未来のための投票 

今日、日本では衆院選挙ですね。アルメニアには日本大使館がないため、私は在外投票もできません…来年ここにも日本大使館が開設される予定なので、来年もし選挙があれば投票できますけどね。

日本の選挙って、投票前にほとんど空気やムードで結果が決まっていることが多く、今回も自民党圧勝という結果が大方の予想です。まあ、野党はあまり存在感がないみたいですし、イマイチ争点がはっきりしないとも言われていて、このままだと本当に圧勝でしょう…

海外に住み、今回投票できない自分があまり偉そうに言えませんが、選挙は今後の政権を決めるだけではなく、日本の将来の行く末に大きく影響するもの。やはり選挙に参加できる方は、マスコミの報道やムードなどに流されず、よく考えて投票してほしいと思います。そう考えた時に思い出すことがあります。

約8年前、デンマークに友人を訪ねて行った時の話です。その時は友人夫婦のお宅にお世話になっていました。私と同じ元バックパッカーだった二人とは中国で知り合った仲。デンマークで再会した時は、結婚して二児の親になっていました。

彼らが住む北欧デンマークは、福祉が大変整った国として有名です。しかし、そのために税金も異常に高くて、消費税25%、所得税は50%以上!車購入に掛かる税金は何と180%らしいです。これと比べたら、日本の消費税アップなんて可愛らしく見えてきます。

その夫婦に、「デンマークの税金や物価は高いと思う?」と聞くと、すぐに「もちろん高いよ!」と呆れた顔で答えが返ってきました。しかし、彼らは続けて、「でも、それが社会にちゃんと還元されて、例えば教育や医療が無料だから、子供を持つことにも前向きになれる。僕たちは世界中を旅行したけど、自分たちの国はとても住みやすいと思う。この社会を子供や孫の世代にも残していきたい。そのためなら、もし今より税金が上がったとしても払うよ」と言いました。

当時、日本は第一次安倍政権時代で、「美しい国」という本が売れたり、愛国心教育という言葉が盛んに使われたりしていました。しかし、私はその友人夫婦の話を聞いた時、これが愛国心というものじゃないかと気づかされたように感じました。

盲目的に自分の国は素晴らしいとか、他国と比較して優れていると誇ることではなく、「自分たちの国は住みやすいし好きだ。この社会を維持すために努力する。そして未来の世代により良い社会を残していきたい」そう自然に思えることが真の愛国心だと思うのです。

もちろんデンマークにもいろいろ問題がありますが、国民の多くは少しでも良くしようと常に政治への関心が高いです。だから投票率も毎回90%以上だそうです。日本もデンマークも、選挙が国民にとって最も大切な政治参加の手段であることは同じ。自分たちの未来のために、まだ少し時間がありますから、ぜひ投票に行きましょう。

DSCN0863armenia14-12-14.jpg
自分も子供ができて、彼らの世代のために何ができるかを考えます。より良い社会を残していく責任は、今を生きる私たちにあるのです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/596-1e478f00