タテヴ修道院 

昨日は、アルメニアの子供の日でした。エレバンの街では、様々なイベントが開かれていたようです。遊園地や公園も、家族連れで賑わっていたでしょう。まだ自分には関係のないことですが、数年後には、私も子供を連れて出かけるんでしょうね。

さて今日は、「アルメニアで最も美しい」と賞されるタテヴ修道院をご紹介します。9世紀頃に建てられた修道院で、中世にはアルメニアの学問・文化の重要な地だったそうです。日本人会の副会長が、先月下旬に観光に行きましたが、彼女も「一番良かったかも…」と言っていました。

私も、妻と一緒に行ったことがあります。確かに上位3つには確実に入る素晴らしい場所です。修道院の建物自体も大変立派ですが、何よりすごいのはその立地!切り立った崖の上に建てられていて、「アルメニアで最も美しい」と言われるのも思わず納得してしまう景観です。

アルメニア南部のゴリスの町から車で1時間ほどの山奥にあり、今は世界最長のロープウェイで行くこともできます。深い渓谷の上を渡るロープウェイからは、これまた素晴らしい景色を眺めることができます。

エレバンから日帰りで行くのはちょっと難しい場所ですが、時間がある方は是非訪れてみてください。

DSCN5914armenia13-6-2.jpg 
全長2700mもある世界最長のロープウェイで行くことができます。

DSCN6019armenia13-6-2.jpg 
そのロープウェイからの景色。修道院へ続く車道ですが、すごい九十九折…車に弱い方は厳しいかも。そうでなければ、車で行くのも楽しそうです。

DSCN5927armenia13-6-2.jpg 
修道院を囲む立派な城壁。ここの門から入ります。

DSCN5975armenia13-6-2.jpg 
大きく立派な聖パウロ・ペトロ大聖堂。

DSCN5955armenia13-6-2.jpg 
内部も広く立派で、窓から差し込む光が幻想的で美しい…

DSCN5957armenia13-6-2.jpg 

DSCN5937armenia13-6-2.jpg 
地震予測のために建てられたと言われる石柱も残っています。

DSCN5981armenia13-6-2.jpg 
修道院細部の彫刻もユニークで、見応えがありました。

DSCN5980armenia13-6-2.jpg 
修道院裏の景色。切り立った崖の上に建っているので、とても眺めがいいです。

DSCN5989armenia13-6-2.jpg 
そして、一番のハイライトは、修道院の先の山道を少し登った所から見る景色。タテヴ修道院の全景を見渡すことができます。

DSCN5991armenia13-6-2.jpg  
すごい場所に建てられているのが良く分かります。こんな所によう建てたなあ…この景色を見るためだけでも、行く価値が十分ある場所です。

コメント

初めまして

長谷川様
アルメニアのヨーグルト(マツン?マッツォーニ?)に心魅かれ、ノアの箱舟のアララト山にも興味を持ち、長谷川さんにたどり着きました。
こんにちは。今、ロシアのカルーガという所で暮らしています、田村芳美と申します。え~っと長谷川さんより年上みたいです(笑)こちらに来て、いかに日本には偏った情報しかないか初めて知り愕然としました。ロシアの情報も少ないですがアルメニア、グルジアをはじめアプハジアという国があることもこちらに来て知り、自分の無知さ加減にもあきれています。それでこちらにいる間に、私が知らなかった国を訪ねてみたいと思っているのですが、やはり情報がほとんどなく、アルメニアにも行こうと思っていますが全く計画が立てられずにいます。私は観光地ではなく、アルメニアの普通の暮らしに触れたいのですが。いったい何日ぐらいあればよいか、言葉は英語少々ぐらいで大丈夫なのかなど相談に乗っていただければありがたいです・・・と勝手にすみません。お忙しいと思いますが可能でしたらよろしくお願いします。旅行は夫、と小6の娘と一緒です。

Re: 初めまして

タムラヨシミ様

コメントありがとうございます。アルメニアにご関心がおありというこで、旅行が実現すればいいですね。

さて、ご質問の、普通の人の暮らしを見たいので時間はどのぐらい必要か…ということですが、正直難しい質問で、どうお答えして宜しいか困っております。旅行で来られた場合、現地人との触れ合いの度合いというのは運次第ですから…ツアー等で予め用意された触れ合いや交流というのは、また違うと思いますし…

ですので、時間的なことに関しても、私から「どのぐらい必要」というのはお答えしづらいですね…例えば、忙しく観光だけで終わりたくないということでしたら、少なくとも1週間以上必要だと思います。

言葉に関してですが、ロシアにお住まいでしたら、ロシア語で問題なくアルメニアは旅できます(旧ソ連邦ですから)。また、英語も最近は通用にするようになってきて、ホテルや観光地などでは問題はないように思います。

あまりご参考にならなかったかもしれず申し訳ありません。それでは宜しくお願い致します。

お返事ありがとうございます。
なぜかお返事が自分のアドレスに来るとばかり思い込んでいて・・。ブログをチェックしてやっと気がつけました。すみません。

確かにすごく漠然とした質問でしたよね、ごめんなさい。

ツァーで行くことはないと思いますので長谷川さんがここはぜひ!という場所とかアルメニアらしいお店とかがあったら教えてください。特産品とかきっとあると思うのですけど。それと注意することなどありましたら・・・。

それとアルメニアの人たちはロシアの人たちに似ているのでしょうか?(外見じゃなく考え方みたいなもの)

Re: タイトルなし

タムラヨシミ様

そちらのメールアドレスが分かりませんので、申し訳ありませんが、再度コメント欄でお答え致します。

お勧めの場所は、エチミアジン大聖堂、ガルニ神殿(この近くにあるストーン・シンフォニーという場所もいいです)、ゲハルト修道院、ホルヴィラップ修道院、ノラ・ヴァンク修道院、セヴァン湖、タテヴ修道院、ハグパット修道院、サナヒン修道院、アフタラ修道院などです。

やはり修道院・教会巡りが主な観光になってしまいます。上記の場所ほとんどはブログで過去に紹介していますので、そちらを参考になさってください。上記以外の観光地以外の情報もあると思います。

ただ、私が元々行き当たりばったりの放浪旅を長くやっていたということもあって、あくまで個人的な考えなのですが、実際に訪れる前にあまり調べすぎると逆に情報過多になって、実際の驚きや感動が半減してしまうような気もします。こうやってブログを書いている私が言うと、何だか矛盾しているんですけどね…

アルメニアは情報がいまだ少なく、いろいろと分からないことが多いので、私も貴重な情報源としてブログを書いている部分は確かにあります。とはいえ、一体どんな所だろう、どんな文化があって、どんな人たちが住んでいるんだろう…と、アルメニアに来られる際に、幾分か想像や未知の部分を残しておくのもいいと思いますよ。

とりあえず、特産品というか土産物類なら、土日に開かれるヴェルニサージという青空市場がいいと思います。

あと、ロシア人がどういう人たちか、私はよく分かりませんので(7年前に旅行したことがあるだけですから)、アルメニア人がロシア人と比べてどうかはお答えするのが難しいです。ロシア人に関しては、現地に住まれているタムラ様の方がお詳しいでしょうから、実際にアルメニアに来られた時に比較されてみたらいいかと思います。

注意事項は…特にないですね。治安がとてもいいので、あまり構える必要はないと思います。強いて言えば、夏は40℃を越える暑さ、冬はマイナス10℃以上になる寒さという厳しい気候であることは留意されておいた方がいいでしょう。

それでは宜しくお願いします。

ありがとうございました。子どもが一緒なので治安がよいのは本当にありがたいです。ヴェルニサージュ、ですね。

いろいろご丁寧にお返事いただき本当にありがとうございました。お勧めの場所など参考に旅の予定を立てたいとおもいます。

今後のブログも楽しみにしています。                     田村芳美   

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/448-78ed2dc4