ウォッカの季節 

先週日曜にサマータイムが終わりましたが、それから一気に寒くなりました。ここ最近の最低気温は2,3℃くらいで、マイナスになる時もあります。確かに朝晩はけっこう寒い…

夕方以降の家庭教師では、学生のために電気ストーブをつけています。部屋にはガスストーブもあって、その方が経済的なんですが、暖まるのに時間が掛かるんです。5分ほど電気ストーブで足元を暖めれば、かなり違います。あと、学生には熱い紅茶を出しています。夏場はフルーツジュースでしたけどね。

去年より寒くなるのが大分早いので、この調子だと今年の冬の寒さは厳しいかもしれません。心のどこかでそれを期待してたりもしますが、すでにシャワーを浴びるのが辛くなってきて、冬の到来に怯えています。日本のお風呂が恋しい…

急に冷え込んだからか、周りで風邪が流行っています。学生の中にも、体調を崩している人たちがいますね。風邪を防ぐには、なるべく体を冷やさないようにしなくてはいけませんが、一ついい方法があります。それはウォッカを飲むこと。こちらでは、風邪気味のときにウォッカを薬代わりに飲んだりもします。

私も寒い夜にはウォッカを飲みます。なんせアルコール度数が40%もあるので、すぐに体が温まります。10年前アルメニアを初めて訪れた時、いきなり自家製の強いウォッカを飲まされて、「こんなのどこが美味しいんだ?!」とむせ返りながら思いました。

しかし、今はウォッカがけっこう好きです。ほとんど水とエタノールなので癖が少なく何で割っても美味しいし、ここではかなり安く買えます。安物の500mlウォッカなら200円ほどで、ビールやワインより経済的。それに、こんな寒いとビールを飲む気になりません。また最近アサヒビールが売られてるんですけどね…

さすが酷寒のロシアで生まれたお酒、冬を乗り切るのにウォッカは重宝します。でも、飲みすぎは体に良くないに決まってます。ロシアでは飲酒による死亡がかなり問題になっていますから、節度を守って楽しみたいと思います。

DSCN6068armenia10-11-7.jpg 
どちらも200円ほどの安いウォッカ。強いお酒なので、写真にある小さなグラスでちびちび飲みます。1杯で体はポッカポカ。酒に強いアルメニア人は、乾杯の時に何杯も一気したりしますけどね…

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/195-1a37f935