アルメニアは真っ白な銀世界 

今日は、アルメニアの「軍隊の日」。1992年にアルメニア共和国軍が結成された日で、政府や軍による記念式典が行われています。周辺国と対立する国情から、アルメニアにとって軍の存在はとても大きいです。酒の席でもよく、「祖国を守る軍隊のために!」と言って乾杯したりします。その軍隊が実戦で戦うことのない平和な未来が訪れますように。

昨日は、アルメニアでは聖サルキスの日でした。サルキスはキリスト教の聖人で、イースターの約2か月前の土曜日が、彼を称える日となっています。別名「愛の日」とか「恋人の日」と呼ばれていて、アルメニアではいろいろと面白い習慣があります。それについては過去の記事で説明しているので、そちらをご覧ください(こちら)

また、アルメニアの現代作曲家ティグラン・マンスリアン氏の85歳の誕生日でもあったので、記念コンサートが開かれたようです。マンスリアン氏は、巨匠セルゲイ・パラジャーノフの映画「ざくろの色」の音楽を担当したことでも知られ、オスマン帝国によるアルメニア人虐殺の犠牲者に捧げられた大作「レクイエム」も有名です。ちなみにオペラ歌手のアラクス・マンスリアンは彼の妹です。

前回の記事で、アルメニアは寒くなって雪が降ったと書きましたが、その後も雪が断続的に降り続いて、かなり積もりました。エレバンはどこも真っ白な銀世界になっています。寒いけど、とても美しくて見惚れてしまいます。雪化粧をした木々が、まるで冬の自然の芸術のようです。

しんしんと雪が降ると、世界が静寂と清らかさに包まれ、深淵な気配に満ちていくように感じます。そして、心が落ち着き、感覚も鋭敏になって、自分の息遣いや雪を踏みしめる音が「生きている!」という響きというか証しのように思えます。

また、雪景色の中では、厳しい冬に暮らす人々の姿も愛おしく思えてきます。分厚い服を着込んで買い物する人たち、雪を被った車を運転する人たち、家の前や屋根の雪かきをする人たち、ソリを引いて遊ぶ子供たち…寒く真っ白な世界に、ホッコリと温かな存在として浮かび上がってくるのです。やっぱり四季があるっていいですね。

c422b8d6-c94f-4648-a67a-d0c4ef7c747carmenia24-1-28.jpeg
近所の雪景色。寒いけど、美しいです

b8fe38c5-4a4f-4051-8890-0bc9e091d554armenia24-1-28.jpeg
ソリで遊ぶ子供たちもいました

d19253be-e447-4f86-990a-3cf0d7e3c7b4armenia24-1-28.jpeg
近くのロシア教会も雪化粧していました

d241dbbf-0a3a-4177-99f7-4fa4a6ee85c6armenia24-1-28.jpeg
家々の屋根からはつららが垂れ下がっています

39a63f19-3779-4d6f-a77a-3c047877fb11armenia24-1-28.jpeg
飼い猫も不思議そうに雪を眺めていました

fb9a99ed-deb5-491f-8a91-a14b64a6f4faarmenia24-1-28.jpeg
庭によく遊びに来る猫たちは、くっついて温め合っています

a0b0340f-42db-4103-84c6-35989a942117armenia24-1-28.jpeg
レオが庭の雪かきを手伝ってくれました

さて、妻は大学院の試験が終わりました。頑張った甲斐あって、どの教科も高い評価をもらえたみたいですが、勉強の疲れがドッと出たからか、風邪を引いてしまいました。一気に寒くなったせいで、風邪が流行っているようです。とにかく無事に試験が終わってよかったです。リリット、お疲れさま!

ロボティックスのコースで仲良くなった子が通うから…という消極的な理由で、プログラミングのコースに試しに参加したアレンですが、意外に面白いらしく、そのまま続けることになりました。関心なさそうだったから、ちょっと通ったら辞めるかなと思っていましたけどね。まあ、やっぱり好きじゃないと後で思うかもしれないし、別にその時はやめればいいだけのことです。

ちなみにアレンもレオも、家にいる時はパソコンでYouTubeを見たり、携帯でゲームをしたりすることが多いです。今の子供たちは、どこも似たようなものでしょう。さすがに長すぎるなと思ったら中断させますが、私はあまり厳しく咎めたりはしません。周りにはすでに自分の携帯を持っている子もいるので、やたら制限すると、余計に求めてしまう可能性がありますからね。

現代のインターネット世界は、私の子供時代のテレビのようなもので、息子たちにすると日常生活における何よりの娯楽です。ただテレビと大きく違うのは、インターネットは自分の興味や好みに応じて、無限にコンテンツを探して見つけられること。これは中毒気味になってしまう最大の原因であると同時に、新たな学びや気づきに結びつくこともあります。

例えば、妻が昨晩ネットで、軍隊アリの集団が延々と輪になって行進し続ける「アント・ミル」という現象を見つけて驚いていると、なんとアレンが普通にそれを知っていて説明してくれたそうです。なんでそんなの知ってるの?!と思ったら、YouTubeで見たとのこと。なるほどねー

まあ、基本的にくだらない動画ばかり見て面白がっているので、上記のようなことは少ないと思いますが、意外にネットから知識を得ていたりするわけで、一概に悪いとも言い切れません。しかし、今まさに外に広がる冬景色のように、現実の世界には素晴らしいものがたくさんあって、それをリアルに体験することの方がずっと大切です。

ということで、アレンとレオを庭に連れ出して、積もった雪で遊びました。一緒に雪だるまを作ろうと思ったのですが、二人とも「高い塔を作りたい!」と言うので、頑張って雪を積んで3メートル近い塔を作りました。私も途中からアドレナリンが出てきて夢中になってしまい、気づいたらそんな高い塔が完成したという感じです。かなり疲れたけど、息子たちは喜んでくれました。寒さがマシになったら、今度は家族でスキーに行きたいと思います。

b695b3b6-956c-42da-8e9b-437622b569c2armenia24-1-28.jpeg
雪が止んで、今日は朝から青空が広がっています

9b22318d-12ed-495c-8236-6f4c6990c21carmenia24-1-28.jpeg
アレンもレオも、家ではPCや携帯を見ていることが多いです

6fcbfcd8-f111-4e96-ac2d-a03181d0b775armenia24-1-28.jpeg
ネットを見過ぎないように、外で雪遊びをしました。レオより少し高いぐらいだった雪の塔が…

84932900-a2e6-4e5f-82e8-825fd231b0cbarmenia24-1-28.jpeg
私の身長ぐらいまでになって…

d826a1f2-cb36-41b0-8fdf-6f3b6a386a45armenia24-1-28.jpeg
私よりもずっと高くなって…

e92e65b3-f6bf-44a7-8bf0-59a47d1d0a41armenia24-1-28.jpeg
ついに3メートル近い雪の塔が完成!やったー!

fbc47499-8e98-4d80-a85b-3d4705efe75earmenia24-1-28.jpeg
息子たちも大喜び!お疲れさまー!リアルな世界で遊ぶのも面白いよね!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/1439-b9b56b6e