女性の日 

今日3月8日は、アルメニアでは「女性の日」。祝日なので学校や会社も休み。日本では3日が雛祭りだったので、授業でそれについて説明したのですが、その時に学生が「アルメニアにも同じ日がある」と言いました。雛祭りは女性ではなく女の子の日なので、ちょっと違いますけどね…

調べてみると、国際女性デーと呼ばれる日で、旧ソ連の二月革命記念日でもあるそうです。だから旧ソ連諸国の多くでは、もう政治色は全くありませんが、現在も祝日となっています。(こちら)

今日は特に何か行事があるわけではなく、男性が女性に花などをプレゼントするそうです。男性が家事を手伝ったりもすると学生は言っていました。コロンビアでも、祝日ではなかったですが、同様の日があって女性が花を貰っていました。 とにかく、今日は女性を大切にするわけです。

こんな日があるのに、アルメニアでは女性の立場はまだ弱いです。結婚後に女性が外で働くことを良く思わない男性も多く、女友達と勝手に会うことさえ許さない人もいるそうです。それは余りに可哀相…しかし、若い人たちの意識は変わってきているので、今後はこのような風潮もなくなってくるでしょう。

まあ、日本も昔は同じようなものでしたし、今も男女平等とはいえません。今日ばかりはどんな女性も大切にされると思いますが、いつも女性の立場や権利が尊重される社会になってほしいと思います。


DSCN4422armenia3-8.jpg 

冬は少なくなりますが、エレバンの通りでは、よく花売りを見かけます。アルメニアでは、人の家に招待された時、花を持って行く習慣があります。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/125-79481d6e