アルメニアの大自然を満喫するハイキング 

今朝は曇ったり降ったりの天気でしたが、午後からは青空が広がって、気持ちのいい秋晴れになりました。最近は朝晩も大して寒くないし、日中は少し暑いぐらいの陽気。一年で最も過ごしやすい時期です。木々も色づいてきて、やっぱり秋はいいですね。

明日から泊まりがけで北部のハグパット村に家族で行く予定です。というのも、元学生で友人のティグランの息子さんの洗礼式がそこで行われるからです。5月からロシアに出稼ぎに行っていたティグランは2週間ほど前に戻ってきて、洗礼式に招待してくれました。

なぜエレバンから遠く離れたハグパット村で洗礼式をするかというと、そこに住む私の20年来の友人がゴッドファーザー(洗礼の証人)を務めるからです。そのきっかけは、昨年11月末にモンスターラボの社長の鮄川さんが訪問した時のこと(過去の記事)

ティグランの運転でアルメニア北部を旅行し、ハグパット村を訪ねました。友人宅で食べたり飲んだりしながら、いろいろ話していると、友人の人柄に惚れ込んだティグランが、生まれてくる息子のゴッドファーザーになってほしいとお願いしたのです。そして、私の友人も二つ返事で快諾しました。初めて会ったばかりなのに、まさかこんな展開になるとは!と、私も鮄川さんも驚きました。人の出会いや縁って面白いですね。

とにかくティグランとは5か月ぶり、ハグパット村の友人とは約1年ぶりに再会できるので楽しみです。世界遺産のハグパット修道院で行われる洗礼式は、きっと素晴らしいものになるでしょう。ティグランの息子さんを心から祝福したいと思います。

128961083_10157973261081819_338187911057185570_narmenia20-11-30.jpg
昨年11月に鮄川さんとティグランと友人宅を訪問した時の写真。ここでティグランの息子のゴッドファーザーになることが決まりました。明日の洗礼式が楽しみです。

さて、前回の記事に少し書きましたが、先週末はハイキングに行ってきました。妻が通っているアルメニアダンス学校の人たちが企画したもので、私とレオも参加しました。アレンは、「歩くの疲れるから行きたくない」と不参加。ギリギリまで誘ったけど、全く関心なさそうでした。なんだか寂しいけど、これも成長の証なのでしょうか…

しかし、参加しなかったのはもったいないと思うほど素晴らしいハイキングとなりました。その日も朝から雲ひとつない快晴で、10月なのに日焼けしてしまうほどの陽気でした。朝9時過ぎにエレバンの中心部で集まって、小型バスで出発進行!メンバーは全員ダンス学校の先生や生徒、またその家族なので、外国人は私一人。でも、アルメニア語で自己紹介したら、すぐ打ち解けました。

まず向かったのは、アパラン地方のイェヒパトルシュ教会。のどかな村の中にある10〜13世紀に建てられた教会で、廃墟感があって、また美しいレリーフが残されていて、すごく良かったです。こういう半ば打ち捨てられたかのような飾り気のない教会の方が、もっと趣があるし、悠久の歴史を感じられるので、私は好きです。参加者のほとんどはダンス学校の先生と生徒だから、村の丘の上で民族舞踊を踊りました。私もそうだけど、アルメニア人は本当に踊るのが大好き!

245225144_3048605672091864_5117471135337303573_narmenia21-10-15.jpg
中世に建てられたイェヒパトルシュ教会。廃墟感が神秘的な空気を生み出していました。

245173970_3076722332607901_4014850562671911764_narmenia21-10-15.jpg
アレンは不参加で、レオだけ連れて行きました。大人しいから一緒に旅行するのは楽。

245154500_418010059679360_8529786010977070069_narmenia21-10-15.jpg
村の丘から見たイェヒパトルシュ教会。マイナーな教会だけど美しかったです。後ろに見える雪山は、アルメニア最高峰のアラガッツ山。

245169450_238283128272303_5520279599004984837_narmenia21-10-15.jpg
その丘でみんなでアルメニアの民族舞踊!妻が先月から通っているダンス学校の人たちです。

その後にハイキングがスタート!目的地のダムの人造湖に向かって歩き始めました。平坦で歩きやすい道が続きますが、周りの景色がとにかく雄大で素晴らしい!果てしなく広がる草原の向こうに雪山がそびえ、真っ青な空とのコントラストが美しい!立ち止まってその景観を眺めていると、思わずため息が出てきます。まさに大自然の中にいるという感じで、心も体もリフレッシュ!

なのに、道端にけっこうゴミが落ちているのが目につきました…アルメニアではよくあることで、いつも残念に思う点です。でも、今回のハイキングの参加者たちは、そのゴミを自主的に拾ってポリ袋に入れていました。ポリ袋が途中でなくなってしまいましたが、少しでもきれいになって良かったです。せっかくの美しい自然が台無しですからね。

最初は妻に抱っこやおんぶをせがんでいたレオも、途中から頑張って自分で歩くようになりました。時には遠くまで走り出したりとやたら元気!参加者の一人は80歳のおばあさんで、その人が休まず元気に歩いていたから刺激を受けたのかもしれません。アレンと違ってレオが偉いのは、歩き始めると文句をほとんど言わないこと。アレンだったら、「疲れた〜」「もう帰りた〜い」とずっと言っていると思います。それはそれで可愛らしいんですけどね。

245205900_551199376046797_1902962510057410167_narmenia21-10-15.jpg
ハイキングのスタート地点の森は、きれいに紅葉していました。

245160813_4974514682576684_372825804851742942_narmenia21-10-15.jpg
広々とした草原に伸びる一本道を歩いていきます。遠くに雪をかぶった山々が見えます。

245166988_1059030454886069_4896331046894490140_narmenia21-10-15.jpg
最高のハイキング日和!レオも頑張って歩きました。でも、私も妻もレオも日焼けしてしまいました。

244972095_1507833466237826_1413987638205182146_narmenia21-10-15.jpg
平坦な道で歩きやすかったし、美しい自然の中を歩くのは本当に気持ちいい!

245254479_1299221470536053_765278676537101722_narmenia21-10-15.jpg
途中の草原では、牛や馬が放牧されていました。のどかだな〜

243262309_1097937610740641_7314510706381559278_narmenia21-10-15.jpg
道端に落ちているゴミを拾ってポリ袋に入れる参加者たち。このポイ捨ての問題は何とかなりませんかね…

大自然を満喫しながら1時間ほど歩くと、目的地の湖が見えてきました。ソ連時代に造られたダムの人造湖だそうで、そのほとりには5世紀の教会も建っています。ほぼ廃墟と化していて、これまた雰囲気が最高!教会から湖を見渡すと、水面が光り輝いていて美しかったです。途中の景色も素晴らしかったけど、目的地の湖畔も本当に素晴らしい場所でした。

木陰に集まり、参加者それぞれが持ち寄った食事を広げてランチタイム。もちろん大自然の中で食べる食事は美味しい!コニャックとウオッカを飲んでほろ酔い気分になりました。食後は、音楽を流してダンスタイム。美しい景色を背景に、みんなが輪になって民族舞踊を踊る姿は絵になります。私も加わって、見よう見まねで踊りました。なんとも贅沢な時間と空間!

ちなみに、今の時期は湖の水位が低いため、教会のある場所までハイキングできますが、時期によっては教会の半分が水に浸かるほど水位が上がるそうです。ということは、昼食を取ったりダンスを踊ったりした場所もすっかり水の中ということ。そんなに風景が変わってしまうなんて…ちょっと想像できませんが、水位が高い時期の風景も見てみたくなりました。

245067172_332939458592340_6011789902114657520_narmenia21-10-15.jpg
ダムの人造湖のほとりに建つ5世紀の教会。ほとんど廃墟と化しています。

245192265_361645688977520_9031000292422842245_narmenia21-10-15.jpg
その教会の入り口から見える湖の景色。思わず見惚れてしまう美しさ…

245180087_1830847880450997_7414437741798514212_narmenia21-10-15.jpg
私たち以外にほとんど人がいなくて、静かに自然を満喫できました。

245185559_600795047764403_5372859319337513209_narmenia21-10-15.jpg
レオも何だか楽しそうにしていました。

245171206_751379892329935_7205076699331756660_narmenia21-10-15.jpg
昼食の後はみんなでダンス!私も輪の中に入って、アルメニアの民族舞踊を踊りました。楽しかったー!

245284390_479663079705711_581535328015732798_narmenia21-10-15.jpg
湖の水位が上がると、後ろの教会も半分ぐらい水に浸かるそうです。マジ?!

湖畔でのんびりしてから、来た道を歩いて戻りました。日が傾き始める時間だったので、空や山の色がもっと美しく見えました。その大自然の中を歩いていると、約20年前にチベットをヒッチハイクで放浪した時のことが蘇りました。もちろんチベットの方がはるかに圧倒的なスケールですが、美しく荘厳な高地の自然、頭上に広がる高く澄んだ空、自分の足音と息遣いしか聞こえない静寂…それらがチベットの記憶と重なったのです。チベットを彷彿させるなんて、アルメニアは侮れませんね。

帰りも頑張って歩いていたレオは疲れてしまって、最後の2キロほどは妻におんぶされて、そのままスヤスヤと寝てしまいました。その寝顔がとても可愛らしかったです。まだ自然を見て感動するというのは分からない歳なので、きっとレオにするとひたすら歩かされた大変な一日だったでしょう。それなのに、本当によく頑張ったと思います。

バスに乗ってエレバンに戻る途中、建設中の新しいモダンな教会によって、そこから夕日に染まる美しいアララト山を眺めました。天気に恵まれて、最初から最後まで感動的な景色を満喫する一日となりました。参加者もみんな、気さくでいい人たちばかりで、一緒に楽しい時間を過ごすことができました。アルメニアの素晴らしさを再確認する最高のハイキングでした!もうすぐ寒くなるから、今年は難しいかもしれませんが、また行ってみたいです。

244444386_642577443792999_3074501226983671377_narmenia21-10-15.jpg
日が傾いて、色や陰影が濃くなった帰りの風景はもっと美しく見えました。

245131712_6251613241580395_814318790968883140_narmenia21-10-15.jpg
振り向くと写真のような景色。これが360度広がっています。昔のチベットの旅が心に蘇りました。

245173968_3351339528416880_1923125015102034175_narmenia21-10-15.jpg
頑張って歩いていたレオも疲れて、妻の背中で寝てしまいました。

245162652_1067315923805667_6505705732320569315_narmenia21-10-15.jpg
小さい体でよく歩いた!エライ!可愛い寝顔に癒されます。

245236456_243864747694311_739199452097795102_narmenia21-10-15.jpg
バスで帰る途中、建設中の新しい教会に立ち寄りました。夕焼けのシルエットが美しい…

245138868_191127873151651_5327138069987540393_narmenia21-10-15.jpg
その教会が建つ丘からは、夕日に染まるアララト山がきれいに見えました。アルメニアの大自然のとことん満喫した素晴らしい一日でした。

245812597_161604702840260_3117830423819896105_narmenia21-10-15.jpg
ちなみにその夜は疲れて果てて帰ってきたのに、レオは自分から算数の勉強を始めました。すごい!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/1243-3ad727a8