値上げラッシュ! 

晴れていると半袖で十分なほど暑いんですが、曇っていると肌寒いという、着る物に少し困る天気が続いています。今年は、意外とすぐに暑くならないですね。

さて、先週、アルメニア国民が注目していたある問題に結論が出ました。それは、ガス価格引き上げ問題。アルメニアは、天然ガスをロシアから輸入しているのですが、ロシア側が「現行価格を50%引き上げる」と通達してきたのです。

そのため、アルメニアのガス会社が、「ガス代を約67%上げざるを得ない」と発表。生活に不可欠なガスの値段が高騰するかもしれないと、大きな話題になっていました。

しかし、67%って…無茶苦茶やろ、それ!寒い冬は暖房を毎日使うので、今でさえガス代は結構かかるのに、それが67%も値上がりしたら、私含め一般市民の家計に与える影響は計り知れません。払えない人も、たくさん出てくるでしょう。

暴動が起きてもおかしくない値上げですが、意外とみな平静を保っていて、大きなデモなんか一度も起こりませんでした。まあ、さすがに政府も、こんな異常な値上げはできないと分かっているのか、「ロシアと交渉するし、30%の補助金出すから、そんな上がらへんよ」とずっと言い続けていました。

で、最終的に決定したガス価格は、約18%の引き上げで収まったようです。まあ、それでも結構な値上がりなんですが、67%と聞いていただけに、一瞬ホッとしてしまいました。しかし、同時に発表されたのが…電気料金の引き上げ!

エッ、そんなの全く聞いてへんけど...しかも、27%というガスより高い値上げ率!ホッとしたのも束の間、結局家計は苦しくなりそうです。「ガス価格引き上げに伴い…」と政府は言っていますが、何だか騙された感じ。

「大変や!ガスが67%も高くなってまうで!」と脅され続けて、いざ蓋を開けてみると、「なんや、18%かいな…大したことないやん!」と胸を撫で下ろしている隙に電気料金引き上げを伝えられる…何だか巧みに大衆心理を利用されたような気がして、イマイチ釈然としません。

大体、今回の値上げの発表も、大統領就任式やエレバン市議会選挙が全て終わったタイミングでしたからね。政府は、もっと前から知っていたのに、ずっと隠してたんじゃないのか…と疑ってしまいます。

とにかく、光熱費が高くなることは確実です。秋には子供が生まれるので、あまり節約もできないし、冬場の家計が今から心配…これでまた、アルメニアから他国へ出稼ぎに行く人が増えそうです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/447-b911b057