東京音大生によるピアノ演奏 

ここ最近は夕方以降に風が吹くし、昨晩は久々に本格的な雨が降って、けっこう涼しかったです。40℃を超える暑い日が続きましたけど、夏も終わりに近づいているのかもしれませんね。

昨日は、田口日本大使が在留邦人とその家族を公邸に招待して下さり、みんなで夕食を頂きました。途中から天気が崩れましたが、美味しい料理とお酒に舌鼓を打ちながら、会話にも花が咲いて楽しい時間を過ごすことができました。数少ない在留邦人にとって、貴重な交流の機会になったと思います。田口大使ご夫妻と大使館職員の方々に感謝です!

さて、一昨日は、ここに旅行に来ている東京音大の西下航平さんと食事しました。私のブログを見てくれていたそうで、「アルメニアで是非お会いしたい」という連絡をもらって、妻子と私の家庭教師の学生を連れて会ってきました。同じくアルメニアに旅行に来ているロシアに留学中の女子大生も参加してくれました。

事前に、西下さんから「ピアノがある場所だといいのですが…」という希望を聞いていたので、ピアノが置いてあるアルメニア料理のレストランを予約しました。味にも定評のあるレストランで、二人とも「すごく美味しい!」と喜んでくれました。

食事が落ち着いてから、西下さんにピアノを弾いてもらいました。最初に演奏してくれたのは、アラム・ハチャトゥリャンのピアノソナタ。彼は大学院で作曲を勉強していて、今の研究テーマがアルメニアのクラッシック音楽なのだそうです。とても素晴らしい演奏でした。他に日本の童謡なども演奏してくれて、私の学生も大喜びでした。

また、音楽のプレゼントだけでなく、「ここの日本語・日本文化教育に少しでも役に立てば…」と、本や折り紙なども頂きました。はるばる遠い日本から素敵なプレゼントをたくさん持って来てくれて有難い限りです。西下さん、どうもありがとうございました!お会いできて良かったです。

DSC03045armenia15-8-23.jpg
お二人がアルメニアの料理とお酒を気に入ってくれて良かったです。

DSC03049armenia15-8-23.jpg
ピアノを演奏する西下さん。素晴らしい演奏に、レストランの従業員も拍手していました。即興でアレンジして演奏できたりとさすがです。

DSC03050armenia15-8-23.jpg
私の学生もコミタスを演奏してくれました。実は私、彼女がピアノを弾けるって全く知りませんでした。


本人は「お酒を飲んだ後だったので…」と言って、あまり納得する演奏じゃなかったようですが、とても素晴らしかったです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/668-2c6915d4