俳句コンテストの表彰式 

W杯、ウルグアイに勝ってコロンビアが初のベスト8進出!ロドリゲス、すげー!日本がいない今、是非ともコロンビアに頑張ってほしいです。住んでいた時に永住も考えたほど大好きな国なんですが、当時は麻薬やゲリラなど悪いイメージばかりが先行していました。そのコロンビアがW杯という晴れ舞台で活躍しているのは嬉しい限り。

さて、木曜日にヒカリ日本文化センターで、JAL財団主催の「世界こどもハイクコンテスト」に応募した子供たちの表彰式が行われたので、私も妻と出席してきました。このコンテストは、日本文化理解のために、毎年世界中の子供たちに共通のテーマで俳句を母国語で作ってもらうというもの。

応募したヒカリセンターの子供たちは入賞までは行きませんでしたが、その頑張りを称えて、駐日アルメニア大使のフラント・ポゴシャン氏から賞状が手渡されました。時間の関係で、応募作品の俳句を聞くことができず残念…アルメニアの子供たちがどんな俳句を作ったのか興味があります。

しかし表彰式の後、音楽学校に通う子供たちが素晴らしい歌や演奏を聞かせてくれましたし、立食パーティーでは、「ひろしま・祈りの石の会」の方々やポゴシャン大使ともお話ができて楽しい時間を過ごすことができました。

他の在留邦人も出席していたので、その後みんなで食事に行きました。行ったのは、Vienna RibsというBBQレストラン。ずっと前に日本人会ブログで紹介されたことがあります(こちら)。私は、元副会長夫妻と共に食事して以来ですから2年ぶり。他のメンバーは初めてだったようです。やっぱり何を食べても美味しかった!ビールも美味しいし、また行きたいですね。

DSCN7457armenia14-6-29.jpg
子供たち一人ひとりに賞状を手渡すポゴシャン駐日アルメニア大使。

DSCN7461armenia14-6-29.jpg
アルメニアの伝統楽器カノンを弾く女の子。

DSCN7464armenia14-6-29.jpg
二人の子供たちによるチェロ演奏。本当にみんな上手でした。

DSCN7477armenia14-6-29.jpg
その後、みんなでBBQレストランに行きました。ドイツやチェコのビールも置いています。

DSCN7474armenia14-6-29.jpg
大きなスペアリブ。美味しくて、まだまだ食べられそうでした。


話題と全く関係ないんですが、長男のつかまり立ちの様子を撮った動画です。一生懸命な姿が何とも可愛らしい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/553-00fe43e5