幼稚園を訪問 

片岡さんと森さんは、大学だけではなくアルメニアの幼稚園も訪問しました。地元・坂出の幼稚園の子どもたちが書いた手紙を持って来てくださったので、こちらの幼稚園に連絡を取り、訪問の許可を得ました。私もアルメニアの幼稚園を訪問するのは初めて。

訪問先は、建物や設備も立派で、英語やロシア語教育も行っているハイソな幼稚園でした。しかし、やはり子供はどこも同じで可愛らしいですね。日本人の突然の訪問に少しオドオドしていましたが、すぐに無邪気な笑顔を見せてくれました。

私たちが「幸せなら手をたたこう」や「大きな栗の木の下で」を披露すると、一緒に手をたたいて踊ってくれました。そして、子供たちもアルメニア語の歌や踊りを披露してくれました。いやあ、めちゃくちゃ可愛かったです!カンニングした学生たちも、こんな時期があったんですよねえ…なんて。

坂出の子供たちからの手紙も嬉しそうに受け取ってくれました。その手紙も可愛らしかったですね。果物の絵が描かれていて、「わたしのすきなくだものはりんごです。すきなくだものはなんですか?」と書いてありました。アルメニアの子供にとっては、初めて見る日本語でしょう。

たとえ今はよく分からないとしても、それが日本に興味を持つきっかけになり、いつか日本とアルメニアの交流を担う人材になるかもしれません。二国間の未来のために、こんな交流活動も少しずつ広げていけたら嬉しいです。

それでは、その時の様子を写真で振り返りましょう。

IMG_0488armenia10-12-22.jpg IMG_0482armenia10-12-22.jpg 
子供たちは、初め何のことか分からず少しポカンとしていましたが(それもまた可愛い)、すぐに人懐っこく笑ってくれました。

IMG_0460armenia10-12-22.jpg IMG_0476armenia10-12-22.jpg 
歌を歌い始めると、一緒に手を叩いてくれました。やっぱり子供は歌や踊りが大好きですね。

IMG_0501armenia10-12-22.jpg IMG_0507armenia10-12-22.jpg 
子供たちも、歌や踊りを披露してくれました。一生懸命だけど何かぎこちないのが、いっそう可愛いらしい!(可愛いって書き過ぎ…)。

DSCN6165armenia10-12-22.jpg IMG_0521armenia10-12-22.jpg 
日本の子供たちからの手紙を受け取って、みんな嬉しそうでした。意味は分からなくても、とても素敵なプレゼントですよね。

DSCN6172armenia10-12-22.jpg IMG_0529armenia10-12-22.jpg 
片岡さんや森さんは、日本の子供たちからのビデオメッセージや日本の写真集を見せてくれました。みんな好奇心で目を輝かせていました。

IMG_0571armenia10-12-22.jpg IMG_0546armenia10-12-22.jpg 
何度も同じこと書いてすみません…でも、本当にみんな可愛かった!今回の交流がきっかけで、将来日本語を勉強する子供たちが出てきてくれらいいですね。

IMG_0612armenia10-12-22.jpg IMG_0622armenia10-12-22.jpg 
交流が終わると、子供たちのランチタイムでした。カメラを向けるとニコッ!子供の笑顔って最強。それだけで周りは心が和みます。

普段は大学生や社会人を相手に仕事をしているので、子供たちとの交流はとても新鮮で楽しかったです。世界中を旅している時、どこの子供も無垢で可愛かったですが、改めてそう感じました。こんな交流の機会を作ってくださった片岡さんたちには本当に感謝です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/208-562adfef