ある授業で 

「虐殺の犠牲者の記念日」も終わり、全てが通常通りに戻っています。テレビでも、虐殺関係の番組はもうしていません。でも一昨日の夜に、ナチスのユダヤ人迫害を描いた映画「戦場のピアニスト」をやっていました。同じ虐殺の歴史を持つアルメニア人たちは、どのような思いでこの映画を見たのでしょうか…

今週ある授業で虐殺の話になり、学生たちといろいろ話すことができました。普段この話題にはあまり触れないんですが、記念日の直後でよい機会だと思い、率直に学生たちと話をしてみました。

当然ですが、やはり彼らはトルコが嫌いです。記念日に、若者たちがトルコ国旗を燃やす様子をテレビで見ました。虐殺を認めず謝罪していないトルコは許せないのです。「もしトルコが謝ったら、虐殺のことを許して仲良くできますか?」と聞いたら、「謝ったら大丈夫」という学生は1人だけで、他の学生たちは「言葉だけでは少なすぎる。私たちのアララト山や土地を返すべき」」と答えました。

被害者側の気持ちとしてはよく理解できるんですが、そんな要求を恐れてトルコは虐殺を認めたくないように思います。とても難しい問題ですね…あと、「ずっと家や学校でトルコは悪いと教えられたから、トルコ人を信じられないし、好きになれない」とも言っていましたから、やはり教育の影響も大きいようです。

ある学生から「原爆を落とされたのに、どうして日本人はアメリカに怒らないんですか?」と質問されました。とてもいい質問ですが、どのように説明するか…個人的には、戦争終結のためという大義名分ではなく、アメリカは他の目的のために原爆を使ったと思っています。米軍占領時の教育やプロパガンダも、日本人の意識に多大な影響を及ぼしたでしょう。

しかし、そんなことまで説明する必要はないと思ったので、「戦争に本当の正義とか悪とかない。もし人をたくさん殺しても、最後に勝った方が正義になってしまう。戦争が起こった責任は日本にもあるから、アメリカに怒っても意味がない」と答えました。憎しみの連鎖からは何も生まれないということを伝えたかったのです。

「もしトルコ人の友達がいたら、それでもトルコが嫌いで信じられないですか?」と最後に聞きました。学生たちは、うううん…と考えた後、「トルコ人と友達になるのは難しいですが、もしいたらトルコと仲良くしたいと思うかもしれません」と答えました。その答えを聞いて、ホッとすると同時に少し希望を持てたような気がしました。

この問題については、フィリピンでも一度考えさせられました。(こちら)

コメント

いつも読んでます。

いつもブログを見て拍手させていただいております。今アルメニアに在住のでブログを書いてらっしゃる方はあり先生だけだと思うので、現状を知ることができてとても興味深いです。
最近新聞の国際面の隅っこに、サルキシャン大統領がトルコとの国交樹立を中断した、という記事が載っていました。先日虐殺記念日を迎えたばかりの時期にこういうニュースが飛び込んできたことは、将来に最悪の事態が起こらないかがとても心配になりました。
しかし、今回のブログ記事の最後の部分を読んで少し安心しました。またカラバフの戦争を知らない世代がこれから生まれてくるので、そこで国交改善されることを望みます。けれどもトルコの国旗を燃やす若者を見ると、不安も残ります。
ぼくはまだ高校生でアルメニアに行けないので、情報は日本でしか得ることができません。しかしこのブログでは現地の人の本音がわかります。日本で育ったぼくには民族対立を肌で感じることはないので、とても勉強になります。
これからもこのブログを拝見させていただきたいと思います。お財布の中身が大変だそうですが、頑張って下さい。本を送る会も応援しております。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/141-58146c54