開設に向けて作業中 

引越しなどで図書室の仕事が滞っていましたが、先週から開設に向けて作業を始めました。ヨーロッパ大学は夏休みなので、柔道連盟事務所の図書室で作業しています。現在までに届いた本は全て搬入しているので、貸出できる状態にするのが作業の主な目的です。これがけっこう大変なんですが、地道に少しずつやっています。

まず本を種類別に並び替えました。辞書、日本語教材、マンガ、雑誌などに分類して並べていくのです。続き物の場合は、順番通りに並べていきます。その作業は搬入の際にある程度しているので、あまり時間は掛かりません。

そして、一冊一冊に「アルメニアに本を送る会」のスタンプを押していきます。会の図書室の本であることが分かるようにです。分厚い本の場合、写真のように本の上にポンッと押せば済むのですが、薄い本の場合は最後のページを開いてそこに押していきます。この作業も大体終わりました。

DSCN5530armenia10-8-2.jpg 

大変なのはここからで、一冊一冊に、本の種類と番号を書いた小さな紙をテープで貼っていきます。例えば辞書なら、Dictionaryで「D.123」と書いた紙を貼っていくのです。そうしないと、貸出の管理ができないからです。

柔道連盟事務所には常に女性スタッフがいて、彼女に貸出の手続きをしてもらう予定です。彼女は日本語が分からないので、そのアルファベットと番号で貸出記録をつけてもらいます。こうすれば、どんな種類の本が何冊あるか、どんな本が借りられているか把握できます。日本の図書館でも同じように管理していますよね。

DSCN5533armenia10-8-2.jpg

しかし、これがけっこう時間が掛かる細かい作業。私一人では大変なので、友人や学生に手伝ってもらっています。お陰で、作業の進み具合は悪くありません。今の調子で頑張れば、何とか夏中に終わりそうです。ただ今後も本は届く予定なので、あまり確実なことは言えませんが…

多くの方々から寄贈して頂いた本が、少しでも早くアルメニアの学生の役に立つように頑張りたいと思います。

今週日曜、読売テレビ「グッと!地球便」に出演します。既に番組HPでは、少し内容が紹介されていました(こちら)。「競争社会に疲れて旅に…」とありますが、純粋に世界を自分の目で見てみたかったのが主な動機。あと「8年間放浪…」とありますが、旅自体は4,5年です。コロンビアで日本語を教えていた時期なども、なぜか放浪期間に含まれているみたい…

どのような内容になっているか私も知りませんが、是非ご覧になってみてください!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/166-13eef453