杏で花見パーティー! 

かなり暖かくなった今日この頃。というか、日中は少し暑いぐらい。さすがに4月中旬ですからね。子供も気軽に外に連れ出せます。

さて、先週の日曜は、アルメニアで「ツァフカザルト」という名のキリスト教の祭が行われました。意味は花飾りで、イースターの一週間前に行われます。キリストがエルサレムに入城した際、住民がオリーブの枝を持って歓迎したことに由来しているそうです。アルメニアにはオリーブがないので、春の訪れを感じさせるネコヤナギの枝が飾られます。

しかし、今年はこの祭を見なかったので、詳しくは過去の記事をどうぞご覧ください(こちら)。では、何をしていたかというと…花見に行ってきました!

花見といっても、桜ではなく杏の花。先日、私が図書や浴衣などを寄贈したヒカリセンターで日本語を学ぶ学生の別荘に遊びに行ってきたのです。「別荘があるの?!すごい!」と思われるでしょうけど、ソ連時代には一般的だったダーチャと呼ばれる簡易別荘で、別にお金持ちじゃなくても持っている人はいます。

当日は、ヒカリセンターで日本語を教えるルザン副会長と学生、そして私たち在住日本人、総勢20人近いグループでバスを借り切って、ルサケルトという村にあるその別荘に行きました。途中、アルメニアのパン・ラヴシュの伝統的な工房に寄ったりもしました。しかし、ちらほら見える杏の花は、まだ2分咲きぐらい…エレバンより標高が高いので、花が咲く時期も遅いようです。

DSCN0138armenia14-4-16.jpg 
薄く延ばしたパン生地を地中に掘った釜の壁面に貼り付けて焼きます。焼きたては美味しかった。

別荘の庭にある杏の花も、やっぱり2分咲きでした。まあとにかく咲いてはいるし、花見って結局みんなで楽しく食べたり飲んだりするのがメインですからね。とりあえず杏の木の下にテーブルや椅子を並べて、それぞれ持ち寄った食事や飲み物を置いて、アルメニア初の花見がスタート!

DSCN0144armenia14-4-16.jpg 
おにぎりや巻き寿司、ちらし寿司なども並んで、とても豪華な食事。

予想通り食事と会話で盛り上がって、とても楽しいパーティーになりました。一人ずつ日本語で自己紹介したり、持ってきたギターを弾いて、みんなで日本の歌を歌ったりもしました。外で飲むお酒も美味しかったです(もちろん未成年の学生は飲んでません)。

途中、何と私の誕生日を祝ってケーキも登場しました。前日は私の40歳の誕生日だったんですよね。まさか祝ってくれるとは思わなかったので、とても嬉しかったです。 

DSCN0147armenia14-4-16.jpg 
持参したギターを弾いて、日本の歌をいろいろ歌いました。

DSCN0156armenia14-4-16.jpg 
誕生日ケーキも登場。40歳の誕生日は、アルメニアではあまり祝ってはいけないらしいんですが、まあ翌日だし大丈夫でしょう。

DSCN0153armenia14-4-16.jpg 
息子も連れて行きました。ハンモックに揺られての~んびり。

2,3時間すると空が曇って寒くなったので、別荘の中に入ってパーティーを続行。今度は持ってきたカラオケで盛り上がりました。学生の多くは日本のアニメやドラマが大好きで、「ととろ」とか歌っていました。カラオケで日本の歌を歌うなんて初めて!という子ばかりで、とても楽しい思い出になったようです。

とにかくアルメニア初の花見、大成功でした。来年もまた集まってやりたいですね。

DSCN0164armenia14-4-16.jpg 
ととろのテーマ曲を歌う学生。アニメやドラマの歌なら、みんなけっこう知っているんですよね。

DSCN0167armenia14-4-16.jpg 
何だかカラオケボックスみたいになっていますね。今回別荘を使わせてくれた学生には感謝です。本当に楽しい1日になりました!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/531-8d0e90a9