レオもプログラミングの勉強を開始 

日中は10℃を超える天気が続いています。予報によると、明日から天気が崩れるようですが、寒くなったり暖かくなったりしながら、季節は春に移り変わっていくのでしょう。

日経平均が4万円を突破して、史上最高値を更新しました。景気を反映しているというより、円安で日本株に割安感があって、海外からのマネーが流入しているのが大きな要因だそうです。私は株を含めて投資などは一切やっていないから、「ふーん、そうなんやあ」と他人事のようにしか見ていませんが、この上昇相場で投資家たちは盛り上がっているでしょう。

アメリカの共和党候補者選挙で、トランプ氏が圧倒的な勝利を収めました。これで、今回の大統領選もバイデン対トランプという争いになります。ずっとメディアはトランプ氏に対するネガティブキャンペーンを繰り広げていますが、そうすればするほど、トランプ氏の支持基盤が強固になるだけ。どちらが大統領になるかは世界に大きな影響を与えるので、その結果に注目しています。

さて、今もまだレオの登校しぶりがひどい時があって、少し手を焼いています。先週木曜も家を出る時に泣き始め、さすがにそんなタイミングだとどうしようもないので、そのまま連れて行きました。また、日曜の夜は、「明日、学校に行きたくない」と半べそをかくから、レオは少しゆっくり寝て、遅れて登校するよう提案したら、「じゃあ、行く」と同意しました。

しかし、いざ翌朝になってみると、いつもよりゆっくり寝て機嫌よく起きたのに、「頭が痛い。熱を計りたい」と言い出して、温度が上がるように体温計をこっそりセントラルヒーティングの上に置こうとしました。仮病を使って休もうとするその様子は可愛いんですが、結局そのまま学校には行きたがらず、ズル休みしてしまいました。

飛び級で1年早く入学したし、英語など一部の科目は苦手みたいだから、「本当に学校に行くのが嫌なら休学してもいいよ?」と聞くと、それは嫌だと言うんですよね…うーん、どうしたらええねん!でも、さすがにズル休みした月曜は、妻と真剣に休学させることを考えて、レオにも、「学校を当分休むこともできるから、本当にどうしたいか教えて」と伝えました。

元気なくせに学校に行かなかったので、アレンが帰宅するまで携帯やパソコンを見るのは禁じました。そうなると、アレンもいないから、すぐ暇を持て余してきて、「つまらない。疲れた…」と言い出しました。私もレオがそう思うように、あえて構わないで放っておいたんですよね。それで、私はこう言いました。

「学校に好きで行っている子供はあまりいなくて、もし休みになったら、ほとんどの子は喜ぶと思う。それはレオと同じ。だけど、家に一人でいるのも面白くないし、疲れるでしょ?本当に学校に行くのが嫌なら当分休んでもいいけど、今日みたいな日が続くことになるよ。それでもいいなら行かなくていいけど、明日からどうしたいか考えて教えて」

すると、「うーん、明日は行く」と答えました。「でも、明日行って、また休んでというのが続くなら、やっぱり当分休んだ方がいいかな。その後もずっと行くの?」と聞くと、「はい、ずっと行く」と答えました。まあ、子供が言うことなので、まったく当てにならないんですが、とりあえず今の希望を尊重して、「分かった。じゃあ、明日からちゃんとアレンと一緒に学校に行こう」と約束しました。

c2e80b96-a781-4469-a717-627e703b7f41armenia24-3-6.jpg
ズル休みした日に、パジャマのズボンに手をつっこんでテレビを見るレオ

1a515ce7-0b3e-422b-b66f-bc6965ff8829armenia24-3-6.jpg
ズル休みはよくないけど、可愛い笑顔を見ていると怒れなくなります

その日の夕方は、レオをプログラミングのレッスンに連れて行きました。そこはロボティクスを習っているセンターで、先週からレオはプログラミングも習い始めたのです。初めは大して興味なさそうでしたが、学校の仲良しの同級生も通うからということで参加することにしました。こちらの記事に書いたように、アレンも同じセンターでプログラミングを習っていますが、参加した理由は似たようなもので、そういうところは兄弟そっくり。

その仲良しの同級生がレオに会うや否や、「今日はどうして学校を休んだの?」と聞くので、私が冗談で、「レオは当分学校を休むことになったから、もう行かないよ」と答えたら、「パパー!うそ!僕は学校に行くから!」とレオは必死で否定していました。まあ、そこまで言うんだったら、ちょっとは信用できるかも。実際に昨日からは、ぐずることなく通学しています。

あと、習い始めたプログラミングも、けっこう面白いみたいです。授業の終わりに少し見学したのですが、「これ、レオが作った!」と嬉しそうに、キーを押すと画面上で動くネコの画像を見せてくれました。アレンもけっこう楽しくプログラミングの授業に通っているので、意外に二人には合っているのかも。

そういえば、エヌビディア社のCEOが、「AIがコードを書くから、プログラミングは不要なスキルになる」という発言をして話題になりましたが、私も同じような意見です。おそらく人間の多くの仕事は、AIやロボットがもっと速く正確にするようになる時代が来るでしょう。だから、プログラミングを学んだところで、将来あまり役に立たないかもしれません。

でも、私と妻は、どんな勉強も習い事も、息子たちの将来のためとか、スキルを身につけるためとかは全く考えていません。理由は何であれ、息子たちが興味を持ったから、そして楽しんでいるから習わせています。だから、別に役に立たなくてもいいし、途中で嫌になったら、いつやめてもいいと思っています。子供の時は、心の赴くままに自由にのびのびと生きればいいのです。

とはいえ、やたらと学校をズル休みするはよくないので、レオにはできるだけ頑張って通学してほしいですね。これからも嫌がったりすることはあるでしょうけど、そういう時はあまり無理させず、レオが自分から行く気になるように動機づけしてあげたいと思います。

31668f93-3dab-4e9c-8dde-1c2ee400ce97armenia24-3-6.jpg
スクラッチという子供向けのプログラミング言語を学ぶレオ

397f18cf-f477-4f54-ae0f-22df784c2130armenia24-3-6.jpg
自分で作ったネコの画像を動かすレオ。すごく嬉しそうでした。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/1448-60ad3fce