桜、頑張って! 

昨日の朝起きたら、外は銀世界!暖冬かと思われたんですが、やっぱり寒いですね。きれいですが、桜が心配…今朝、積もった雪の中に立つ桜の苗木に、「頑張れよ!」と声をかけておきました。「この寒さに耐えて、冬を越してくれ!」と祈るような気持ちです。

学生たちも、桜のことが気になっているようで、先週は水をやってくれました。優しい学生たちの応援にも応えて、春が来るまで頑張ってほしいと思います。

DSCN3739armenia12-12-17.jpg 
起きたら、家の庭は真っ白。今も雪は降り続いています。きれいですが、寒い!

DSCN3745armenia12-12-17.jpg 
言語大学の庭に立つ桜の苗木。雪と寒さの中、頑張ってくれています。

DSCN3734armenia12-12-17.jpg 
桜に水をやってくれた学生たち。「桜、頑張って!」と話しかけてくれていました。

雪も降って、いかにも年の瀬の雰囲気。街中では、クリスマスツリーが売られ始めました。こちらでは、「トナツァル(祭の木)」と呼ばれていて、クリスマスだけでなく、新年も祝うために飾られます。今日、私と妻も買って、少し飾り付けをしました。

世間では、マヤ暦による世界終末論が騒がれていますね。その話はアルメニアでも有名で、信じている人もいるそうですが、多くの人々はいつもと同じように新年を迎える準備で大忙しです。

DSCN3757armenia12-12-17.jpg 
通りで売られているクリスマスツリー。この時期の風物詩です。

DSCN3760armenia12-12-17.jpg  
飾り付けの途中、じゃれあい始めた犬と猫。可愛いなあ…

DSCN3763armenia12-12-17.jpg 
少しだけ飾り付けをしたクリスマスツリー。

ところで、昨日は衆院選でしたね。大使館もないアルメニアでは投票ができず、ただただネットで速報を見ていました。結果は、自民党圧勝…また選挙前にマスコミが騒いだ通り、そして振り子を振り切るような結果でした。何だか、やるせない気持ちになってしまいました。

しかし、いくら投票率が低かろうが、民主党に失望した反動だろうが、これが国民の選んだ結果なわけです。今後の日本の政治の行く末は、選んだ国民の側にも大きな責任があると思います…と、ここまで書いて、奇しくも3年前民主党が圧勝した時に、同じようなことを別ブログに書いたのを思い出しました。

当ブログと日本人会ブログで忙しく、今年の夏以降は全く更新していない状態です。ですから、冒頭にスポンサー広告が出てしまいますが、そのすぐ下にある過去の記事をどうぞご覧下さい(下をクリックすると開きます)。

ブログ「旅をする木」-国民の責任-

「とにかく国民が選んだ結果」と偉そうに書きましたが、現行の選挙制度では、民意がきちんと反映されないので、それはかなり大きな問題だと思いますね…

本当は、先週の桜イベントの続きを書こうと思ったんですが、少し長くなってしまったので、すぐ次の記事でご報告したいと思います。少々お待ちください!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/399-414300d6