聖母マリアの被昇天の日 

東京五輪は、国立競技場の建設見直しに続き、エンブレムのパクリ疑惑で揉めていますね。母国・日本の威信がかかった大イベントですけど、あまりにアホな問題が次々と起こるので呆れています。

ここ最近は本当に暑くて、義祖母が体調を崩してしまいました。お年寄りには相当こたえると思います。今日、家庭教師の帰りにバスの窓から、道に人だかりができているのが見えました。必死で扇子をあおいでいる人がいたので、恐らく誰かが暑さで倒れて人が集まっていたのでしょう。

アルメニアに対して寒いイメージを持つ人が多いと思いますが(確かに冬はとても寒い…)、当ブログで何度も書いているように、夏は40℃を超える暑さになります。乾燥しているので日本より過ごしやすいですが、この時期に来られる方は熱中症にお気をつけ下さい。

さて、先週の日曜は、「聖母マリアの被昇天の日」というキリスト教の祝日でした。聖母マリアが人生を終えて昇天したことを祝う日で、アルメニアではブドウなどの夏の果物も祝福するそうです。この日、教会では特別なミサが行われます。

私たち家族も、夕方に近所の教会へ礼拝に行ってきました。ミサの時ではなかったので人が少なく、静かにお祈りできました。お祈りする際にはロウソクを買って火を灯すのが慣わし。息子はいつも自分で火を付けようとするのですが、毎回うまくできずにロウソクを折ってしまいます。今回も初めに1本折ってしまいました…

しかし、2本目は少し妻の助けを借りながら、何とか火を灯して立てることに成功。厳かな雰囲気なので、小さな声で「アレン、すごい、すごい!」と褒めると、とても嬉しそうにしていました。いろいろできることが増えるので、見ていてこちらも嬉しくなります。

DSC03012armenia15-8-19.jpg
妻のおじさんの車で教会に行きました。おじさんがいない間、運転席で面白そうにハンドルを握るアレン。とにかく車が大好き。

DSC03024armenia15-8-19.jpg
奥の一本が、アレンが初めて自分で立てたロウソク。中央の曲がりくねったのが、アレンが折ったもの。これからも家族の健康と幸せが守られますように!

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/667-eb986c89