長男が幼稚園に入園! 

今週に入ってから毎日のように雨が降って、夜は少し寒いぐらいです。先週まですごく暑かったので過ごしやすいです。来週から大学が始まると、毎日いやでも外出するので、このまま涼しくなってくれると助かりますね。

さて、9月1日から新学期が始まります。ずっと教鞭を取っている言語大学では1つクラスが増えますし、時間の都合が合えば国立大学でも教えることになるかもしれません。夏休み中に家庭教師も増えたので、けっこう忙しくなりそうです。どうせ言語大学の給料は全く増えずに月50ドルのままでしょうから、頑張って働かないと…

DSC03058armenia15-8-27.jpg 
音大生の西下さんたちとレストラン櫻田で再会しました。中央の女の子は国立大学の学生で、一度だけ私が教えたことがあり、「9月から教えてくれないの?」と言われました。時間に余裕があれば是非やりたいと思っています。

実は、長男も9月から新生活が始まる予定です。というのも、タイトルにあるように、幼稚園に入園することになったのです。まだ2歳になってないのに幼稚園…ちょっと早過ぎへんか?幼稚園はアレンの歳を間違えてるんちゃうか?とイマイチ信じられない気持ちがあったのですが、今週正式に入園手続きを済ませたので本当のようです。

まあ、妻は先週から日本語通訳の仕事で毎日出勤しているし、私も大学の授業で朝から出掛けます。幼稚園に通わせれば、義母と義祖母もアレンの世話から少し解放されて楽になるでしょうから、いろいろと助かることは確かです。

とはいえ、普通は3歳から通うので、自分より大きな子供たちに囲まれてアレンは大丈夫でしょうか…ハーフで顔つきも違うし、まだちゃんと話せないし(しかも日本語が混ざってる)、「魔の2歳」と呼ばれる難しい時期になるし…と、私も妻も不安の方が大きいです。私はアルメニアの幼稚園のことは良く分かりませんからね。

しかし、子供って親が思っている以上に順応性があります。また、近所の子供たちはアレンをいつも可愛がってくれるので、慣れてしまえば一人で遊ぶよりいろんな子供と過ごす方が楽しいでしょう。協調性や自立性なども身について精神的に成長するのではないでしょうか。

どうしても馴染まなければ、もともと通わせるには少し早い訳ですから、別に辞めさせても問題ありません。とにかく、アレンにとって大きな生活の変化が始まりますが、無事に楽しく過ごしてほしいと思います。

DSC03007armenia15-8-27.jpg 
ピアノを弾くアレン。ただ手を叩きつけているだけですが楽しそう。幼稚園で一緒に遊ぶ友達ができたらいいんですけどね。

DSC03025armenia15-8-27.jpg
看護師だった義母の聴診器で妻を診察するアレン。そういえば、歯が生えたお祝いの職業占いで、アレンは聴診器を選びました。(こちら)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/669-e7e46fc0