ポーランドからアルメニアに帰国 

昨日、ポーランドから無事にアルメニアに帰国しました。午前3時過ぎに着くフライトだったので、帰宅して荷物の片付けなどをしてから眠りについたのは早朝5時過ぎ…今日もまだ疲れが残っています。そして、ポーランドから帰るとアルメニアは暑い!でも、今週末から気温が下がるそうです。

息子たちも深夜のフライトで疲れたはずなのに、帰宅して久しぶりに飼い猫に会ったら大喜びして元気いっぱい!五十前の私にすると、そのエネルギーには驚かされます。そして、新学期が始まった学校に今日から通学しています。久しぶりにクラスメイトたちに会って嬉しそうでした。

また、妻も昨日から学校生活が始まりました。というのも、エレバン国立大学院に合格して入学したからです。最近のブログ記事にお祝い事があると書いていたのは、実はこのこと。数年前から「アルメニア文学を本格的に学びたい」という希望があったのですが、子育てや仕事で忙しくて挑戦できないでいました。しかし、今年4月に「やってみよう!」と決意して、それからは専門家に毎週3回の個人授業を受けていました。

8月下旬の入学試験までたった4か月と時間が限られていたため、毎晩遅くまで勉強に励んでいました。加えて、日本文学の翻訳の仕事や通訳の仕事もあったので、かなり大変だったと思います。それでも勉強自体は面白いみたいで、一生懸命に頑張っていました。その甲斐あって試験に合格し、妻は晴れて大学院生になりました!

ちなみにポーランド旅行を8月末にしたのは、妻の入学試験があったからで、幸いよい結果が出た直後の晴れ晴れした気持ちでポーランドに行くことができました。到着してすぐ聖美さんと再会のお祝い、そして妻の大学院合格を祝って乾杯しました。妻も本当に嬉しそうでした。リリット、おめでとう!勉強を頑張ってね!

375198446_1124952908477699_8615701757115253875_narmenia23-9-6.jpg
帰りのフライトでスヤスヤ眠るアレンとレオ

372520397_1418214555428046_89164477095359651_narmenia23-9-6.jpg
久しぶりに飼い猫に会って喜ぶ二人

372400484_1043913826603239_8771032737016136708_narmenia23-9-6.jpg
今日から学校に通い始めました。ママも頑張るから、二人も頑張ってね!

さて、そのポーランド旅行ですが、本当に素晴らしい思い出となりました。それもこれもお世話してくれたダグラス ・聖美さん夫婦のお陰です。これまでも香港やクロアチアで親切にしてくれましたが、今回も私たちが楽しい時間を過ごせるようにと心温かく迎えてくれました。言葉では言い尽くせないほど感謝しています!

早朝のアルメニア発のフライトは1時間半も遅れましたが、ポーランドに入国すると、二人が空港で待っていてくれました。お互いにハグして1年ぶりの再会を喜び合いました。今回は妻のシェンゲンビザ取得に不安が大きかった分、二人の顔を見た時の喜びはひとしおでした。

空港の外に出ると、意外に少し蒸し暑くて、妻は驚いていました。それでもアルメニアからだと涼しく感じました。二人のお宅に着くと、ダグラスさんはすぐ仕事に向かいました。息子たちは、二人の飼い猫のキサと久しぶりに対面して大興奮!追いかけ回して遊んでいました。私たちの飼い猫と違って毛並みがフサフサで、これもまた可愛い!

荷物を置いて落ち着いたら、もちろん聖美さんと乾杯!ダグラスさんが作っている自家製ビールがめっちゃ美味い!無事にポーランドに着いて、聖美さんたちと再会できて本当に嬉しかったです。聖美さんも、「来てくれてありがとう!」と満面の笑顔でした。さらに昼食にイクラ丼と味噌汁を作ってくれて、美味しくいただきました。やっぱり聖美さんのご飯は最高!

とはいえ、ほとんど眠らず早朝のフライトで飛んできたから、私と妻は眠気がピークに達して、シャワーを浴びた後に一時間ほど休みました。同じ行程で来た息子たちは、全く疲れた様子を見せずに元気に猫と遊んでいました。なんで子供って、こんなに元気なの???

370546095_10159880505141819_667570903159882669_narmenia23-9-1.jpeg
久しぶりの再会と妻の大学院合格を祝って、自家製ビールで乾杯!リリット、おめでとう!

372276276_1682600275590583_1994096250281305048_narmenia23-9-6.jpg
ポーランドに着いて最初の食事はイクラ丼と味噌汁!ホッとする美味しさで、疲れた体に染み渡りました…

370525621_10159880505161819_8575937618462303813_narmenia23-9-6.jpeg
息子たちは疲れた様子も見せず猫と遊んでいました。元気やなー

それから、聖美さんとショパン博物館に向かいました。私は昔にワルシャワを訪問したことがありますが、この博物館は初訪問。宮殿だった立派な建物ですが、内部はけっこうモダンでビックリ!そこにショパン直筆の楽譜や生前使っていたピアノなどが展示されています。私も妻もショパンが大好きなので、とても見応えありました。

とはいえ、息子たちにしたら全く面白くありませんが、そこはさすがヨーロッパ!キッズルームがあって、かなりレベルが高い!タッチパネルで遊べたり、アニメを見れたりと、アレンもレオも飽きずにそこで楽しく過ごしていました。もしかすると、私たち以上にショパン博物館を楽しんだかも?!

そして、ヴィスワ川沿いをのんびり歩いて帰宅することにしました。金曜の夕方だったからか、多くの市民が散歩したり、自転車に乗ったり、座って川を眺めていたりしていました。そんなのどかな景色の中を歩いていくと、屋外バーが並んでいるではないですか!酒に目がない私はもちろん、そこで一杯飲んでいくことにしました。美味しいポーランドの生ビールで改めて聖美さんと乾杯!最高に気持ちいい空間と時間でした!

帰宅してから、ダグラスさんと一緒に近くのポーランド料理レストランで夕食を食べました。ポーランド料理のピエロギやロールキャベツを食べましたが、どれもすごく美味しい!実は昨年、ポーランド航空で日本に帰国した際に食べた空港のレストランや機内食は美味しくなくて、妻はポーランドの食事にあまり期待していませんでした。しかし、そのネガテイブなイメージが初日から覆りました。基本的にあっさりした味付けで食べやすくて美味しいです。

373458270_828976022200963_1931540848761249988_narmenia23-9-6.jpg
ポーランドの街には緑豊かな公園がたくさんあって、本当に羨ましい!

370614215_10159884301501819_459695052061374925_narmenia23-9-1.jpeg
立派なショパン博物館

375767104_686026070212788_4324090010612472090_narmenia23-9-6.jpg
ショパン直筆の楽譜

370933443_10159884303031819_2764620849569429384_narmenia23-9-6.jpeg
ショパンが生前最後に使っていたピアノ。ショパンファンには堪らない展示でした。

370612353_10159884301321819_4477477227750772063_narmenia23-9-6.jpeg
キッズルームで遊ぶレオ

371831405_10159884302741819_6438174867275048167_narmenia23-9-6.jpeg
ここは息子たちのお気に入りの場所になりました

IMG_0701.jpeg
聖美さんと一緒に記念撮影

370593577_10159884302271819_8111310903660827748_narmenia23-9-6.jpeg
川沿いの公園の噴水で遊ぶレオ。虹が現れてきれいでした。

371875439_264294113201781_2955082979504408637_narmenia23-9-6.jpg
これはレプリカですが、ワルシャワの街のシンボルで守り神の人魚像。眩しくて、みんな同じ格好!

370622106_10159884303091819_6427935108317740589_narmenia23-9-6.jpeg
川沿いはのどかな風景が広がっていて気持ち良かったです

371332088_10159884302926819_478694409280053730_narmenia23-9-6.jpeg
屋外バーで改めて乾杯!ポーランドはビールがめっちゃ美味い!

375236669_1345450449717113_8265538048799018040_narmenia23-9-6.jpg
旧ソ連の衛星国だったからか、アルメニアにあるようなレトロなバスをたまに見かけます

370608729_10159884301816819_3186359164972980908_narmenia23-9-6.jpeg
ポーランド料理のディナー。とても美味しかった!

376359017_6909195105779099_7662257639767797466_narmenia23-9-6.jpg
帰宅すると、息子たちはまた猫と遊び始めました

370862120_10159884301871819_5766308168575719125_narmenia23-9-6.jpeg
猫のトンネルに入るレオ。なんかシュールな姿…

375023455_637012628412698_7203064802277845684_narmenia23-9-6.jpg
妻にマッサージをしてくれる聖美さん。気持ちよさそう〜

翌日はダグラスさんとワルシャワ旧市街を観光しました。ワルシャワ蜂起が失敗し、報復のために街はナチス軍によって徹底的に破壊されましたが、戦後に旧市街は「ひび一本にいたるまで」と言われるほど忠実に復元されました。歴史的価値ではなく、そのワルシャワ市民の不屈の精神が評価されて、例外的に世界遺産に登録されました。

昔に訪問した時にとても感動したのを覚えていますが、妻も往時の姿さながらに美しく街が復元されていることに驚いていました。オリジナルそのままが残されている古い街も素晴らしいですが、自分たちの歴史をここまで見事に復活させた人間の熱意に強く胸を打たれます。

旧市街の観光を終えて帰る途中、私の名前を呼ぶ声が聞こえて振り返ると、なんと小島君という知り合い!彼は数年前にエレバンに留学していたのですが、まさかワルシャワで会うなんてビックリ!もちろん彼の方もすごく驚いていました。聞くと、大学院を卒業後に日本で就職して、8月からワルシャワに駐在になったそうです。あまりの偶然の再会に、世界は狭いと感じました。

その夜は、ダグラス・聖美さん夫婦の友人の方々との夕食会が開かれました。聖美さんが腕を振るって寿司や餃子、お好み焼きや焼うどんなどを作ってくれて、どれもとても美味しかったです。みんな気さくな人たちで、お酒も進んで、会話にも花が咲いて、とても楽しいひと時を過ごすことができました。

370847454_10159884303126819_4278639714667970176_narmenia23-9-6.jpeg
美しい旧市街の王宮広場

371778022_10159884302591819_732987512617782121_narmenia23-9-6.jpeg
戦争で完全に破壊されたとは思えないほど完璧に復元された美しい街並み

371772897_10159884303006819_3669176720750366305_narmenia23-9-6.jpeg
旧市街を歩いていると、こういう像が現れます


376818915_10159908714326819_5947754125716438052_narmenia23-9-6.jpeg
旧市街に建つヨハネ大聖堂

370853757_10159884302671819_6307541733906403210_narmenia23-9-6.jpeg
そのヨハネ大聖堂にあったオブジェ

374999017_688117769405571_610533192874655071_narmenia23-9-6.jpg
ロウソクに火を灯すアレン。ポーランドの教会のロウソクはチャッカマンで火を付けます。

374986419_878479213628744_4996317046967584524_narmenia23-9-6.jpg
旧市街の中央広場で記念撮影

370601719_10159884302661819_1855926105756989072_narmenia23-9-6.jpeg
本物のワルシャワのシンボルで守り神の人魚像

370600766_10159884301561819_5572773288817235858_narmenia23-9-6.jpeg
手押しポンプから頑張って水を出すレオ

371367150_10159884301971819_4808985767737443993_narmenia23-9-6.jpeg
ダグラスさんに抱っこされてアイスクリームを選ぶレオ

375761282_293878986672116_8444712764162565942_narmenia23-9-6.jpg
昔の面影さながらの美しい街並み

370811975_10159884302861819_8280785590017655645_narmenia23-9-6.jpeg
街中を走る馬車が絵になります

371359690_10159884301361819_6734027858800463383_narmenia23-9-6.jpeg
バルバカンと呼ばれる昔の要塞跡

371113352_10159884302791819_3869795981002571704_narmenia23-9-6.jpeg
旧市街は城壁に囲まれています

370597438_10159884302316819_4419970508588003670_narmenia23-9-6.jpeg
ワルシャワ蜂起で戦死した少年兵たちの追悼のために建てられた銅像

370601626_10159884301941819_7307791704186952762_narmenia23-9-6.jpeg
ダグラスさんと手を繋いで歩くアレンとレオ

370612750_10159884302731819_4384494538306436831_narmenia23-9-6.jpeg
ポーランドの天文学者で、地動説で有名なコペルニクスの銅像

370600468_10159884302226819_5120345062758452466_narmenia23-9-6.jpeg
ワルシャワで知人とまさかの再会!こんなことってあるんですねー

370612746_10159884301861819_6114934170164176127_narmenia23-9-6.jpeg
夕食会の準備を手伝う妻

370600771_10159884301241819_6446239637246684740_narmenia23-9-6.jpeg
みんなで食べて飲んで、そして語り合って楽しい夕食会になりました

翌日は日曜だったので、ワジェンキ公園の無料コンサートに行ってきました。その公園にある大きなショパンの銅像の下で、夏の毎日曜にショパンの曲がピアノで演奏されるのです。コンクールで受賞経験もある優れたピアニストの演奏を無料で聴けるなんてすごい!ショパンの故郷だからこそできる贅沢なのかもしれません。

その日に演奏したのは弱冠19歳の男性ピアニストでしたが、音が繊細で美しく、表現力も豊かで、ショパンの曲にとても合っていました。ワルシャワ市民と共に1時間、彼の素晴らしいピアノ演奏を堪能しました。驚いたのは、かなりの人が屋外に集まっているにも関わらず、演奏中は話し声や携帯の音などがほとんどなかったこと!お陰でピアノの音がよく聞こえました。

もしこれがアルメニアだったら、雑音でコンサートが台無しになるでしょう。アルメニアのクラシック音楽のレベルは低くはないですが、こういうヨーロッパの聴衆のマナーの良さを実際に見ると、やはりまだまだだなあ…と痛感します。聴衆のレベルが高いと、音楽家のレベルも自ずと高くなりますからね。とにかくポーランドでショパンのピアノ曲を聴けて最高に幸せでした。

無料コンサートを聴いてから、家に戻ってすぐクラクフ行きの列車に乗るために中央駅に向かいました。古都クラクフでは、世界遺産の美しい旧市街やヴィエリチカ岩塩坑、アウシュビッツ収容所を観光したので、三日間滞在しました。その時の思い出については、次回の記事でご紹介したいと思います。

371534046_10159884301441819_3375305488764807872_narmenia23-9-6.jpeg
無料コンサートへ向かう途中、レオを肩車するダグラスさん。レオがさらに小っちゃく見えます。

370547988_10159884301686819_8023081596558391251_narmenia23-9-6.jpeg
コンサートには多くの市民が集まります。美しいショパンの音楽に酔いしれました。

375198080_1475057293269191_7415051941458763735_narmenia23-9-6.jpg
ショパンの銅像。柳の木の下に佇む姿だそうです。

375769670_833936651523520_3151090825225515909_narmenia23-9-6.jpg
コンサートからの帰宅途中に公園の健康遊具で遊ぶアレンとレオ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/1401-76af5f63