ひかりセンターの雛祭りイベント 

朝晩はまだ少し肌寒いですが、昼間はかなり暖かく、着る物が難しい時期です。それでも、次第に春になっているのを感じるので、澄んだ青空を見ると嬉しくなりますね。

さて、昨晩はひかり日本文化センターで雛祭りのイベントがあったので、家族と出席してきました。センターの玄関には、紙で作られた雛人形が飾られ、浴衣を着たアルメニア人の女の子たちが出迎えてくれました。イベントには、日本大使館の方々も来られていました。

その日の目玉は、アルメニア人の子供たちによる「不思議の国のアリス」の劇。なんと衣装も自分たちで作り、劇も全て日本語で演じてくれました。特に主役の女の子の日本語能力や演技は素晴らしかったです。いろはセンターで日本語を学んでいる子で、その優秀さを私もよく知っていますが、改めて彼女の凄さに感動しました。

イベントには妻と息子も出席しました。息子アレンは劇の意味が分かっているのかどうか知りませんが、ずっと大人しくしてくれましたね。最後に集合写真を撮っている時に、アレンが「おしっこしたい!」とアルメニア語で言い出したので、みんなで大爆笑しました。本当に子供って面白いですね。

CIMG1304armenia16-3-4.jpg
劇の最後のシーン。中央が主役のアリス。とても上手でした!他の子供たちも頑張ってくれました。

CIMG1305armenia16-3-4.jpg
劇が終わった後に、チェシャ猫を演じた子供と写真を撮りました。アレンも一端のポーズを取るようになりました。

CIMG1309armenia16-3-4.jpg
浴衣を着てもてなしてくれた女の子と記念撮影。実は、私が家庭教師で日本語を教えている子です。

CIMG1310armenia16-3-4.jpg
ひかりセンターの子供たちが紙で作った雛人形。とても良くできていて感心しました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/717-7b06d10f