ユーロヴィジョン・ジュニア大会 

先週の土曜日、アルメニアで初のユーロヴィジョンが開催されました。といってもジュニア大会ですが、国際的な歌の祭典がエレバンで行われるということで、けっこう前からアルメニアは盛り上がっていました。

ユーロヴィジョンって何?という方は、過去の記事(こちら)をご覧ください。ジュニア大会は16歳以下を対象にしたコンテストで、2003年に始まりました。

大人のコンテストでは、優勝した国が翌年の開催国となるのですが、ジュニア大会ではそのルールはなく、今年のアルメニア開催は前から決まっていたようです。ただの偶然でしょうけど、昨年の優勝国は何とアルメニア!なのに、私は全くそのニュースを知りませんでした…

ジュニア大会は大して注目していませんから…でも、アルメニア開催の今年のジュニア大会は、しっかりテレビで見ていました。大人の大会同様に、安っぽいポップソングばかりですが、子供たちの大人顔負けのパフォーマンスを見るのは楽しいです。

で、今年13カ国の頂点に立ったのはグルジア。私としては、「何でこれが優勝?」という感想です。アルメニア代表もけっこう良かったんですけど、やはり2年連続で同じ国が優勝するというのは難しい…まあ、開催国の代表として、コンテストをかなり盛り上げたと思います。

では、大会の様子をどうぞご覧ください。


今年のアルメニア代表ダリタ。曲は「アルメニアへようこそ」。出場者の中では、かなり良かった方だと思うんですが、結局5位でした。


優勝したグルジア代表のキャンディ。私はグルジアも大好きで、別にアルメニアを贔屓している訳ではないんですが、これが優勝というのはあまり理解できませんでした。


昨年のジュニア大会の優勝者ヴラディミル・アルズマニャン。曲は「ママ」。大会自体見ていないので、他の参加者は知りませんが、覚えやすくノリのいい曲が評価されたんでしょう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/294-cb777149