サフモサ修道院の結婚式に参列 

先週末あたりから涼しくなってきて、朝晩は半袖だと少し肌寒く感じる時があります。これから過ごしやすい季節になっていきますね。

自民党の総裁選が行われますが、菅首相が出馬を断念したそうですね。菅首相のままだと、衆院選で勝てる見込みがないのでしょう。ほとんどコロナと五輪への対応だけで終わった感のある菅政権。次に誰がなっても、コロナ対策に大きな変化がないことは確実。PCRや自粛要請、ワクチン接種などの無意味なイタチごっこをいつまで続けるつもりでしょうか…

飛び級で小学校に入った次男のレオですが、先生によると、午後に眠そうになるのを除けば、けっこうちゃんとやっているそうです。教室で眠そうになっているレオの姿は、めちゃくちゃ可愛いだろうなあ。今はトライアル中ですが、もし本当に大丈夫そうだったら、そのまま通うことになります。

まだレオは未確定とはいえ、とりあえず子供たちの新学期開始をお祝いして、先週の土曜は家族で食事に行きました。アルメニアに来ている雅樹君・マリアム夫婦からも「会いませんか?」と連絡があってので、みんなでレストランに集まって、楽しい時間を過ごしました。

そして日曜は、私の元学生の結婚式と披露宴があり、招待してくれたので妻と参加してきました。式が行われたのはサフモサ修道院。当ブログで何度か紹介している断崖絶壁に建つ中世の教会です。披露宴も、その教会のすぐ外で行われましたが、幸い雲ひとつない晴天でした。

着いてすぐに新郎新婦にお祝いの挨拶をしました。ホワイトドレスに身を包んだ新婦はとても美しかったです。そして幸せそうでした。参列者が揃ったところで、教会で式が始まりました。私も、10年前にアルメニアで式を挙げたし、2年前には雅樹君・マリアム夫婦の結婚式の仲人を務めました。だから、何だか懐かしい気持ちで見つめていました。

儀式を終えた後、神父が、「教会に入る前、あなたたちは別々の二人だったが、今から教会を出るときには、共に人生を生きていく一心同体だ。おめでとう!」と祝福の言葉を述べました。私と妻もロウソクを灯して、結ばれたばかりの夫婦の新たな人生が幸せであるよう祈りました。

式も無事に終わって、披露宴も始まりです。といっても、式場を借りてやるパーティーではなく、教会の外でのガーデンパーティー。私は、このスタイルに参加するのは初めてでした。お祝いの席ということもあり、ワインやコニャックをかなり飲みました。こうなると楽しく踊りたくなりますが、さすがに教会の敷地内ではご法度です。

それでも、天気が良かったし、周りは雄大な景色が広がり、開放感があって新鮮でした。みんなに祝福されて、新郎新婦が楽しく幸せそうにしていたから何よりです。アレビックさん、本当におめでとう!どうか末長くお幸せに!

241451761_399709818197002_6455727549954160678_narmenia21-9-7.jpg
教会で愛を誓う新郎新婦

241459433_221255483298985_6437263733916009281_narmenia21-9-7.jpg
晴れて夫婦となった二人を、みんなで祝福しました。幸せそう!

241324573_521908809270559_7404457021117997341_narmenia21-9-7.jpg
披露宴は、美しいサフモサ修道院の外で行われました。

241192868_396126358528509_3317380235843214029_narmenia21-9-7.jpg
バイオリンやチェロの演奏もありました。

241512840_434373321314276_509498894761066256_narmenia21-9-7.jpg
断崖絶壁に建つサフモサ修道院から景色は素晴らしい!うっすらとアララト山が見えています。

241131682_901771474072188_4222715431158095739_narmenia21-9-7.jpg
撮影用にこんなオブジェも作られていたので、妻と一緒に写真を撮りました。

241459342_560982401693088_5795314165978099239_narmenia21-9-7.jpg
アレビックさん、結婚おめでとう!どうかお幸せに!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://armeniajapan.blog54.fc2.com/tb.php/1232-94f8ea6b