知らない人の結婚式に出席 

今日8月6日は、広島の原爆の日。先月、被爆体験者の方から、想像を絶する当時の悲惨な状況をお聞きする機会がありました(こちら)。同じ悲劇が決して繰り返されないことを祈りたいと思います。

さて、先週末はパーティー続きでした。土曜日の夜は、ヨーロッパ教育大学の児童向けサマースクールに協力してくれた人たちを家に招いて、お疲れ様パーティーをしました。写真は取り忘れましたが、カレーやそうめん、ポテトサラダなどの日本食を一緒に食べました。

2ヶ月に渡って行われたサマースクール。私も、時々手伝いに行ったり、寿司パーティーを開いたりしましたが、他の日本人会会員やアルメニア滞在中の日本人学生のお陰で、何とか無事に終えました。特に、南江副会長は、7月はほぼ一人で頑張ってくれました。大変だったはずですから、まさに功労賞!本当にお疲れ様!

南江副会長は、そのサマースクールについて、日本人会ブログの方に動画付きで記事を書いてくれています。そちらも、どうぞご覧下さい!(こちら)

そして、日曜は、私が家庭教師で日本語を教えている学生の従兄弟の結婚式に行ってきました。はっきり言って、全く面識のない人です。しかし、学生から「是非来て下さい!」と招待状までもらったので、妻と一緒に出席しました。

身重の妻のことを考えて、夕方の披露宴パーティーから参加しました。行ってみると、かなり大きな会場に、300人近い人たちがいました。けっこうお金持ちの結婚式のようです。これに比べるとかなり小さいですが、私たちも、2年前にアルメニアで式を挙げたので、大体流れは分かっています。

付添人や仲人夫婦、新郎新婦の両親が紹介されてから、新郎新婦が登場。二人が、来賓の前でダンスを披露します。そして、お祝いのスピーチや乾杯などが続いてから、ダンスタイムになり、夜中まで延々と踊り続けるのです。

しかし、これだけ盛大な披露宴パーティーだと、普通とは違うサプライズがありました。何と、プロのダンスグループが来ていて、伝統舞踊を披露してくれたのです。これは見応えがありましたね。その後は、夜中まで延々とみんな踊りまくりました。

私と妻もけっこう踊って、翌日は体がだるかったです。少し疲れましたが、楽しい時間を過ごすことができました。

DSCN6902armenia13-8-6.jpg
ご馳走が並んだテーブルに、私と妻、他に招待された日本人の友人も座りました。

DSCN6903armenia13-8-6.jpg
かなり大きな披露宴会場。登場した新郎新婦を、みんなが拍手で迎えました。

DSCN6915armenia13-8-6.jpg
メインディッシュのホロヴァッツ(アルメニア風BBQ)は、ウェイターがいつも踊りながら新郎新婦の席まで持って来ます。

DSCN6910armenia13-8-6.jpg
プロのダンスグループの踊り。

DSCN6920armenia13-8-6.jpg
そして、バンドの演奏に合わせて、みんな踊りまくります。本当にアルメニア人は踊り好き。「よく飽きないなあ…」と、いつも感心します。

DSCN6951armenia13-8-6.jpg
ダンスグループの人たちも混じって、すごい盛り上がりでした。

DSCN6939armenia13-8-6.jpg
お約束のブーケトスもあります。

DSCN6940armenia13-8-6.jpg
アルメニアでは、新郎もブーケトスをします。待ち構えているのは独身男性たち。ちょっと結婚するには早すぎだろ?という子供もいますね。

DSCN6943armenia13-8-6.jpg
ケーキ入刀ですが、これもケーキが4つと豪華!

DSCN6947armenia13-8-6.jpg
腕を交差して、一緒にシャンパンを飲みます。私たち夫婦もやりました。懐かしいですねえ…全く知らない人でしたが、とにかく結婚したお二人、末永くお幸せに!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/466-d62934b1