメニア料理を食べました。


金城さんが習ったウズンダラの踊り。いくつか他の民族舞踊も習ったそうです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する