奥井紫麻ちゃんのピアノコンサート 

何だかまた天候が不安定になってきました。晴れているかと思ったら、急に黒い雲が出てきて雨が降り始めます。にわか雨なのですぐ止みますが、外出時には傘を持った方がいいですね。

さて、5月28日は「1918年の共和国樹立の日」で祝日でした。その日、エレバンでは青少年国際音楽祭が開催され、日本からも奥井紫麻(しお)ちゃんという11歳の女の子が参加しました。その日は忙しくて音楽祭を見ることはできませんでしたが、紫麻ちゃんは何とアルメニア・フィルと共演したそうです。すごいですよね!

しかし、その前日に紫麻ちゃんはヒカリセンターでもミニコンサートを開いてくれて、私も家族と聞きに行きました。少し照れながら舞台に上がった紫麻ちゃんは、とても可愛らしい女の子ですが、いざピアノを弾き始めるとすごく上手で驚きました。それもその筈、彼女はすでに様々な国際コンクールで優勝している才能あるピアニストなのです。その美しい音に、観客も拍手喝采でした。

コンサートの後は、ヒカリセンターの子供たちと一緒に折り紙をしたり、お菓子を食べながら歓談しました。ピアノは世界が認める腕前ですが、やっぱり11歳の女の子。話し方や笑顔が可愛らしかったです。紫麻ちゃんのお母さんともお話しましたが、アルメニアは今まで訪れた国の中でも、最も遠くて情報の少ない国だったそうです。

あと、興味深かったのは、日本の音楽コンクールは正確さなどを重視するが、海外のコンクールは正確さよりも個性を重視するというお話。その人の内面から出てくる音が何より大事な審査基準なのだそうで、それって日本と海外の学校教育の違いにも共通することですよね。

紫麻ちゃん、遠いアルメニアで素晴らしい演奏を聞かせてくれてありがとうございました!「ピアノは楽しい!」と言っていましたが、もちろん大変な努力をしていることでしょう。これからも頑張って、将来のクラシックピアノ界を盛り上げてほしいと思います。

DSC02088armenia15-5-30.jpg

DSC02092armenia15-5-30.jpg
コンサートの後、ヒカリセンターの子供たちと一緒に折り紙を作る紫麻ちゃん。こんな時はどこにでもいる11歳の女の子です。


紫麻ちゃんの演奏動画。本当に上手で聞き入ってしまいます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/645-4a3538d2