いろはセンターの七夕イベント 

最近少し暑さが和らいだと思っていましたが、今日はまた暑かった!真夏ですから当然ですけどね。それでも乾燥しているので、朝晩は過ごしやすいです。

懲りずにまた安保法案の話題。個人的にどうも引っ掛かるんですよね…それは、今回のプロセスに問題があると感じるからです。だって、憲法第9条をどう読んでも集団的自衛権は認められない内容ですし、それを合憲とした判例も砂川判決含めてありません。たとえ当時の米国政府の押し付けだったとしても、憲法は全ての法律の上に立つもので、国のあり方を定める根本。それを時の政府が自由に解釈変更できるなら、憲法の存在意義がありません。

私はガチガチの護憲派でもないし、安保法案もちゃんと国民の理解と合意を得ているなら成立することも認めます。それが民主主義というものですから。ただ、正式なプロセスを経ずに政府が憲法解釈を変更してしまうのは頂けません。政府としては、憲法改正というプロセスはハードルが高いから閣議決定や強行採決という手を使ったんでしょうけど、やはり立憲政治を蔑ろにする悪しき前例になるのではないでしょうか…

さて、月曜の夜は、バレエを見に行ってきました。ブログでも紹介した日本人バレエダンサーがまた招待してくれたんです。今回は、ストーリーはなく、次から次へと様々な踊りを見せる内容でした。分かりやすくて、とても楽しめました。招待してくれた河上君は、全体の半分ぐらいの踊りに参加する大活躍でした。本当に見応えのあるバレエを見せてくれて、どうもありがとう!

DSC02486armenia15-7-22.jpg 
満場の拍手を浴びるダンサーたち。本当に素晴らしかった!

DSC02494armenia15-7-22.jpg 
バレエ終了後、舞台裏に挨拶に行きました。厳しい練習の成果を、一瞬の舞台で見せる彼らには感服します。

あと、日曜はいろは日本文化センターで七夕のイベントが行われたので、妻と一緒に行ってきました。まず織姫と彦星の劇がありました。学生たちは全て日本語で演じましたし、けっこうコミカルな内容になっていたので面白かったです。その後は、みんなでそうめんを食べました。いやあ、美味しかった!やっぱり暑い夏には最高ですね!

また、南江副会長が抹茶セーキを振る舞ってくれたり、みんなで短冊に願いごとを書いたり、浴衣を着た学生たちがエレバン中心部を練り歩いたり、盛りだくさんの内容でした。とても楽しい時間をありがとうございました!

DSC02470armenia15-7-22.jpg 
織姫と彦星の劇をする学生たち。全て日本語で演じた彼らもすごい!

DSC02473armenia15-7-22.jpg 
劇が終わった後に、みんなで記念撮影。

DSC02475armenia15-7-22.jpg 
みんなでそうめんを食べました。学生たちも気に入って、たくさん食べていました。本当に美味しかった!

DSC02476armenia15-7-22.jpg 
南江副会長による抹茶セーキの紹介。いつものゆるい感じの説明が楽しかったです。それに、抹茶セーキも美味しかったですよ。

DSC02479armenia15-7-22.jpg 
願いごとを書いた短冊を木にかける学生。願いごとは何かな?

DSC02484armenia15-7-22.jpg 
浴衣を着た学生たち。暑い昼間だったので、あまり人はいませんでしたが、やっぱり注目を集めましたね。今年も日本人会で浴衣祭をしないと。昨年の浴衣祭の記事はこちら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/659-efc91ae5