私の言語習得方法 

ここ数日、雨が降ったり止んだりの不安定な天気です。雨が降ると寒いし、朝から空がどんよりしていると気が滅入りますね。

さて、前回の記事に、国立大学のテスト中に学生を厳しく叱ったという話を書きましたが、今日は言語大学のテストで学生の一人を厳しく叱りつけました。以前から授業を休みまくって全く勉強しないし、それを悪びれる様子もなく言い訳ばかりするので、今日は片っ端から論破して反省させました。

ちなみに、相手はあまり日本語が分からない学生なので、私はほとんどアルメニア語で叱っています。実は、私にとって一番の言語習得方法は「怒ること」なのです。南米コロンビアでスペイン語を習得できたのも、学生を厳しく叱った経験が大きいです。なんせコロンビアの学生のマナーの悪さは、アルメニアの学生が可愛く思えるほど凄かったですから…でも、コロンビアは永住を考えたほど大好きな国です。

私は言語を学ぶ際に、学校に通ったり教師を雇ったりせず、いつも独学で勉強します。「そんなんで大丈夫?」と思うかもしれませんが、英語もスペイン語もアルメニア語も、実際に使う機会が多い旅行中や現地の国で勉強したので上達はかなり早かったです。しかも、現地人といつも面と向き合う日本語教師という仕事をしていると尚更です。

なぜ「怒ること」が一番の言語習得方法かというと、誰もが怒っている時は何としてでも相手に自分の意見や考えを分からせてやる!という気持ちになりますよね。それは向こうも同じことで、お互いの価値観やプライドがぶつかり合う状況な訳です。そうなると、たとえ言葉が下手でも、とにかく相手を説き伏せるために頑張って話すし、もし言い負かされたら、「次は見ていろ!」と後で一生懸命勉強します。

コロンビアで教えていた時も、カンニングが半端なくひどくて、何度も学生を叱りつけました。しかし、コロンビア人も自分の非を認めず言い訳ばかりしてきます。カンニングペーパーを持っているのを見つけて叱っても、「持っていたけど見てないから俺は悪くない!」と理不尽に逆ギレされて、スペイン語ができなかった当初は言い負かされていました。それが悔しくて、次こそは負けてたまるか!と必死で勉強しました。

その甲斐あって、1年後に同じように逆ギレしてきた学生に、「例えばコカイン持っているのを警察に見つかった時に、持っていたけど使ってないから無実ってお前は言うのか?そんな言い訳が通用すると思ってんのか!カンニングペーパー持っている時点でダメに決まってるやろ!」とスペイン語で叱ると、向こうは何も言い返せませんでした。あの時は、「ついに勝った…」と感無量でした。

それはアルメニアでも同じで、学生を叱りつける時に一番アルメニア語が上達しているように感じます。もちろん、なるべく怒りたくはないし、私も短気な方ではありませんが、教師をやっていると避けられない状況があります。ところで、この「怒る」という言語習得方法を授業で生かせないかな?と真剣に考える時があるんですが、そのために学生をむやみに怒らせる訳にもいかないので難しいでしょうね…


息子アレンも日本語をどんどん習得しています。語彙や表現も増えているし、私や妻と話す時は日本語、妻の家族にはアルメニア語とちゃんと使い分けています。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/685-23b5e38a