朝から事件です! 

応援していたコロンビア、残念ながらブラジルに負けて準決勝進出はなりませんでした。まあブラジルも大好きな国なので、それほど悔しくはありませんが、とりあえずコロンビアがW杯で活躍して良い意味で注目集めたことは嬉しく思います。

さて、昨日あるアルメニア人に、「日本は憲法を改正して、戦争ができる国になったんだろ?」と聞かれました。こちらでも集団的自衛権容認のことは報道されていましたが、意外と関心持って見ている人がいるのだなあと驚きました。一応、「憲法はまだ改正されていない」と訂正しておきました。しかし、「戦争ができる国になった」という部分はちょっと否定し難い…

例えばアフガンやイラクの時のように、米国が相手に濡れ衣を着せて始めた理不尽な戦争なんかで、将来日本が軍事行動に参加するようなことはないんでしょうか(首相は絶対ないと言っていますが…)。また、憲法解釈の変更を閣議で決定するという前例を作ってしまうのもどうなんでしょうか…などと、子供がいる今は余計にいろいろ考えてしまいました。

ところで、昨日の朝はびっくりして目を覚ましました。というのも、長男がベッドが転落したのです。私も妻も本当に驚いて、そして焦りました。

早朝に長男がぐずって起きたので、妻が子供用ベッドから抱き上げて母乳をあげました。落ち着いたので、そのまま私たちのベッドに寝かせていたら、どうもまた起き上がり自分でハイハイで進んで落ちてしまったようです。私も妻も寝てしまって気がつきませんでした。

突然、ドンッ!という音が聞こえて、「エッ、何?ま、まさか?!」と飛び起きるとベッドの下で長男が倒れていました! 「ア、アレン!!!」と心底驚いて、急いで抱き上げると爆発したかのように泣き始めました。どこを打ったのか、どこか怪我していないか心配して見てみましたが、幸いどこも大丈夫でした。

もちろん本人は痛くて怖かったはずなので、大声で泣きじゃくりまくります。しかし音が出るおもちゃを見せると、すぐに泣きながらも笑い始め、最後はケラケラといつもような笑顔に戻りました。その間5分もかからず、私たちもホッと安心しました。

子供は痛い目に遭って学んでいくから過保護なのもダメですが、今回は完全に親の不注意による事故。何もなくて本当に良かった…ハイハイやつかまり立ちなどできることが増える分、行動範囲が広くなってもっと危なくなりますからね。今後は更に注意しないといけないなと反省する出来事でした。

DSCN7607armenia14-7-6.jpg
何もなくて良かったけど、今回は辛い思いをさせて本当にごめんね…これからは気をつけます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/555-f5794da0