アルメニアに戻りました! 

ご無沙汰しています。約3週間ぶりの更新ですね。昨日、家族と共にアルメニアに戻ってきましたが、旅の疲れがまだかなり残っています。その上、日本を発つ日に危うく飛行機に乗り遅れそうになるトラブルがあり、余計に疲れました。

というのも、チェックイン時に荷物の数量と重量オーバーを指摘されてしまったのです。ただ手荷物の一つは、子供のおむつや食べ物などが入ったもので、アルメニアの空港では、「じゃあ大丈夫!」と全く問題になりませんでした。それを伝えると、「では調べてみます」と言ったきり返答がない…

預け荷物はどうやっても少し重量がオーバーしそうなので、超過料金がいくらか聞くと、「調べてみます」と言ったきり、これも返答が中々ない。何度か聞き直しても、「今、調べていますので…」と答えるのみ。そうこうしているうちに出発時間が迫ります。

「一体どうなるんや?」と不安になってきた頃、やっと返答が!しかし、「子供のものでも例外扱いできない」、「超過料金は3万円」という厳しい内容…手荷物は無理やり何とかしましたが、手元には2万ほどしかなく困り果てました。

が、なんと担当職員が荷物の重量を計り間違えていたことが発覚!改めて計算し直すと、超過料金は1万円。それも私にとっては決して安くないですが、とりあえず払える金額です。もう時間もないし、お金を払って領収書を貰おうとすると、今度は向こうが領収書を書き間違えるトラブルが発生!なんでこんな時に間違えるんやあ!

最後は、職員に誘導されながら急いで搭乗口に向かい、なんとか間に合いました。お蔭で、出国手続きも荷物検査も全く待たずに先頭で通れましたが…予想外のトラブルでバタバタして、見送りに来てくれていた片岡さんとゆっくり別れの挨拶ができませんでした。すみません、片岡さん…

DSC01568armenia15-4-15.jpg 
出発時間が迫る中、片岡さんと写真を撮りました。笑っていますが大変でした…この後、急いで搭乗口まで向かいました。しかし、なんでいつも何か起こるんやろ?

明日は大学で試験をする予定だったので、疲れた体に鞭打って試験問題を作り、大学に手続きに行ってきました。しかし、手続きが終わった直後に学生たちから、「勉強が間に合わないので、試験日を遅らせてください」というメールが!大学事務所に問い合わせると、「明日はいくつか難しい試験があるから、遅らせてあげたら?」という何ともゆるい返答…

別に遅らせてもいいけど、3週間近く時間があったのに、なんで勉強してないんや?大学も、そんな我がままな理由をあっさり認めたらアカンやろ?こんなことなら、今日は家でゆっくり休めたのに…帰って早々アルメニアの洗礼を受けました。まあ腹が立つよりも、「アルメニアに帰って来たんだ!」と、ちょっと感慨深かったです。

何かと時間やルールに厳しすぎる日本と、ゆるくてのんびりしたアルメニア。どっちもどっちで、足して2で割るとちょうどいいのかもしれないと、ここ最近のトラブルを通して改めて思いました。

上記のようにいろいろあって、旅の余韻に浸る余裕がまだありません。無事に旅を終えることができて良かったという安堵感が強いです。少し落ち着いたらブログでご紹介しますが、とにかく素晴らしい旅行になりました。これも全てお世話になった方々のお蔭です。本当にありがとうございました!

ちなみに、帰宅すると、庭のが花を咲かせていました。日本の桜も美しかったですが、遠いアルメニアで頑張って咲いた桜も美しいです。

DSC01579armenia15-4-15.jpg 
可憐に咲いた自宅の桜。私たちの帰りを待ってくれていたようでした。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/629-90a18585