給料、大幅カット! 

かなり寒い日が続いています。秋をすっ飛ばして冬が来ちゃったかと思うような寒さ…まだ10月とはいえ、暖房を入れたくなってしまいます。そんな寒さの中でも、言語大学のは頑張っています。

DSCN7194armenia13-10-9.jpg 

妊娠中の妻というと、予定日を過ぎても子供が生まれる様子はありません。よほど妻のお腹の中が居心地いいのでしょうか。検診に行ったら、3800gほどあるらしく、もうそろそろ出てきてくれないと…みんな待っているから、早く生まれてきてね!

さて、記事のタイトルにあるように、大学の給料が激減しました。先月の給料の振込額を見たら、なんと80ドルに!と言っても、元が100ドルちょっとの薄給なんですが、「さすがに少なすぎちゃうか?」と思い、大学の経理部に問い合わせると、一律25%の税金を徴収するとのこと。給与計算方法の変更は聞いてましたが、安月給からこんなに搾取しなくても…

まあ、アルメニアに来た当初働いていた大学の給料はたった50ドル、しかも夏休み・冬休みは無給だったので、当時私は年収300ドルという極貧生活を送っていました。そのため、「80ドルでもまだマシか…」と一瞬思ってしまう能天気な自分がいますが、間もなく家族が増えるので、今はそうも言ってられません!

この大学教員の給与カットについてはニュースにもなっていて、他の大学では、給料が半分以下になったケースもあるのだとか(マジ?!)…しかも、多くの大学は今学期から学費を10%以上引き上げたので、なぜ教員の給料がこんなに下がるのか理解に苦しみます。

私自身は、給料カットよりも、大学側の説明不足にイマイチ納得いってません。学長は、「元の給料が上がっているから、そんなに違いは出ませんよ!」と言ってましたが、いざ蓋を開けてみると、ものすごい減額!こうなることは知っていたはずですから、ちゃんと説明してくれたらいいのに…

もちろん、もし正直に話していたら、教師たちから不満が続出していたのは確実ですけどね。何にしても、アルメニアの教師の給料はいつまで経っても安すぎ!一般のアルメニア人も「ウソやろ!」と驚く低賃金で、全く生活できる額ではありません。それがまた大幅にカットされたんですから、労働意欲が下がった人も多いでしょう。

今回は愚痴っぽいことを書いてしまいました。まあ住んでいると、こんな気分になる時もあるので、どうかご理解ください。しかし、もうすぐ子供が生まれるので、「こんなんで本当に大丈夫か…」と、切実に将来が心配になりました。

コメント

大変ですね。それでも多少は楽観的に考えられるのはすばらしい。あまり無理をしすぎないでください。大学の他に自分の企業を立ち上げてみてはどうでしょうか。アルメニアの自営業の状況はどんなものか分かりませんが・・・。ポーランドから応援しています。早くお子さんが生まれることを願っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/482-93ea77df