いざアルメニアへ 

アルメニア共和国という国をご存知ですか?

来週、私はそのアルメニアへ日本語を教えに行きます。なぜアルメニアか…そのきっかけは、9年前そこで日本語を勉強していた大学生たちとの出会いです。

2年かけてアジアやアフリカの国々を放浪していた時、偶然アルメニアに立ち寄りました。日本大使館も、日本企業もなく、日本人もほとんど訪れることのないアルメニア…そんな中で、一生懸命に日本語を勉強している学生たちがいました。

せっかく習った日本語を使う機会がほとんどないので、学生たちは突然の私の訪問を喜び、毎日いろいろな場所を案内してくれました。日本人と話すことが嬉しくて仕方ないという様子で、そんな彼らと一緒に過ごして私も幸せでした。

それから数年後に日本語教師になった私は、コロンビアやフィリピンで教えてきましたが、アルメニアのことが忘れられずにいました。今もアルメニアには、日本大使館もない中で日本語を学んでいる学生たちがいるのです「いつかアルメニアで日本語を教えたい」 その夢をかなえるべく、今年ついにアルメニアへ向かうことを決心しました。

向こうの大学の給料は安すぎて、家賃さえ払えません。また言葉も文化も違うアルメニアでの生活は、楽ではないと思います。不安もつきませんが、今は夢を実現できる喜びに胸をふくらませています。

苦しい条件の下、私がどれだけアルメニアにいられるかは分かりません。しかし、できる限り多くのことを学生に教えたいと思っています。そして、学生のために、日本語の図書室を作りたいと思っています。自分が教えたことや、日本から送られた本はずっとアルメニアに残っていくはずです。

貧しくネット環境も劣悪なアルメニアでは、ブログ更新も頻繁にできませんが、このブログを通して、少しでも多くの人たちに、アルメニア、そして私の活動に興味を持ってもらえたらと思っています。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/2-1a4b9b87