アルメニアもウクライナのようになるか 

昨晩は久々に雨が降りましたが、今日はすっきりした晴天です。最低気温も0℃を下回らなくなってきました。もうすぐ3月ですもんね。

さて、ウクライナ情勢ですが、正直ロシアの後ろ盾を得た旧政権がこんなに早く倒されるとは思いませんでした。今後ウクライナがどうなっていくのかはまだまだ予断を許しません。しかし、今回の革命は起こるべくして起こったと、私は理解しています。

8年前に訪れた際、親切なウクライナ人カップルと仲良くなりました。同じく旅好きの彼らと意気投合し、結局彼氏のアパートに1ヶ月近くお世話になってしまいました。こちらが気を使って出ようとすると、毎回「どうして?もっといなよ!」と、彼女も一緒になって引き止めてくれる超フレンドリーな二人。

彼らは親欧派の西部出身ということもあり、ロシアに強い反感を持っていました。ホロドモールと呼ばれる旧ソ連が引き起こした人工的大飢饉のことも、彼らから聞いて初めて知りました。彼らがいつも批判していたのは、腐敗した政府や社会。様々なところで賄賂がまかり通り、政治家や財閥などごく一部の人間が搾取によって裕福な暮らしを送っていました。「ソ連が残した負の遺産だよ!」と、彼らは吐き捨てるように言いました。

彼らも別に、欧州の価値観が絶対正しいとは思っていませんが、ソ連的体質を嫌い、より民主的な欧州に近づきたいと考えるウクライナ人は多かったです。そういう民衆の気持ちが、今回の革命の大きな原動力になったのは確かです。とはいえ、親ロシア派の東部との溝が一層深まった上に、経済は破綻しかけているので、今後ウクライナは多くの困難を乗り越えていかなければいけないでしょう。

このウクライナ情勢を、旧ソ連諸国の政府は苦々しく思っているはずです。アルメニアも状況はよく似ていて、政治家や財閥が大部分の富と力を牛耳り、多くの国民は苦しい生活を強いられています。政府当局は腐敗がひどく、関税同盟参加を決定するなどロシアに擦り寄ってばかり。では、アルメニアでも、ウクライナのようなことが起こるかというと…

私は、それはちょっと難しいのではないかと思っています。ウクライナに比べると、地理的に欧州から遠く離れ、国土も小さく人口も少ない小国で、資源もありません。また、ロシアなしでは生きていけないほどエネルギーや防衛面で依存していますし、人々もそれほどロシアを嫌ってはいません。何よりアルメニア人が、いろいろ不満を持ちつつも、政権を打倒するほどの激しい抗議行動を起こすとは思えません。

しかし、ウクライナ情勢の急激な展開を予想できなかったのと同様、アルメニアに大きな変革が起こらないとは誰も言い切れません。時代の大変化というのは、得てして人の想像を遥かに超えた流れで起こるものですからね。

DSCN5225armenia14-2-27.jpg 
友人のウクライナ人カップル。4年前にアルメニアに遊びに来てくれた時の写真。相変わらず一緒にいて楽しい二人でした。国は混乱していますが、二人共元気で無事。ただ、今回多くの犠牲が出たことにかなり胸を痛めています…友人のためにも、ウクライナの明るい未来を祈っています!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/517-82a946b0