日本関連イベントが目白押し! 

天気が安定してきて、一気に暑くなりました。昼間は半袖で十分な暑さで、夏が来た!という感じです。

さて、19日に行われたユーロビジョンのセミファイナルにアルメニア代表ジニオロジーが出場し、見事ファイナル進出を決めました!国籍の異なる6人の歌手によって構成されたグループは、ユーロビジョン始まって以来じゃないでしょうか。明日のファイナルでも頑張ってほしいと思います。


セミファイナルの動画です。

今週は、日本関連イベントが目白押しでした。招待されたこともあり、その全てに参加してきました。まずは、ヒカリセンターの灯篭流し。ヒカリセンターは、毎年夏に子供たちが作った灯篭と千羽鶴を広島に送る活動を行っていますが、今年はなんと、広島の子供たちがアルメニアに灯篭を送ってくれたのです。月曜の夜、その一部を虐殺の犠牲者追悼のために流しました。

虐殺記念碑に花と黙祷を捧げてから、近くの公園に流れる小川に灯篭を流しました。初めに灯篭を流す大役をしたのは、我が息子アレン!本人は何にも分かっていないんでしょうけど、大勢の人やメディアが見守る中、無事に役目を果たしました。今後も、このような両国の交流が続いてほしいと思います。

DSC02041armenia15-5-22.jpg 
アレンも記念碑に献花しました。

DSC02042armenia15-5-22.jpg 
参加者全員で犠牲者のために黙祷を捧げました。

DSC02044armenia15-5-22.jpg 
記念すべき最初の灯篭をアレンが流しました。


現地ニュースでも報道されました。なぜかサムネイルが表示されませんが、クリックするとちゃんと動画が流れます。アレンは最後の方に出てきて、両国友好のシンボルと紹介されています。

火曜の夜は、日本人のパントマイムパフォーマンスを観に行きました。パフォーマーは井上真鳳(まこと)さんで、3年前にもエレバンで公演されたそうですが、私は今回が初めて。共演する予定だった女性が日本を発つ前に事故に遭ったため、急遽お一人の舞台となってしまいました。しかし、動揺することなく、能楽「道成寺」を元にしたソロパフォーマンスを見せて下さいました。

予め用意された音に合わせて、男女二役をパントマイムで演じ切った井上さんに、観客から盛大な拍手が送られました。けっこう前衛的な演劇でしたが、見応えがあって面白かったですね。次回また機会があれば観に行きたいと思います。

DSC02050armenia15-5-22.jpg
不思議で独特の世界観のある舞台でした。

そして水曜の午後は、アルメニア国会議事堂の庭で桜の苗木の植樹式が行われました。両国友好の証として日本から贈られたソメイヨシノ3本とエゾザクラ2本が、原田大使とアルメニア人国会議員らの手によって植樹されました。大きく育って、いつか満開の花を咲かせてほしいと思います。そういえば、3年前に片岡さんと香川大学が植えてくれた言語大学の桜も成長して、今では私より大きいくなっています。

もうすぐ正式に駐アルメニア日本大使が来られるので、今回が原田大使の最後のアルメニア出張になります。いつも気さくに、「やあ、元気にしてる?」と声を掛けて下さった原田大使は、桜の植樹式の時も、「会えて良かった。長谷川さんにはちゃんとお礼を言いたかったんだ。いろいろお世話になったね」と仰って下さいました。

実は、ここに大使館ができるまで、私は在ロシア日本大使館からの依頼で外交業務のお手伝いをしたことがあるのです。その感謝の気持ちを、アルメニアの政府要人やマスコミに囲まれている中、わざわざ私に直接伝えて下さって嬉しく思います。少しでも在留邦人と触れ合おうとされる真摯な姿には胸を打たれました。原田大使、こちらこそありがとうございました!

DSC02071armenia15-5-22.jpg
言語大学の桜。2本ありますが、どちらも順調に大きくなっています。

DSC02061armenia15-5-22.jpg
アルメニアの国会議員らと桜の植樹をされる原田大使。

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/642-994f7e5a