赤ちゃんグッズ購入 

昨日、ちょっと大変なことがありました。というのも、義祖母が転んで、顔をコンクリートに強く打ちつけてしまったんです。直後は、鼻からかなり血が出て、額もすごく腫れて(本当にアバターみたいでした…)、とても心配しました。

すぐに元看護士の義母が応急処置したこともあり、義祖母は自分でしっかりと歩いて家まで戻りました。ずっとベッドに横になっていますが、普段どおり話しているし、食欲もあるし、幸いそれほどひどい怪我ではないようです。とはいえ、まだ顔は腫れていて、痛々しい…

実は、木・金曜に家族で一泊旅行に出掛けようと、ホテルを予約した直後の出来事でした。義母は、妻と二人で行って来たらと言ってくれましたが、やはり心配なので、すぐに予約はキャンセルしました。義祖母には、早く良くなってほしいです。

話は変わって、先週、久々にエコー検診に行ってきました。胎児の体重は2キロになっていて、ちゃんと顔も見ることができました。日本で流行りの3Dエコーとは違うので、ぼんやりとした映像でしたが、何となく妻に似ているような気がしました。

医者には、「何も問題なし。このまま順調にいけば、来月10日以降には、いつ生まれておかしくない時期に入る」と言われました。つまり、3週間後に生まれる可能性だってあるわけです。さすがにここまで来ると、私も実感が沸いてきました。

ということで、検診後から、赤ちゃんグッズを準備し始めました。最近アルメニアにも、専門のお店が増え、けっこう商品にバラエティーがあります。子を持つ立場になって分かったことですが、本当にいろいろ必要ですね。あれもこれも買っていると、けっこう出費がかさみます。

しかし、我が子のためだと思うと、少し無理してでも良いものを買ってあげたくなります。実際に使う本人は、まだ生まれてもいないし、子供の好みなんて全く分からないのに、「この色の方が可愛いなあ」と、勝手に夫婦でこだわっています。

これが親心というやつでしょうか。思えば、両親も、こうやって色々考えながら、私のために買い物をしてくれたんですね。生まれてからも、両親がお金をかけて、たくさんの愛情を注いで育ててくれたお陰で、今の自分があるわけです。

育児にはかなりのお金と労力が必要でしょうけど、自分が親にもらったものを、これから子供に返していくつもりで、できる限りのことをしてあげたいと思っています。

DSCN6998armenia13-8-20.jpg 
先週買った赤ちゃん用のブランケット。クマの部分は、頭に被せられるようになっています。私も、こういう物を真剣に選んで買う時が来たわけですね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/469-e13852c7